情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のゲーム

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

このセクションでは、Windows Phone 8 用のゲームの作成について説明します。Windows Phone 8 では、Direct3D を使用して電話アプリの画面にグラフィックをレンダリングしたり、Microsoft Media Foundation と XAudio2 の API を使用してバックグラウンド オーディオやサウンド効果を再生したりすることができます。

Windows Phone 8 のゲームに適したプロジェクト テンプレートを選択する

Direct3D をアプリに組み込む方法はそれほど多くありません。純粋なネイティブ Direct3D アプリを作成するか、DrawingSurface コントロールと DrawingSurfaceBackgroundGrid コントロールを使用して Direct3D をマネージ XAML ベースのアプリに組み込む方法があります。Windows Phone SDK 8.0 には、これらの各アプリの種類に応じたプロジェクト テンプレートが含まれています。使用するテンプレートにより、アプリで使用できるその他の Windows Phone の機能が決まります。このトピックでは、アプリ用の最適なプロジェクト テンプレートを判断する際に役立つ情報を提供します。

Windows Phone 8 の Direct3D

Windows Phone 8 では、デスクトップで使用できる Direct3D API のサブセットがサポートされています。電話でサポートされている API の動作は、機能レベル 9_3 に準じます。機能レベルとは、さまざまなハードウェア プラットフォーム上での API のサポートと動作を説明するために Direct3D で使用される概念です。このセクションでは、電話アプリでの Direct3D の使用について詳しい情報を示します。具体的な内容としては、API とシェーダーのサポート、デスクトップ プラットフォームとの違い、パフォーマンスの最適化などです。

Windows Phone 8 の XAML & Direct3D アプリ

XAML & Direct3D アプリは、DrawingSurface コントロールを使用して、XAML ベースの UI にインラインで Direct3D コンテンツを表示します。このトピックでは、Windows Phone SDK 8.0 に含まれている XAML & Direct3D アプリのプロジェクト テンプレートについて説明します。

Windows Phone 8 の Direct3D with XAML アプリ

Direct3D with XAML アプリは、DrawingSurfaceBackgroundGrid コントロールを使用し、XAML ベース UI の後ろの画面全体を Direct3D コンテンツで塗りつぶして表示します。このトピックでは、Windows Phone SDK 8.0 に含まれている Direct3D & XAML アプリのプロジェクト テンプレートについて説明します。

チュートリアル: Windows Phone 8 用の Microsoft Media Foundation の使用

Windows Phone 8 は、Microsoft Media Foundation (MF) API のサブセットをサポートしています。このトピックでは、MF API を使用して Direct3D テクスチャにビデオ ストリームをレンダリングし、その後、これをジオメトリにマップして画面に表示する方法を説明します。

Windows Phone 8 のネイティブ オーディオ API

このトピックでは、サウンド効果やゲームの BGM の再生に使用できるネイティブ オーディオ API について説明します。

Windows Phone 8 用の初めての XNA Game Studio 4.0 アプリを作成する方法

Windows Phone SDK 8.0 を使用すると、Windows Phone 8 デバイスと互換性があり、これらのデバイスで実行可能な、Windows Phone OS 7.1 を対象とする XNA ゲームを作成できます。このトピックでは、XNA ベース ゲームの作成について説明します。

表示: