エクスポート (0) 印刷
すべて展開

既知の SQL データ同期の制限事項

更新日: 2014年12月

 

SQL Azure Data Sync アイコン

SQL データ同期プレビューへようこそ。このトピックは、データ同期の計画を設計および実装する前に理解しておく必要がある 5 つのトピックのうちの 2 番目のトピックです。準備となる 5 つのトピックは次のとおりです。

Microsoft Azure Silverlight ポータル上の Microsoft Azure SQL データ同期プラグインは廃止されました。今後、Azure SQL データ同期には Microsoft Azure の管理ポータルを使用してください。

Microsoft Azure の管理ポータルの [SQL データベース] の下にある [同期] タブから SQL データ同期 (プレビュー) にアクセスします。[同期] タブは、1 つまたは複数の同期グループを持つ場合にのみ使用できます。「方法:Create a Sync Group (SDS)」のトピックで、このポータルから同期グループを作成、修正する方法をご覧いただけます。

開始前に読んでおく必要があるトピックへのリンク、および同期グループの作成と変更に関するガイダンスへのリンクについては、以下の「ナビゲーション」を参照してください。

A: SQL データ同期プレビュー プレビュー には、SQL データ同期プレビュー サーバーごとに次の制限があります。

 

インスタンス 最大

サブスクリプションごとの SQL データ同期プレビュー サーバーの最大数。

準備する SQL データ同期プレビューサーバーとして [地域] に表示されている各データ センターに SQL データ同期プレビューサーバーを作成できます。
Steps to provision a Sync Server」の手順 6. を参照してください。

データベースが属することができる同期グループの最大数。

5

1 つの同期グループ内のエンドポイントの最大数。

30

noteメモ
同期グループが 1 つのみの場合は、1 つの同期グループに最大 30 のエンドポイントを含むことができます。同期グループが 1 つ以上ある場合は、すべての同期グループ全体でのエンドポイントの総数は 30 を超えることはできません。

noteメモ
データベースが複数の同期グループに属する場合は、そのデータベースは 1 つのエンドポイントとしてではなく、複数のエンドポイントとして数えられます。

1 つの同期グループ内の内部設置型エンドポイントの最大数。

5

テーブルごとのフィルター数。

SQL Server の制約と SQL データ同期プレビュー のオーバーヘッドが原因で、列フィルターの数は制限されます。

  • テーブルごとに最大 12 個の列フィルター。

  • 13 個目の列フィルターは主キー列にある場合に任意で指定できます。

Warning警告
SQL データ同期プレビュー プレビュー UI で許可される列フィルターの数に制限はありません。上記の制限を超えると、同期グループを配置する際に準備に失敗します。

オブジェクト名で使用できない文字

オブジェクト (データベース、テーブル、列) の名前には、ピリオド (.)、左角かっこ ([)、または右角かっこ (]) の印字可能な文字を含めることはできません。

 

ディメンション 上限

データベース、テーブル、スキーマ、および列の名前

1 つの名前につき 50 文字

同期グループ内のテーブル数

100

同期グループ内のテーブル内の列数

1000

テーブルのデータ行のサイズ

24 Mb

SQL データ同期プレビューは SQL Database に移動の機能です。Azure 管理ポータルから、同期グループの作成、配置、および変更するために必要なすべてのタスクを実行できます。

 

同期グループの作成方法

Azure 管理ポータルから同期グループを作成するには、6 つの手順を実行します。各手順の詳細については、以下のリンクを参照してください。

  1. Azure SQL データベース管理ポータル
    へのサインインSQL データ同期プレビューは、同期グループを作成すると、SQL データベースのタブとして表示されます。

  2. SQL データ同期クライアント エージェントをインストールする

  3. SQL Server データベースをクライアント エージェントに登録する

  4. 同期グループを作成する

  5. データ同期を定義する

  6. 同期グループを構成する (SDS)

同期グループの変更方法

同期グループにテーブルまたは列を追加/削除したり、列の幅またはデータ型を変更したりして、同期グループのスキーマを変更できます。詳細については、以下のリンクを参照してください。

関連項目

表示:
© 2015 Microsoft