Workflow Manager Tools 1.0 を使用したワークフローのデバッグ

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2012 用ワークフロー マネージャー ツール 1.0 は、デザイン時にワークフローのデバッグのサポートを提供します。このトピックでは、ワークフロー マネージャー ツール を使用して Visual Studio でワークフローをデバッグする手順について説明します。

このセクションのトピックでは、ワークフロー マネージャー ツール を使用してデバッグ セッションを開始し、ブレークポイントを設定し、ワークフローをデバッグする方法について説明します。ワークフロー マネージャー ツール のインストール手順については、「Workflow Manager Tools 1.0 for Visual Studio 2012 のインストール」を参照してください。

デバッグ セッション中に、デバッグされているワークフローはワークフロー リソース データベースに発行されます。

  • 開発用コンピューターに ワークフロー マネージャー がインストールされている場合、ワークフロー マネージャー ツール は ワークフロー マネージャー と同じデータベースを使用するようにデバッグ ツールを構成します。

  • 開発用コンピューターに ワークフロー マネージャー がインストールされていない場合、ワークフロー マネージャー ツール は、Visual Studio 2012 のインストール中に作成される SQL Server のインストール上に一連のデータベースを作成します。これらのデータベースには、ワークフロー マネージャー データベースと同じスキーマがあります。

デバッグ セッション中にデータベースに発行されたワークフローは削除されず、デバッグ セッションが完了した後にデータベースに残ります。

デバッグ ツールを起動するには

  1. 管理者特権でコマンド プロンプトを開きます。

  2. ワークフロー マネージャー ツール のインストール ディレクトリに移動します。

    • x86:C:\Program Files (x86)\Workflow Manager Tools\1.0

    • x64:C:\Program Files\Workflow Manager Tools\1.0

  3. コマンド プロンプトで、Microsoft.Workflow.TestServiceHost.exe を実行し、読み込みが完了したというメッセージを待ってから、ワークフローをデバッグします。

ワークフローをデバッグするには

  1. ワークフローで目的のブレークポイントを追加します。ブレークポイントを追加するには、ワークフロー デザイナーでワークフローを右クリックし、[ブレークポイント]、[ブレークポイントの挿入] の順に選択するか、ワークフロー デザイナーでアクティビティを選択し、F9 キーを押します。

  2. [デバッグMicrosoft.Workflow.TestServiceHost.exe] メニューの [プロセスにアタッチ] を選択して、Visual Studio のデバッガーを プロセスにアタッチします。[選択可能なプロセス] の一覧から [Microsoft.Workflow.TestServiceHost.exe] を選択し、[アタッチ] をクリックします。

  3. F5 キーを押してデバッグを開始します。

表示: