情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のウォレット

2014/06/18

Windows Phone 8 には、ウォレットが導入されました。ユーザーはウォレットを使用して次の操作を行うことができます。

  • クーポン、クレジット カード、メンバーシップ、ポイント カードなどを 1 か所にまとめる。

  • アプリ ストアとミュージック ストアで使用する支払い方法を管理する。

  • ウォレットの項目を電話のアプリにリンクする。

  • 一部の市場で、NFC (Near-Field Communication) を使用して非接触型トランザクションを行う。

開発者は、ウォレット と統合するアプリを作成できます。Wallet API で提供される機能を使用して、アプリのウォレット 項目の作成、読み取り、書き込み、および削除を行うことができます。Windows Phone 8 ウォレット の機能により、エージェントを使用して項目を最新に保ち、状態メッセージとカスタム フィールドを通じてユーザーとやり取りできます。また、ユーザーはウォレット 項目を使用してアプリにディープ リンクできるため、さらに有効なアプリ内機能を提供できます。

アプリにウォレット 機能を追加することで、アプリの範囲を広げることができます。項目と共にブランド ロゴを追加し、ブランドがウォレット 内に表示されるようにできます。ウォレット からアプリへのディープ リンクにより、アプリへの追加のエントリ ポイントがユーザーに提供され (アプリはすべてのアプリ リストに表示されます)、ユーザーがアプリを開いたコンテキストが得られるので、関連情報をユーザーに提供することができます。ウォレット との統合に適した候補には、クラブのメンバーシップ、クーポンやバーゲン品、バンキングなどを処理するアプリがありますが、アプリをウォレット と統合するためのユーザー独自のシナリオを考えることができます。ウォレット との統合は、ウォレット 項目を追加するためのウォレット の UX にアプリが表示されるので (アプリはストア 検索でユーザーに表示されます)、ユーザーに対するアプリの宣伝にもなります。

ウォレット API は、ウォレット へのプログラムによる完全なアクセスを提供します。これにより、ウォレット 項目を作成、読み取り、更新、および削除できます。項目へのアクセスは制御され、アプリは、アプリが作成したウォレット の項目、またはユーザーによってアプリにリンクされた項目のみを操作できます。特定の項目の種類については、項目をウォレット に追加する確認をユーザーに求めることができるので、ユーザーに安心感を与えることができます。ウォレット 項目は、いつでも必要に応じて項目を更新するようにアプリに求めるウォレット エージェントを使用して、最新の状態に保つことができます。ウォレット項目の種類ごとに、カスタム フィールドを追加できるリッチ スキーマがあります。これらのフィールドは、必要な数だけ選択して入力できます。

ウォレット機能拡張ソリューションにバーコード イメージが含まれている場合は、次のイメージのサイズを使用します。解像度ごとにイメージを提供しない場合は、高解像度用に単一のイメージを提供すると、必要に応じてスケーリングされます。

電話の解像度

バーコードのイメージ サイズ

480 × 800

434 × 174

720 × 1280

651 × 261

768 × 1280

695 × 278

ソリューションに QR コードまたはその他の正方形のイメージが含まれている場合は、278 x 278 の単一のイメージを提供すると、必要に応じてスケーリングされます。

次の表は、Windows Phone 8 で Wallet API を使用するために必要な機能の一覧です。これらが WMAppManifest.xml に指定されていない場合、アプリが正しく機能しない場合があります。または ストア への申請プロセスが失敗する場合があります。

機能

この機能を必要とする API

ID_CAP_WALLET

すべての Wallet API (Microsoft.Phone.Wallet または Microsoft.Phone.SecureElement の何か) に対して必要です。

ID_CAP_WALLET_PAYMENTINSTRUMENTS

PaymentInstrument および OnlinePaymentInstrument に必要です。

ID_CAP_WALLET_SECUREELEMENT

SecureElementSessionSecureElementChannel、および SecureElementReader に必要です。

重要:重要:

ID_CAP_WALLET_SECUREELEMENT または ID_CAP_WALLET_PAYMENTINSTRUMENTS を使用するアプリを配置または申請するには、特別なアクセス許可を要求し、そのアクセス許可を開発者アカウントに適用する必要があります。詳細について、または支援が必要な場合は、デベロッパー センター サポートにお問い合わせください。

Windows Phone 8 機能の詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

ウォレットと統合するアプリの発見可能性を向上するために、アプリをウォレットの拡張機能として定義できます。それによって、ユーザーが [追加] をタップしたときに、ウォレットのアプリの [その他] リストにアプリが表示されるようになります。ユーザーがそのリストからアプリを選択すると、アプリが電話にダウンロードされ、インストールされます。これが、アプリの発見可能性を向上できるもう 1 つの方法です。

ウォレットの [その他] リストに表示するには、ウォレットの拡張機能の 1 つとして登録します。拡張機能は、アプリ プロジェクトの WMAppManifest.xml ファイルに指定します。次に、ウォレットの拡張機能としてアプリを登録する Extension 要素を含む WMAppManifest.xml ファイルの例を示します。


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<Deployment xmlns="http://schemas.microsoft.com/windowsphone/2012/deployment" AppPlatformVersion="8.0">
  <DefaultLanguage xmlns="" code="en-US" />
  <App xmlns="" ProductID="{3860f72b-b8fc-4503-b922-c25f315da9c3}" Title="SamplePhoneApp" RuntimeType="Silverlight" 
       Version="1.0.0.0" Genre="apps.normal" Author="PhoneApp2 author" Description="Sample description" Publisher="PhoneApp2" 
       PublisherID="{93da0024-839f-4d0a-a1af-414512aba376}">
    <IconPath IsRelative="true" IsResource="false">Assets\ApplicationIcon.png</IconPath>
    <Capabilities>
      <Capability Name="ID_CAP_NETWORKING" />
      <Capability Name="ID_CAP_MEDIALIB_AUDIO" />
      <Capability Name="ID_CAP_MEDIALIB_PLAYBACK" />
      <Capability Name="ID_CAP_SENSORS" />
      <Capability Name="ID_CAP_WEBBROWSERCOMPONENT" />
      <Capability Name="ID_CAP_WALLET" />
    </Capabilities>
    <Tasks>
      <DefaultTask Name="_default" NavigationPage="MainPage.xaml" />
    </Tasks>
    <Tokens>
      <PrimaryToken TokenID="PhoneApp2Token" TaskName="_default">
        <TemplateIconic>
          <SmallImageURI IsRelative="true" IsResource="false">Assets\Tiles\IconicTileSmall.png</SmallImageURI>
          <Count>0</Count>
          <IconImageURI IsRelative="true" IsResource="false">Assets\Tiles\IconicTileMediumLarge.png</IconImageURI>
          <Title>SamplePhoneApp</Title>
          <Message>
          </Message>
          <BackgroundColor>
          </BackgroundColor>
          <HasLarge>false</HasLarge>
          <LargeContent1>
          </LargeContent1>
          <LargeContent2>
          </LargeContent2>
          <LargeContent3>
          </LargeContent3>
          <DeviceLockImageURI IsRelative="true" IsResource="false">
          </DeviceLockImageURI>
        </TemplateIconic>
      </PrimaryToken>
    </Tokens>
    <!--Register as a Wallet extension. The ConsumerID for Wallet extensions is always set to {5B04B775-356B-4AA0-AAF8-6491FFEA5683}, which is the id of the phone's Wallet app. -->
    <Extensions>
      <Extension ExtensionName="Wallet_app_membership" ConsumerID="{5B04B775-356B-4AA0-AAF8-6491FFEA5683}" TaskID="_default"/>
    </Extensions>
    <ScreenResolutions>
      <ScreenResolution Name="ID_RESOLUTION_WVGA" />
      <ScreenResolution Name="ID_RESOLUTION_WXGA" />
      <ScreenResolution Name="ID_RESOLUTION_HD720P" />
    </ScreenResolutions>
  </App>
</Deployment>

前述のコードでは、Extension 要素を WMAppManifest.xml ファイルの Extensions セクションに追加して、拡張機能を定義します。Extensions 要素がない場合、Tokens セクションの後に追加することができます。エントリの属性は次のように定義します。

  • ExtensionName: 登録している拡張機能の種類を定義します。ウォレットの拡張機能として登録するときに、この属性の有効な値は次のとおりです。

    • Wallet_app_other – 不特定のウォレット 項目の場合

    • Wallet_app_loyalty – ポイント カードの場合

    • Wallet_app_membership – メンバーシップ カードの場合

    • Wallet_app_transit – トランジット カードの場合

    • Wallet_app_payment – 支払いカードの場合

    複数のウォレット 項目の種類にアプリを使用している場合でも、一度だけ登録する必要があります。必要に応じて、複数の Extension 要素を WMAppManifest.xml の Extensions セクションに追加して、複数のウォレット 項目の種類の拡張機能として登録できます。現在は、ユーザーが [その他] をタップして [ウォレットに追加] ダイアログ ボックスを開き、ウォレット の拡張機能を探すと、拡張機能として登録するときに定義したウォレット 項目の種類にかかわらず、すべての拡張機能が表示されます。

  • ConsumerID: これは固定の値であり、電話のウォレット アプリの ID の {5B04B775-356B-4AA0-AAF8-6491FFEA5683} に設定されます。コードは前述のようになります。

  • TaskID: これを既定に設定します。

ウォレット の拡張機能として登録することは任意ですが、アプリの発見可能性が向上するため、お勧めです。拡張機能として登録していない場合、[ウォレットに追加] ダイアログ ボックスにアプリは表示されません。ただし、ユーザーは通常どおりに Windows Phone ストア を検索し、アプリをダウンロードできます。

メモメモ:

ストア にアプリを申請し、公開されるまでの間は、ウォレットのアプリの [その他] リストには表示されません。Windows Phone 8 Emulator または Windows Phone 8 デバイスでテストする場合、このリストにアプリは表示されません。

表示: