エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 の起動、再開、マルチタスク

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 実行モデル、およびユーザーがアプリを切り替えるときに実行される処理について説明します。アプリの起動、バックグラウンドでのデータの転送、およびバックグラウンド エージェントを使用したバックグラウンドでの独自のコードの実行についても説明します。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

アプリは、さまざまな方法で起動することができ、さらにアプリ一覧から直接開くこともできます。一部のアプリは、ユーザーによるタスクの実行を支援するために [検索] クイック カードから起動します。起動すると電子メールの添付ファイルを開くアプリもあります。次の図は、いくつかのアプリの起動方法を示しています。

You app can be launched from many locations.

Web ブラウザーで 1 つの Web ページから別のページに移動するために URL が使用されるのと同じように、1 つの Windows Phone アプリから別のアプリに移動するには URI が使用されます。URI は、起動するアプリの識別に加えて、豊かなユーザー エクスペリエンスを提供するためにアプリで使用できる情報を含んでいます。たとえば、画像ビューアーからアプリを起動するときは、ユーザーが直前に表示した画像を識別するトークンが URI に含まれます。このトークンのおかげで、ユーザーの写真編集アプリは、画像ビューアーから起動したときに自動的にその画像を開くことができます。この 1 つのアプリから別のアプリへのユーザー エクスペリエンスの拡張は機能拡張と呼ばれます。

アプリは次の場所で Windows Phone エクスペリエンスを拡張することができます。

拡張ポイント

説明

詳細情報

[検索] クイック カード

製品カード、プレース カード、ムービー カード、イベント カードからのコンテキストを使用して起動します。

Windows Phone 8 の検索の機能拡張

ウォレット

アプリに組み込まれたウォレット機能

Windows Phone 8 のウォレット

ミュージック+ビデオ ハブ

ミュージック+ビデオの [プレイ ビュー]、[履歴]、および [新着] の一覧からメディアを再生するために起動します。

Windows Phone 8 の [ミュージック+ビデオ] ハブと統合する方法

ライブ タイル

セカンダリ タイルから起動し、タイルが表すアプリ内のエクスペリエンスを表示します。

Windows Phone 8 のタイル

画像ビューアー

画像ビューアーから起動し、写真を共有、編集、表示します。

Windows Phone 8 の写真の機能拡張

写真ハブ

写真ハブ内に表示され、写真アプリに便利な場所を提供します。

Windows Phone 8 のフォト ハブの拡張

ファイルの関連付け

ユーザーが別のアプリからファイルを開きたいときにファイルを処理するために起動します。

Windows Phone 8 のファイルおよび URI の関連付けを使用してアプリを自動起動する

レンズ ピッカー

レンズ アプリのビューファインダーを表示するために起動します。

Windows Phone 8 のレンズ

URI の関連付け

別のアプリがアプリを起動するために送信する URI から起動します。

Windows Phone 8 のファイルおよび URI の関連付けを使用してアプリを自動起動する

Windows.Phone.Management.Deployment 名前空間の API を使用して、自分の発行元 ID の他のアプリが電話にインストールされているかどうかを判別できます。インストールされている場合は、この API を使用して起動することもできます。説明のために、以下の例では、現在の発行 ID のすべてのアプリを列挙し、列挙されたうちの最初のアプリを起動します (そのアプリが現在のアプリの場合を除く)。

IEnumerable<Package> apps = Windows.Phone.Management.Deployment.InstallationManager.FindPackagesForCurrentPublisher();
apps.First().Launch(string.Empty);

Launcher.LaunchUriAsync(Uri) メソッドを使用して、URI を介して組み込みアプリを起動できます。ユーザーの観点から見ると、これは、Windows Phone 8 のランチャーと同じように機能します。ただし、このメソッドでは、ランチャーでは起動できない組み込みアプリをいくつか起動できます。ランチャーとは異なり、この機能はネイティブ コードで使用できます。次の図は、URI を使用して起動できる一部のアプリを示しています。

Launch built-in apps via URI

ユーザーが開始した起動と同様に、ユーザーは引き続き、[戻る] ボタンをタップして元のアプリに戻ることができます。以下の例では、ms-settings-wifi URI スキームを使用して Settings アプリの Wi-Fi 画面を起動する方法を示しています。

Windows.System.Launcher.LaunchUriAsync(new Uri(“ms-settings-wifi:”));

その他の組み込み URI スキームのリストについては、「Windows Phone 8 用の組み込みアプリを起動するための URI スキーム」を参照してください。

Windows Phone 8 では、フォアグラウンドで一度に 1 つのアプリのみが実行されます。アプリがフォアグラウンドで実行されている場合に、ユーザーが別のアプリを起動するか、[スタート] ボタンを押してホーム画面に戻ると、アプリはメモリ内で中断状態になります。ユーザーが [戻る] ボタンを押すか、タスク切り替えからアプリを選択して当該アプリに戻ると、アプリが再開されます。フォアグラウンドのアプリが応答できる状態にするためにデバイスがメモリを解放する必要がある場合は、中断状態のアプリは終了されます。終了されたアプリの状態に関する情報は保存されます。このプロセスは廃棄と呼ばれます。ユーザーが廃棄されたアプリに戻ると、アプリは保存されている状態データを使用して、前のセッションを復元できます。一貫したユーザー エクスペリエンスを提供するために、アプリのアクティブ化と非アクティブ化を処理する際にアプリで使用できる一連の API が用意されています。 詳細については、「Windows Phone 8 のアプリのアクティブ化および非アクティブ化」を参照してください。

Windows Phone 8 では、高速アプリ再開という新機能が導入されています。この機能により、インスタンスが既に実行中であるときにユーザーがアプリを再起動した場合に提供されるユーザー エクスペリエンスを変更できます。詳細については、「Windows Phone 8 の高速アプリ再開」を参照してください。

Windows Phone で同時に実行されるアプリは 1 つのみですが、バックグラウンド エージェントにより、アプリはフォアグラウンドで実行されていない場合でもタスクを実行できます。特定の電話機能を有効にするためにさまざまな種類のエージェントが用意されていますが、2 つの汎用目的のエージェントは、定期的なエージェントとリソースを大量に消費するエージェントです。定期的なエージェントは、定期的にスケジュールされた間隔で短期間実行されます。このエージェントは、ローカル アプリ データを更新するために Web サービスに対して迅速な照会を実行する場合に役立ちます。リソースを大量に消費するエージェントは長期間実行されますが、電話がアイドル状態で外部電源に接続されている場合にのみ実行されます。このエージェントは、たとえば、電話を夜間に充電している間などに、大量のローカル データを更新する場合に役立ちます。フォアグラウンドのアプリが高速で応答できる状態を保つのに必要なリソースを確実に使用できるようにするために、バックグラウンド エージェントが使用できるメモリ量には、厳格な制限が適用されます。詳細については、「Windows Phone 8 のバックグラウンド エージェント」を参照してください。

アプリがバックグラウンドでファイルをダウンロードできるようにするが、バックグラウンド エージェントの場合とは異なり、アプリでコードを実行する必要がない場合は、バックグラウンド転送機能の使用を検討してください。この機能により、アプリは、電話のリソースが当該処理に使用できるようになったときに常に、非同期的にダウンロードするファイルをキューに配置できます。詳細については、「Windows Phone 8 のバックグラウンド ファイル転送」を参照してください。

表示:
© 2015 Microsoft