このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
tables オブジェクト

tables オブジェクト

更新日: 2015年6月

特定のテーブルを table オブジェクトのインスタンスとして操作するための機能を提供します。

このオブジェクトには、次のメンバーがあります。

getTable

構文 戻り値 説明

tables.getTable(tableName)

table オブジェクト

指定された tableNametable オブジェクトとして返します。

現在

構文 戻り値 説明

tables.current

table オブジェクト

現在のテーブルを table オブジェクト として返します。

グローバルな getTable オブジェクトで tables メソッドを呼び出して、特定の tableName を表す table オブジェクトを取得します。

グローバルな current オブジェクトの tables プロパティで、現在のテーブルを表す table オブジェクト を取得します。

次のスクリプトは、getTable メソッドを呼び出して、クエリを実行する対象の permissions テーブルを取得します。

function insert(item, user, request) {
    var permissionsTable = tables.getTable('permissions');

    permissionsTable.where({
        userId: user.userId,
        permission: 'submit order'
    }).read({
        success: function(results) {
            if (results.length > 0) {
                // Permission record was found. Continue normal execution.
                request.execute();
            } else {
                console.log('User %s attempted to submit an order without permissions.', user.userId);
                request.respond(statusCodes.FORBIDDEN, 'You do not have permission to submit orders.');
            }
        }
    });
}

次のスクリプトに、検証ロジックでの current プロパティの使用方法を示します。

function insert(item, user, request) {
    var currentTable = tables.current;
    currentTable.where({ name: item.name }).read({
        success: function (items) {
            if (items.length > 0) {
                request.respond(400, { error: 'Item with this name already exists' });
            } else {
                request.execute();
            }
        }
    });
}

表示:
© 2015 Microsoft