情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 の音声認識

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

音声認識を使用すると、ユーザーが Windows Phone 8 でアプリを自然で効率的に、かつ正確に対話操作できます。音声認識をサポートするために、Windows Phone 8 には、音声認識ランタイム、ランタイムをプログラミングするための認識 API、すぐに使用できるディクテーションと Web 検索のための文法、ユーザーが音声認識機能を見つけて使用するために役立つ GUI が含まれています。

メモメモ:

音声認識を使用するには、アプリのマニフェストで ID_CAP_SPEECH_RECOGNITION、ID_CAP_MICROPHONE、および ID_CAP_NETWORKING の各機能を設定する必要があります。これらの機能を設定しないと、アプリが正しく機能しない可能性があります。詳細については、「Windows Phone 8 のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

アプリで音声認識を最も早くかつ簡単に有効にする方法は、Windows Phone 8 に含まれている定義済みのディクテーション文法を使用することです。このディクテーション文法は、言語のほとんどの単語や短いフレーズを認識し、音声認識エンジン オブジェクトがインストールされると既定でアクティブになります。定義済みのディクテーション文法を使用すると、次の例に示すように数行のコードだけで音声認識を有効にすることができます。

private async void ButtonSR_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
  // Create an instance of SpeechRecognizerUI.
  this.recoWithUI = new SpeechRecognizerUI();

  // Start recognition (load the dictation grammar by default).
  SpeechRecognitionUIResult recoResult = await recoWithUI.RecognizeWithUIAsync();

  // Do something with the recognition result.
  MessageBox.Show(string.Format("You said {0}.", recoResult.RecognitionResult.Text));
}

この機能を使用していると、音声認識に関する多くのエラーおよび例外が発生することがあります。これには、音声に関するプライバシー ポリシーに対する同意が得られなかった場合に発生するエラーなどが含まれます。これらのエラーおよび例外の詳細については、「Windows Phone 8 の音声アプリにおけるエラーの処理」を参照してください。

表示: