エクスポート (0) 印刷
すべて展開

手動によるデータベースのプロビジョニング解除

更新日: 2014年12月

 

SQL Azure Data Sync アイコン

SQL データ同期プレビューの同期グループからデータベースを削除してもデータベースのプロビジョニングが完全には解除されない場合があります。このような場合、データベースのプロビジョニングを手動で解除する必要があります。このトピックでは、データベースをすべての同期グループから削除した後に、手動でプロビジョニングを解除する方法について説明します。

Microsoft Azure Silverlight ポータル上の Microsoft Azure SQL データ同期プラグインは廃止されました。今後、Azure SQL データ同期には Microsoft Azure の管理ポータルを使用してください。

Microsoft Azure の管理ポータルの [SQL データベース] の下にある [同期] タブから SQL データ同期 (プレビュー) にアクセスします。[同期] タブは、1 つまたは複数の同期グループを持つ場合にのみ使用できます。「方法:Create a Sync Group (SDS)」のトピックで、このポータルから同期グループを作成、修正する方法をご覧いただけます。

開始前に読んでおく必要があるトピックへのリンク、および同期グループの作成と変更に関するガイダンスへのリンクについては、以下の「ナビゲーション」を参照してください。

同期グループに加えることができる変更は次のとおりです。

SQLDataSyncAgent-Preview-ENU.msi によって、スタンドアロンの実行可能ファイルがインストールされます。これを使用すると、データベースまたはテーブルを同期サービスに追加するときに作成される SQL データ同期プレビュー オブジェクトのプロビジョニングを解除できます。

Warning警告
複数の同期グループのメンバーであるデータベースのプロビジョニングを解除すると、そのデータベースが準備されなくなるため、データベースが関連付けられているすべての同期グループに対する同期に失敗します。

noteメモ
トポロジに SQL Server データベースが含まれていない場合、ローカルでクライアント エージェントをインストールし、プロビジョニング解除ツールを入手する必要があります。

 

使用方法:

DeprovisioningUtil.exe <connectionstring> [/f]

<connectionstring>

プロビジョニングを解除する SQL Server データベースまたは SQL データベース インスタンスの接続文字列を指定します。

[/f]

警告なしでプロビジョニングを解除します。

例:

SQL Server

deprovisioningutil "Server=(local);
Database=NorthWind;Trusted_Connection=True

SQL Database に移動

deprovisioningutil
"Server=tcp:rwd3dyq2ym.database.windows.net;
Database=NorthwindAzure; User ID=<yourID>;
Password=<yourPassword>;
Trusted_Connection=False;" /f

SQL データ同期プレビューは SQL Database に移動の機能です。Azure 管理ポータルから、同期グループの作成、配置、および変更するために必要なすべてのタスクを実行できます。

 

開始前の準備

同期の設計および実装を開始する前に、以下の各トピックを理解しておく必要があります。

同期グループの作成方法

Azure 管理ポータルから同期グループを作成するには、6 つの手順を実行します。各手順の詳細については、以下のリンクを参照してください。

  1. Azure SQL データベース管理ポータル
    へのサインインSQL データ同期プレビューは、同期グループを作成すると、SQL データベースのタブとして表示されます。

  2. SQL データ同期クライアント エージェントをインストールする

  3. SQL Server データベースをクライアント エージェントに登録する

  4. 同期グループを作成する

  5. データ同期を定義する

  6. 同期グループを構成する (SDS)

関連項目

表示:
© 2015 Microsoft