このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

read 関数

更新日: 2015年2月

テーブルに対してクエリが実行されるときに呼び出されます。

function read(query, user, request) { }

query
型: object

クライアントによって指定されたフィルター、プロジェクション、またはその他の述語を既に適用した、テーブルに対するクエリを表す Query オブジェクト

ユーザー
型: object

認証が必要な場合は、認証されたユーザーを表す user オブジェクト。それ以外の場合は、undefined

request
型: object

操作の要求を表す request オブジェクト

型: undefined

クエリ操作が成功した場合は、HTTP 状態コードが 200 の応答とクエリの結果が返されます。アイテムが選択されていない場合は、空の本文が返されます。

request オブジェクトに対して execute メソッドを呼び出す前に、スクリプトでクエリの動作にさらに変更を加えることができます。

クライアントで返すレコードの数を指定しなかった場合は、サービスによって既定の上限である 50 に設定されます。

既定の成功動作とエラー動作をオーバーライドできます。詳細については、「モバイル サービスの JavaScript バックエンド ライブラリ」を参照してください。

表示:
© 2015 Microsoft