情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 の .NET 位置情報 API

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

メモメモ:

Windows Phone 8 には、位置認識アプリを作成するための新しい Windows Phone ランタイム API が用意されています。このトピックの内容は、Windows Phone OS 7.0 で導入され、引き続き完全にサポートされている .NET Location API に適用されます。どの API セットがアプリケーションに適しているかについては、「Windows Phone 8 の位置情報」を参照してください。

Microsoft Location Service を使用すると、Windows Phone 用の位置情報認識アプリケーションを作成できます。 このサービスは、GPS、Wi-Fi、セルラーなどの複数のソースから位置データを取得します。このサービスは、アプリケーションのニーズに応じてパフォーマンスと電力使用のバランスをとりながら、これらのソースの 1 つ以上を使用して Windows Phone の位置を推測します。位置は、イベント駆動型のマネージ コード インターフェイスを通じてアプリケーションに公開されます。

第 1 層は、Windows Phone デバイスのハードウェアで構成されます。これには、GPS レシーバー、Wi-Fi、およびセルラー無線が含まれます。これらすべては、精度および電力消費のレベルがそれぞれに異なる、位置データのプロバイダーとして機能することができます。ハードウェアの上位には、ネイティブ コード層があります。この層は、使用可能な位置データ ソースと直接やり取りし、データの利用可能性とアプリケーションによって指定されるパフォーマンス要件に基づいて、デバイスの位置を判断するために使用するソースを決定します。ネイティブ コード層は、Microsoft がホストする Web サービスともインターネット上でやり取りし、データベースにある位置関連情報を参照します。Location Service の最上位層は、Windows Phone SDK に含まれる DLL を通じて公開されるマネージ インターフェイスです。アプリケーションは、このインターフェイスを使用して位置サービスを開始または停止し、アプリケーションが要求する精度のレベルを設定し、使用可能になった位置データをネイティブ コード層から受信します。

表示: