エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 および Windows 8 のプラットフォームの比較

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows 8

 

Windows Phone 8 のリリースは Windows 8 との統合に向けた重要な一歩です。 ここでは、Windows Phone 8 および Windows 8 開発プラットフォームを比較すると共に、両プラットフォームを対象にしたアプリを作成し、コードの再利用を最大化する方法について説明します。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

 

Windows Phone 8 では、Windows 8 対応の新しい Direct3D アプリ モデルを使用して C++ ゲームを構築することがサポートされるようになりました。Windows Phone 8 と Windows 8 に共通するネイティブ API セットを次の表にまとめます。

共通のネイティブ API

DirectX 11.1

XAudio2

MediaEngine

STL

CRT

WinSock

Windows Phone 8 によるネイティブ API サポートの詳細については、以下のトピックを参照してください。

Windows ランタイム は Windows 8 で最初に導入されたテクノロジであり、コア インフラストラクチャ、共通の型システム、および標準的なプログラミング モデルを提供します。C++ で実装され、C#、VB、C++、および JavaScript に投影されるので、選択した言語での自然な使用が簡単になります。Windows Phone 8 には、Windows ランタイム の重要なサブセットが、サポート対象のすべての言語に公開される機能と共に、ネイティブに組み込まれています。これにより、ネットワーキング、センサーの操作、位置情報データの処理、アプリ内購入の実装などの一般的なタスクに同じ API を使用することができるようになります。アプリ内で共通の Windows ランタイム API を使用することで、Windows Phone 8 アプリと Windows ストア アプリとの間でコードを共有でき、結果的に時間を節約し、長期にわたってアプリを容易に保守できる可能性が高まります。次の表に、両プラットフォームに共通の Windows Runtime API の一覧を示します。

共通の Windows Runtime API

Networking (ネットワーク)

Sensors (センサー)

近接

Storage (記憶域)

DataSaver/接続マネージャー

Location

Touch (タッチ)

オンライン ID

Keyboard (キーボード)

ランチャーとセレクター

アプリ内購入

Sensors (センサー)

スレッド処理

基本型/Windows.Foundation

電話用の Windows ランタイム API も追加されています。音声合成、音声認識、および VoIP の API を含め、より多くの電話シナリオを実現するためです。Windows 8 から採用した Windows ランタイム API と、電話に追加したその他の Windows ランタイム API との組み合わせを、Windows Phone ランタイム API と呼びます。 Windows Phone ランタイム API セットの詳細については、「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

Windows Phone 8 では、.NET Compact Framework が CoreCLR に置き換えられています。CoreCLR は Windows 8 で使用する .NET エンジンと同じ .NET エンジンです。CoreCLP はアプリに安定性と高いパフォーマンスをもたらし、マルチコア処理のメリットを活用してバッテリーの寿命を延ばします。現在では新しいデバイスのほとんどがマルチコアであり、そのテクノロジーによるオペレーティング システムとアプリの高速化が期待されています。Windows Phone 8 と CoreCLR の両方が、複数のコアのメリットを活用し、最新のソフトウェア テクノロジーとパターンを採用しています。CoreCLR を採用することによってアプリで活用できるその他の機能強化として、非同期プログラミング モデルと、強化された自動調整型ガベージ コレクションが使用できます。Windows Phone アプリをストアに申請すると、Optimizing Compiler を使用してアプリがクラウドでコンパイルされ、高品質の ARM コードが生成されます。アプリはプリコンパイル済みでユーザーの電話に配布されます。これにより作業開始までの時間が短縮され、バッテリーの寿命が長くなります。Windows Phone 8 と Windows 8 の XAML アプリでは同じ .NET エンジンを活用できると同時に、共有の技法を使用して両プラットフォーム上の XAML アプリでコードの再利用を最大化できます。詳細については、「Windows Phone 8 と Windows 8 の間で最大限にコードを再利用する」を参照してください。

Windows Phone 8 と Windows 8 とでは、UI の作成に使用するデザイン ガイドラインと構成要素は似ていますが、異なります。Windows Phone 8 と Windows 8 での UI 開発の中心となるガイドラインは、各プラットフォームに合わせてアプリのユーザー エクスペリエンスをデザインすることです。アプリ ユーザーにとって最良のエクスペリエンスを生み出すため、実行先のデバイス上でアプリが見栄え良く、夢中になれるようなものにすることが重要です。

Windows Phone 8 では、電話のフォーム ファクター、サポートされる画面解像度、一意のユーザー エクスペリエンス (ロック画面の統合、ライブ タイル、ナビゲーション モデルなど) を対象にして UI を作成することが推奨されます。同様に、Windows 8 では、Windows ストア アプリは Windows 8 ユーザー エクスペリエンスのベスト プラクティスに従う必要があります。さまざまなアプリ ビューとナビゲーション コントロールに対するプラットフォームのサポートを活用すると共に、アプリの質を高めて成功へと導くようなその他多数の機能とコントラクトを介したデバイスとの統合も活用します。

どちらのプラットフォームでも UI の作成には XAML を使用します。アプリは 1 つ以上のページで構成され、各ページには UI コントロールによって作成およびカスタマイズされる UI が含まれます。Windows Phone 8 上で使用できるコントロール セットは System.Windows.Controls 名前空間で提供されます。Windows 8 上で使用できるコントロール セットは Windows.UI.Xaml.Controls 名前空間で提供されます。これらは異なる名前空間であり、提供される型も異なりますが、サポートされるコントロールには多くの類似性があります。ほとんどのコントロールは同じ名前が付いているので、どちらのプラットフォームからでも違和感なく使用できます。 これによってデザインの再利用がサポートされます。つまり、Windows Phone 8 と Windows 8 のアプリをデザインするときは、同じ UI 構成要素を念頭に置くことができます。両プラットフォームで使用できるコントロール セットの比較については、「Windows Phone 8 と Windows 8 の XAML コントロールの比較」を参照してください。

表示:
© 2015 Microsoft