エクスポート (0) 印刷
すべて展開

ストレージ サービスのキューにメッセージを送信する

更新日: 2014年9月

クラウド サービスがストレージ サービスのキューを使用する場合は、任意コードを書き込んだり実行したりするのではなく、キューのいずれかに直接メッセージを送信することによって、このサービスを操作できます。たとえば、クラウド サービスは、メッセージを使用してワーカー ロールの計算作業を要求することができます。これらのメッセージの形式がわかっている場合は、Visual Studio から対話形式でメッセージをキューに送信することによってその役割をテストできます。

ストレージ サービスのキューにメッセージを送信できますが、送信するメッセージを受信および解析するようクラウド サービスがプログラムされていない限り、メッセージは意味がありません。詳細については、「方法:キュー ストレージ サービスを使用する」を参照してください。

ストレージ サービスのキューはストレージ アカウントでホストされ、サービス バスのキューとは異なります。

  1. サーバー エクスプローラーで、Azure の [ストレージ] ノードを展開します。

  2. メッセージを送信するキューを含むストレージ アカウントのノードを展開します。

  3. キューのコンテキスト メニューで、[キューの表示] を選択するか、キュー名をダブルクリックして、キューのメッセージ ウィンドウを開きます。

  4. キューのメッセージ ウィンドウのツール バーの [メッセージの追加] をクリックします。

  5. [メッセージの追加] ダイアログ ボックスで、UTF-8 形式のメッセージ テキストを入力します。

    Azure SDK の現在のリリースで作成されたキューにメッセージを送信する場合、メッセージは 64 KB 未満にする必要があります。2011 年 8 月以前の Azure SDK リリースで作成されたキューにメッセージを送信する場合、メッセージは 8 KB 未満にする必要があります。

  6. 有効期限は 6 日以内にします。

  7. [OK] をクリックします。

関連項目

表示:
© 2015 Microsoft