エクスポート (0) 印刷
すべて展開

レコードのクエリの操作

更新日: 2015年2月

クエリ操作は、テーブルの項目を返します。

noteメモ
既定では、Mobile Services がクエリで返すレコードは 50 個だけです。さらに多くのレコードを取得するには、要求でページングを使用します。詳細については、「ページングをクエリに追加」を参照してください。

要求は、次のように指定できます。<service_name> をモバイル サービスの名前で、<table_name> をアクセスするテーブルの名前でそれぞれ置き換えます。

 

HTTP 動詞 要求 URI HTTP バージョン

GET

https://<service_name>.azure-mobile.net/tables/<table_name>

HTTP/1.1

Microsoft Azure モバイル サービス は、Open Data Protocol (OData) で定義されているクエリ オプションのパラメーターのサブセットをサポートします。

 

URI パラメーター 必須項目です。 説明

$filter

いいえ

フィルター述語に基づいて返されたアイテムを制限します。

$inlinecount

いいえ

ページングを適用せずに基本クエリに返すことができるすべてのアイテムの数を返します。このパラメーターの値 allpages を指定する必要があります。

$orderby

いいえ

1 つ以上の列を基準にして、返されたアイテムを並べ替えます。並べ替えは、規定の昇順 (asc) または降順 (desc) として指定できます

$select

いいえ

返されたデータに含まれる列を指定し、新しいデータの投影を定義します。

$skip

いいえ

アイテムを返す前に、スキップする基本クエリのレコードの数を指定します。これはページングの結果に使用されます。詳細については、「ページングをクエリに追加」を参照してください。

$top

いいえ

応答に含めるアイテムの数を指定します。これはページングの結果に使用されます。詳細については、「ページングをクエリに追加」を参照してください。

noscript パラメーターも次でサポートされています。

 

URI パラメーター 必須項目です。 説明

noscript

いいえ

true 値が与えられると、登録したスクリプトの実行は中止されます。スクリプトの実行を中止するには、X-ZUMO-MASTER ヘッダーのサービス マスター キーも指定する必要があります。

__includeDeleted

いいえ

回復可能な削除が有効であるテーブルに true の値が指定されている場合、__deleted システム プロパティが true に設定されている行が応答に含まれます。それ以外の場合は、回復可能な削除が有効でもこれらの行は返されません。

例:

__includeDeleted=true

__systemproperties

いいえ

応答に含まれるシステム プロパティのコンマ区切りリスト。以下のリストのシステム プロパティが受け入れられます。

  • __createdAt: レコードの作成を追跡するために作成されたシステム。

  • __updatedAt: レコードの最終更新を追跡するために作成されたシステム。

  • __version: 同時実行をサポートするために使用されたバージョン。

  • __deleted: 回復可能な削除をサポートするために作成されたシステム。

例:

__systemproperties=version,deleted

要求ヘッダーの説明を次の表に示します。

 

要求ヘッダー 必須項目です。  

Accept

いいえ

このヘッダーには、application/json を設定します。

X-ZUMO-APPLICATION

条件

モバイル サービスのアプリケーション キー。テーブル操作へのアクセスに必要な場合は、有効なアプリケーション キーを指定する必要があります。これは既定のテーブル操作のアク���ス権です。

X-ZUMO-AUTH

条件

認証されたユーザーのためのサービス生成された認証トークン。テーブル操作へのアクセスが必要な場合は、認証されたユーザーのためのトークンを指定する必要があります。

X-ZUMO-MASTER

条件

サービス マスター キー。テーブル操作へのアクセスに管理者アクセスが必要な場合は、このキーのみを含める必要があります。

securityセキュリティ メモ
サービス マスター キーは、データ サービスへの管理者アクセスを提供する重要なセキュリティ資格情報です。この情報を他のユーザーと共有したり、アプリと共に配布したりしないでください。このキーは常に、暗号化チャネルに安全に配布する必要があります。

ありません。

応答には、HTTP 状態コード、一連の応答ヘッダー、および応答本文が含まれています。

操作が正常に終了すると、ステータス コード 200 (OK) が返されます。

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。応答に追加の標準 HTTP ヘッダーが含まれる場合もあります。標準ヘッダーはすべて、HTTP/1.1 プロトコル仕様に準拠しています。

 

応答ヘッダー 説明

Content-Length

応答本文の長さです。

Content-Type

application/json に設定されたヘッダーです。

x-zumo-version

どのランタイム バージョンで要求が実行されたかを示します。

クエリ結果の JSON 表現。結果は、単一の JSON オブジェクトまたは JSON オブジェクトのコレクションとして表されます。

noteメモ
$inlinecount パラメーターをクエリに含める場合、応答の JSON は新しい JSON オブジェクトによって、JSON オブジェクトのコレクションとしての結果データを含む results プロパティと総数である count プロパティでラップされます。

承認はテーブル操作のアクセス許可要求によって異なり、まとめると次のようになります。

 

テーブル操作のアクセス権限 必須の承認ヘッダー

すべてのユーザー

なし

アプリケーション キーを持つユーザー

X-ZUMO-APPLICATION

認証されたユーザーのみ

X-ZUMO-AUTH

スクリプトと管理者のみ

X-ZUMO-MASTER

個々のテーブル操作に対するアクセス権限は、Microsoft Azure 管理ポータルで設定されます。詳細については、「権限」を参照してください。

次の例の URI では、完全な propertyfalse である TodoItem テーブルから JSON オブジェクトが返されます。

GET https://todolist.azure-mobile.net/tables/TodoItem?$filter=(complete%20eq%20false)

要求は次のヘッダーと共に送信されます。

Accept: application/json
X-ZUMO-APPLICATION: UzMAOXRlJdZyqibeUqCMoZZMrUXIRs92
Host: todolist.azure-mobile.net

要求が送信された後、次の応答が返されます。

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json
x-zumo-version: Zumo.Main.0.1.6.527.Runtime
Date: Thu, 20 Sep 2012 05:59:27 GMT
Content-Length: 188

[{"id":1,"text":"Sign-up for the free trial","complete":false},{"id":2,"text":"Create the mobile service","complete":false },
    {"id":3,"text":"Complete the quickstart","complete":false}]

次の例の URI では、総数の値を含むフィルター選択された同じクエリが返されます。この場合は 3 が総数です。

GET https://todolist.azure-mobile.net/tables/TodoItem?$filter=(complete%20eq%20false)&$inlinecount=allpages

要求は次のヘッダーと共に送信されます。

Accept: application/json
X-ZUMO-APPLICATION: UzMAOXRlJdZyqibeUqCMoZZMrUXIRs92
Host: todolist.azure-mobile.net

要求が送信された後、次の応答が返されます。

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json
x-zumo-version: Zumo.Main.0.1.6.527.Runtime
Date: Thu, 20 Sep 2012 05:59:27 GMT
Content-Length: 211

{"results": [{"id":1,"text":"Sign-up for the free trial","complete":false},{"id":2,"text":"Create the mobile service","complete":false },
    {"id":3,"text":"Complete the quickstart","complete":false}],"count":3}

表示:
© 2015 Microsoft