情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 でのビデオのキャプチャ

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

このセクションでは、Windows Phone でビデオをプログラムによってキャプチャするために使用できる API について説明します。カメラ アプリを開発する際にエミュレーターを使用するときの注意事項も説明します。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

ビデオをキャプチャするためにアプリで使用できる API は 2 種類あります。

クラス

説明

Windows Phone OS 7.1 でのサポート

Windows Phone 8 でのサポート

CaptureSource および FileSink

これらのクラスを使用してビデオを記録します。

green check markgreen check mark

AudioVideoCaptureDevice

ビデオとオーディオを高度な方法でキャプチャし、プレビュー バッファーにアクセスするには、このクラスを使用します。

red xgreen check mark

System.Windows.Media.CaptureSource クラスを FileSink クラスと組み合わせて使用すると、プログラムによってビデオを記録する機能をアプリに付与できます。高度なビデオとエンコードの設定を使用する場合は、AudioVideoCaptureDevice クラスによって一連の拡張機能とより高度なパフォーマンスが提供されます。エンコードの設定、トーチ電源、システム ミュート、手動フォーカス位置など、ビデオのプロパティを制御するには、このクラスを使用します。

System.Windows.Media.CaptureSource クラスは、Windows Phone OS 7.1 および Windows Phone 8 用に記述されたアプリで使用できます。ただし、このクラスはマネージ コードのみで使用できます。System.Windows.Media.CaptureSource の使用の詳細については、以下のトピックを参照してください。

Windows.Phone.Media.Capture API は、Windows Phone 8 用に記述されたアプリのみで使用できます。これらの API は、C#、Visual Basic、および C++ に投影され、ネイティブ コードから呼び出すことができるインターフェイスを備えています。これらの API の詳細については、次のトピックを参照してください。

カメラ アプリを開発する際にエミュレーターを使用するときは、次の点に注意してください。

  • エミュレーターで一部の API 呼び出しが期待どおりに動作しない場合があります。最新の詳細情報については、Windows Phone SDK のリリース ノートを確認してください。

  • エミュレーター カメラに送信されるシーンは、ビューファインダーの境界の周りを浮動するボックスです。

ヒントヒント:

開発作業の効率性を高めるには、Windows Phone 8 デバイスでカメラ アプリを開発することをお勧めします。

表示: