情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 の写真のキャプチャ

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

このセクションでは、Windows Phone で写真を定期的にキャプチャするために使用できる API について説明します。カメラ アプリを開発する際にエミュレーターを使用するときの注意事項も説明します。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

Windows Phone で写真をキャプチャするためにアプリで使用できる API は 2 種類あります。

クラス

説明

Windows Phone OS 7.1 でのサポート

Windows Phone 8 でのサポート

PhotoCamera

写真をキャプチャし、プレビュー バッファーにアクセスするには、このクラスを使用します。

green check markgreen check mark

PhotoCaptureDevice

写真を高度な方法でキャプチャし、プレビュー バッファーにアクセスするには、このクラスを使用します。

red xgreen check mark

Microsoft.Devices.PhotoCamera クラスを使用すると、アプリで写真をプログラムによってキャプチャできます。このクラスを使用して、写真の解像度とフラッシュ設定を指定し、オートフォーカスを開始できます。高度な写真キャプチャには、PhotoCaptureDevice クラスが一連の拡張機能とより優れたパフォーマンスを提供します。このクラスを使用して、ISO、露出補正、手動フォーカス位置 (写真で使用できる場合) などの写真プロパティを制御します。

Windows.Phone.Media.Capture API は、Windows Phone 8 用に記述されたアプリのみで使用できます。これらの API は、C#、Visual Basic、および C++ に投影され、ネイティブ コードから呼び出すことができるインターフェイスを備えています。これらの API の詳細については、次のトピックを参照してください。

カメラ アプリを開発する際にエミュレーターを使用するときは、次の点に注意してください。

  • エミュレーターで一部の API 呼び出しが期待どおりに動作しない場合があります。最新の詳細情報については、Windows Phone SDK のリリース ノートを確認してください。

  • エミュレーター カメラに送信されるシーンは、ビューファインダーの境界の周りを浮動するボックスです。

  • エミュレーターでは、GetPreviewBufferY メソッドは黒で塗られたバッファーを返します。

  • エミュレーターでは、GetPreviewBufferArgb メソッドは白で塗られたバッファーを返します。

  • エミュレーターでは、GetPreviewBufferYCbCr メソッドは緑で塗られたバッファーを返します。

ヒントヒント:

開発作業の効率性を高めるには、Windows Phone 8 デバイスでカメラ アプリを開発することをお勧めします。

表示: