情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のアプリ プロジェクトにプロジェクト プロパティを設定する方法

2014/06/18

Visual Studio のプロジェクト デザイナーで、アプリのプロジェクト設定を設定または変更できます。プロジェクト デザイナーで使用可能なオプションを表示する方法については、このトピックにあるスクリーン ショットを参照してください。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

プロジェクト デザイナーで指定する設定には、アプリに関する情報とデバッグのオプションが含まれます。

プロジェクト デザイナーでプロジェクト プロパティを編集するには

  1. Visual Studio のソリューション エクスプローラーで、開いているプロジェクトの名前を右クリックします。

  2. コンテキスト メニューから [プロパティ] を選択します。プロジェクト デザイナーが新しい Visual Studio タブで開かれます。

プロジェクト デザイナーには複数のページがあります。このトピックでは、Windows Phone プロジェクト固有の設定を含む各デザイナー ページに関する情報を示します。

プロジェクト デザイナーの次の各ページには、Windows Phone プロジェクト固有の設定が含まれています。

  • アプリケーション

  • デバッグ

プロジェクト デザイナーの次の各ページには、Windows Phone プロジェクト固有の設定は含まれていません。

  • ビルド

  • ビルド イベント

  • 参照パス

  • コード分析

[アプリケーション] ページで指定可能な設定には、ターゲットの Windows Phone バージョンと、デバイスまたは ストア に展開する XAP ファイルの名前が含まれます。

[サポートされるカルチャ] 設定の詳細については、「Windows Phone のカルチャおよび言語サポート」および「Windows Phone 8 のグローバリゼーションとローカリゼーション」のその他のトピックを参照してください。

Application page of Project Properties

[デバッグ] ページで指定可能な設定には、デバッグ中にアプリを離れるとき、そのアプリを非アクティブ化するか、それとも廃棄状態にするかが含まれます。[デバッグ時に非アクティブ化されたら廃棄状態にする] 設定の詳細については、「Windows Phone のアプリ状態変化のテスト方法」を参照してください。

[デバッガーの種類] セクションでは、アプリのマネージ コード部分またはネイティブ コード部分をデバッグするかどうかを選択できます。アプリがバックグラウンド エージェントと通信する場合は、バックグラウンド エージェントのマネージ コード部分またはネイティブ コード部分を独立してデバッグするかどうかも選択できます。アプリとバックグラウンド エージェントの両方を同じデバッグ セッションでデバッグできます。ただし、アプリのマネージ コード部分とネイティブ コード部分、またはバックグラウンド エージェントのマネージ コード部分とネイティブ コード部分を、同時にデバッグすることはできません。

Debug page of Project Properties

表示: