ユーザー オブジェクト
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ユーザー オブジェクト

 

表す、 Microsoft Azure モバイル サービス ユーザーです。

このオブジェクトには、次のメンバーがあります。

getIdentities

構文

戻り値の型

description

user.getIdentities (options)

未定義

ログインしたユーザーの ID 情報に非同期にアクセスします。 この関数には、 options パラメーターを指定するために使用、 successerror コールバック関数を次のようにします。

{ success: function(identities) { … }, error: function(e) { … } }

ユーザーが認証されると、 モバイル サービス に渡す、 success 関数、 identities オブジェクトで、次のフィールドが含まれています。

{ "providerName": { "userId": "ProviderName:user_id_value", "accessToken": "access_token_value" } }

エラー オブジェクトが指定された、 error コールバック関数のエラーが発生します。 error コールバック関数は省略可能です。

System_CAPS_noteメモ

モバイル サービス id プロバイダーから追加のユーザー情報を自動的に取得できます。 有効にして、このプレビュー機能を使用する方法の詳細については、次を参照してください。、 強化されたユーザー機能 ブログの投稿します。

user.getIdentities()

object

System_CAPS_important重要

同期バージョン getIdentities は推奨されていません。 受け取る非同期バージョンを使用してください、 options success および error のコールバック関数のパラメーター。

次の形式で、ID 情報を含む JavaScript Object Notation (JSON) オブジェクトを同期的に要求します。

{ "providerName": { "userId": "user_id_value", "accessToken": "access_token_value", "accessTokenSecret": "access_token_secret_value" } }

access_token_secret_value すべての id プロバイダーの使用可能なことができない場合があります。

プロパティ名

Type

description

accessTokens

object

次の形式で、アクセス トークンを含む JavaScript Object Notation (JSON) オブジェクト。

{ providerName: "access_token_value" }

level

string

認証のレベル。次のいずれかの値です。

  • admin: マスター_キーは、要求に含まれていた。

  • anonymous: 有効な認証トークンが要求に指定されていません。

  • authenticated: 有効な認証トークンが要求で提供されています。

userId

string

認証済みユーザーのユーザー ID。 ユーザーが認証されていないときにこのプロパティを返します 未定義です。

テーブル操作に登録されたスクリプトのインスタンスは常に渡されます、 user 操作が認証されているかどうかに関係なく、オブジェクトです。

カスタム API で、 user からオブジェクトがアクセスされる、 request オブジェクト 、関数に渡されます。

表示:
© 2016 Microsoft