このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

XapSignTool を使用して Windows Phone 用の自社アプリに署名する方法

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 のみ

自社アプリや企業ハブ アプリを配布する前に、Symantec から入手したエンタープライズ証明書を使用して XAP に署名する必要があります。このトピックでは、XapSignTool ツールを使用して、このタスクを実行する手順について説明します。XapSignTool ツールは、次の場所から入手できます。

C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Phone\v8.0\Tools\XapSignTool

メモメモ:

XapSignTool ツールのほかに、Windows Phone 開発ツールには BuildMDILXap.ps1 PowerShell スクリプトも用意されています。このスクリプトは XapSignTool コマンドライン ツールを呼び出しますが、スクリプトは単純なエクスペリエンスを提供します。XapSignTool ツールからのみ使用できるオプションの必要な場合以外は、XapSignTool ツールを直接使用するのではなく、BuildMDILXap.ps1 スクリプトを使用することを検討してください。詳細については、「Windows Phone 用の自社アプリを配布用に準備する」を参照してください。

  1. 管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

  2. 必要に応じて次のコマンドを実行し、パス環境変数が XapSignTool ツール用に正しく構成されているかどうかを確認します。この処理を行わない場合、次の手順で XapSignTool をコマンド ラインで実行するときに、その完全なパスを指定する必要があります。

    set path=%path%;"%ProgramFiles(x86)%\Microsoft SDKs\Windows Phone\v8.0\Tools\XapSignTool"
    
  3. 次のコマンド ラインを指定して XapSignTool を実行します。このコマンド内のプレースホルダー テキストは、適切な値に置き換えてください。

    XapSignTool.exe sign /f PFXFile /p Password XAP
    

    次の表で、XapSignTool のコマンド ライン引数について説明します。

    引数

    説明

    sign

    指定された XAP ファイルに署名します。

    /f PFXFile

    Symantec が提供するエンタープライズ モバイル コード署名証明書から生成される PFX ファイルの名前を指定します。現在のパスに PFX ファイルが存在しない場合は、ファイルの完全パスを指定します。

    /p Password

    PFX ファイルの読み取りに使用するパスワード。

    XAP

    署名する XAP の完全なパス。

    XapSignTool には、ここで説明するコマンド以外にも、多数のコマンドが用意されています。XapSignTool のコマンド ライン引数の詳細を表示するには、次のコマンドを実行します。

    XapSignTool /?
    

    XapSignTool は SignTool をベースとしているため、SignTool のすべての機能を提供します。詳細については、「SignTool」を参照してください。

表示:
© 2015 Microsoft