このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のレンズ

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

Windows Phone 8 では、レンズというカメラ アプリを作成できます。レンズは組み込みのカメラ アプリから起動され、すぐにビューファインダー機能を開き、ユーザーが瞬間をキャプチャできるようにします。ただし、すべてのレンズが写真のキャプチャで停止するわけではありません。リッチ メディア レンズと呼ばれる一部のレンズは、写真を表示または編集するための独自のエクスペリエンスを実現します。他に、別のエクスペリエンスへのゲートウェイとしてカメラを使用するレンズもあります。たとえば、バー コード リーダー レンズはカメラを使用してバー コードをスキャンし、ローカル フォルダーから関連するデータを表示できます。レンズのデザインの詳細については、「Windows Phone のレンズ デザイン ガイドライン」を参照してください。

すべてのレンズに共通しているのは、レンズはレンズ機能拡張を使用して、レンズ選択からビューファインダー機能に直接起動する点です。また、レンズは、Microsoft.Devices.PhotoCamera API と PhotoCaptureDevice API の一方または両方を使用して、プログラムによってカメラ センサーにもアクセスします。詳細については、「Windows Phone 8 のレンズ機能拡張」と「Windows Phone 8 の写真のキャプチャ」を参照してください。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

ユーザーがハードウェア シャッター ボタンを押すか、アプリ リストで [カメラ] をタップすると、組み込みのカメラ アプリが起動します。アプリ バーからは、以下の図に示す [レンズ] ボタンが表示されます。

The lens button appears on the camera app bar.

[レンズ] ボタンによりレンズ選択が開き、ここでユーザーはカメラのレンズを選択できます。レンズ選択には、レンズをサポートする Windows Phone ストア のアプリのリストが表示されます。次の図に、レンズ選択と、複数のレンズの例を示します。

use the lens picker page to pick a lens

レンズ選択に表示されているレンズは、標準的なアプリのカテゴリの ストア にも表示されています。レンズは、レンズ ボタンから起動された時点でビューファインダー機能を提供する必要がありますが、アプリでは他の機能も提供できます。たとえば、ユーザーがアプリのリストからアプリを起動した場合はパノラマ コントロールを表示するが、ユーザーがレンズ選択からアプリを起動した場合はビューファインダーが表示される生産性アプリを作成できます。

ユーザーがレンズ選択でレンズをタップした場合、ディープ リンク URI を介して対応するアプリが起動します。ディープ リンク URI は、対応するアプリを対象とし、またアプリがレンズとして起動されることを示す文字列 ViewfinderLaunch を含みます。アプリでディープ リンク URI を使用すると、レンズの起動を認識できます。

レンズを開いた後、ユーザーはハードウェアの [戻る] ボタンをタップすると、組み込みのカメラ アプリに戻ることができます。この一連の操作を次の図に示します。

picture viewer to lens picker to lens back to PV

レンズ選択との統合は、レンズ機能拡張により有効になります。レンズ機能拡張の設定の詳細については、「Windows Phone 8 のレンズ機能拡張」を参照してください。

レンズ機能は、組み込みのカメラからアプリを起動する以上の操作を実現できます。リッチ メディア レンズは、ユーザーがキャプチャした画像により深くさまざまな形でかかわれるように、ローカル フォルダーまたは Web からデータを組み込みます。リッチ メディア レンズは、メディア ライブラリに JPG イメージを保存し、キャプチャした各リッチ メディア アイテムを表現することができます。組み込みのフォト ビューアーからイメージを表示すると、イメージには [キャプチャ済み] キャプションのマークが付きます。その後、アプリ バーから、ユーザーは [開く] リンクをタップするとリッチ メディア機能を再起動できます。たとえば、[開く] リンクでリッチ メディア アイテムを変更して新しいコピーを保存することをユーザーに許可したり、[開く] リンクでリッチ メディア アイテムを関心のある方法で開くことをユーザーに許可したりすることができます。

以下の図に、[キャプチャ済み] キャプションと [開く] リンクを示します。詳細については、「Windows Phone 8 のリッチ メディア機能拡張」を参照してください。

Extending the photo viewer open link.

リッチ メディア レンズが従来のカメラ アプリと異なるのは、イメージに関する追加情報をアプリのローカル フォルダーに保存するためです。たとえば、アプリで独自の編集操作を提供する場合、ユーザーが編集を "最初からやり直す" ことができるように、アプリで元のイメージのコピーを保存できます。別の例では、メディア ライブラリに保存される "最終的な" イメージの作成に使用される、追加でキャプチャされるイメージを保存するために、アプリでローカル フォルダーを使用する場合があります。

メディア ライブラリのイメージを識別するには、GetPath() という名前の Picture クラスの拡張メソッドを使用して、ファイル パスを取得する方法があります。GetPath を使用するには、Microsoft.Xna.Framework.Media.PhoneExtensions へのディレクティブを追加します。

重要:重要:

リッチ メディア アプリのページですべてのリッチ メディア アイテムを表示する場合、アプリがローカル フォルダー内で保存するファイル パスを使用してアイテムを列挙します。リッチ メディア アイテムを列挙する目的に、メディア ライブラリの API を使用しないでください。ユーザーはいつでもメディア ライブラリからイメージを削除できます。アプリでは、メディア ライブラリに特定のイメージが存在するとは想定しないでください。

レンズ アプリを作成する前には、必ずレンズのデザインのガイドラインを確認してください。ユーザーには、レンズの動作に関する想定があります。ガイドラインは、レンズでユーザーの操作を一貫させるのに役立ちます。詳細については、「Windows Phone のレンズ デザイン ガイドライン」を参照してください。

レンズ アプリを作成するには、以下の手順を実行します。すべての Windows Phone アプリと同様に、新しいプロジェクトを開始する前には、必ず該当する証明書の要件を確認してください。レンズに関連する要件については、「Windows Phone の特定のアプリの種類に関する追加の要件」を参照してください。

レンズ アプリを作成するには

  1. カメラとメディア ライブラリにアクセスするために必要な機能を指定します。また、レンズに関するカメラの要件を指定することも推奨します。機能の完全な一覧については、「Windows Phone 8 のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。通常は、最低でも以下の要件が必要です。

    • ID_CAP_ISV_CAMERA – 電話の前面および背面のカメラにアクセスするために必要な機能。

    • ID_CAP_MEDIALIB_PHOTO – メディア ライブラリにアクセスするために必要な機能。

  2. アプリにレンズ機能拡張を組み込みます。レンズ機能拡張を登録すると、レンズ選択にレンズ アプリが表示されます。レンズ選択から起動した場合には、アプリは必ずビューファインダー機能から開くようにする必要があります。また、レンズ選択用に特別に新しいアイコンを作成する必要もあります。詳細については、「Windows Phone 8 のレンズ機能拡張」を参照してください。

  3. (オプション) レンズで、レンズがキャプチャしたイメージにリッチ メディア機能を提供する場合は、リッチ メディア機能拡張を組み込みます。ただし、一般的な写真編集にはこの種類の機能拡張を使用しないでください (この場合は編集またはアプリ ピッカーを拡張します)。リッチ メディア機能拡張を登録すると、アプリでは、組み込みの写真ビューアーの [開く] リンクからリッチ メディア機能拡張を起動できます。ユーザーが表示しているイメージに対応するリッチ メディア アイテムを開くのは、アプリの役割です。ユーザーがメディア ライブラリでイメージを再選択するようにはしないでください。詳細については、「Windows Phone 8 のリッチ メディア機能拡張」を参照してください。

ヒントヒント:

レンズ アプリの例については、「基本的なレンズのサンプル」を参照してください。

表示:
© 2015 Microsoft