情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のアプリ機能とハードウェア要件

2014/06/18

アプリ マニフェストに記述する機能とハードウェア要件は、ユーザーに影響を及ぼすエントリです。アプリで使用されている機能をユーザーに正しく告知するため、マニフェストで該当する機能をマークする必要があります。適切な機能をマークしない場合、ユーザーの電話にインストールされたアプリが予期せずに終了することがあります。ハードウェア要件を指定することによって、アプリを実行可能なハードウェアを使用しているユーザーに限り、Windows Phone ストア でそのアプリが表示され、ダウンロードとインストールが可能になります。このような理由から、アプリの機能とハードウェア要件を把握し、アプリ マニフェストを正しくマークすることが重要です。このトピックでは、機能とハードウェア要件について詳しく説明します。アプリ マニフェスト ファイルの形式と、マニフェスト エディターを使用して機能および要件を指定する方法の詳細については、「Windows Phone 8 用のアプリ マニフェスト ファイル」を参照してください。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

マニフェスト ファイル内の Capability 要素は、アプリをインストールするとき、そのアプリで使用されている特殊なソフトウェア機能についてユーザーに通知するためのエントリです。開発プロセス中にアプリを Windows Phone Emulator でテストする時点で、ロケーション サービスやデバイス ID などに関連する API がアプリで使用されている場合、対応する機能が自動的にアプリに許可されます。ただし、電話でアプリが正常に機能するためには、WMAppManifest.xml ファイルを変更して、アプリに必要な機能の一覧を正しく指定する必要があります。この理由から、マニフェスト ファイルを適切にマークしたうえで、アプリを ストア に申請する必要があります。アプリに含まれる機能を正しく検出してマークする方法については、「Windows Phone OS 8 のアプリ機能を判断する方法」および「マニフェスト エディターの使用法」を参照してください。アプリ マニフェストに記述した機能は、ユーザーが Windows Phone ストア でアプリを購入のために表示したときに、ユーザーに開示されます。ロケーション サービスなど、一部の機能は目立つように表示されます。ユーザーの位置情報にアクセスするアプリであることを、ユーザーにはっきりと認識させるためです。

次の表に、指定できるソフトウェア要件と、その要件に関連するドキュメント、およびその機能に関連するドキュメントを示します。

機能

バージョン

説明

ID_CAP_APPOINTMENTS

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

予定データにアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 のカレンダー データにアクセスする方法

ID_CAP_CONTACTS

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

連絡先データにアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 の連絡先データにアクセスする方法

ID_CAP_GAMERSERVICES

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

Xbox LIVE サービスにアクセスできるようにします。アプリが Xbox とデータを共有する可能性があるため、この機能を開示する必要があります。

ID_CAP_IDENTITY_DEVICE

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

一意のデバイス ID、製造元名、モデル名など、デバイス固有の情報にアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 のデバイス状態

ID_CAP_IDENTITY_USER

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

アプリが匿名の Microsoft アカウントを使用し、ユーザーを識別できるようにします。

ID_CAP_ISV_CAMERA

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

背面の (プライマリ) カメラまたは前面のカメラにアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 のカメラと写真

ID_CAP_LOCATION

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

ロケーション サービスにアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 の位置情報

ID_CAP_MAP

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

マップ機能にアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 のマップとナビゲーション

ID_CAP_MEDIALIB

(Windows Phone OS 7.1 のみ)。Windows Phone 8 アプリは、より固有性の高いメディア ライブラリ機能を使用する必要があります。

メディア ライブラリにアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 の [ミュージック+ビデオ] ハブと統合する方法

ID_CAP_MEDIALIB_AUDIO

Windows Phone 8

メディア ライブラリ内のオーディオ アイテム (オーディオ アイテム一覧と、タイトルや説明などオーディオ アイテムのプロパティを含む) への読み取り専用アクセスを可能にします。さらに、楽曲を追加または削除する機能を提供します。削除操作では、ユーザーに対して追加のプロンプトが表示されます。

Windows Phone 8 の [ミュージック+ビデオ] ハブと統合する方法

ID_CAP_MEDIALIB_PHOTO

Windows Phone 8

メディア ライブラリ内の写真および写真のプロパティ (カテゴリなど) への読み取り専用アクセスを可能にします。さらに、[カメラ ロール] フォルダーと [保存した写真] フォルダーに写真を保存する機能をアプリに提供します。

Windows Phone 8 のカメラと写真

ID_CAP_MEDIALIB_PLAYBACK

Windows Phone 8

現在再生中のメディア アイテムの読み取り/書き込みアクセスを可能にします。さらに、[履歴]、[お気に入り]、[新規] コレクションにメディア アイテムを追加する機能をアプリに提供します。また、MediaElement コントロールにより、アプリの分離ストレージからのバックグラウンド再生およびフォアグラウンド再生もサポートします。

Windows Phone 8 の [ミュージック+ビデオ] ハブと統合する方法

ID_CAP_MICROPHONE

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

電話のマイクにアクセスできるようにします。この機能のあるアプリは、マイクで録音中であることを視覚的に表示せずに録音が可能です。

Windows Phone 8 アプリのマイクにアクセスする方法

ID_CAP_NETWORKING

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

ネットワーク サービスにアクセスできるようにします。端末のローミング時にアプリの課金が発生することがあるため、この機能を開示する必要があります。

重要:重要:
Visual Studio から Windows Phone または Windows Phone Emulator にアプリを展開する場合、ネットワーク機能が自動的に含まれます。アプリにネットワーク機能が必要な場合は、アプリを ストア に申請するときに、アプリのマニフェスト ファイルでネットワーク機能を指定する必要があります。ネットワーク機能を指定しない場合、ユーザーの電話にアプリをインストールしたときにエラーが発生する可能性があります。

Windows Phone 8 の通信

ID_CAP_PHONEDIALER

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

PhoneCallTask API を使用できるようにします。

ID_CAP_PROXIMITY

Windows Phone 8

近距離通信 (NFC) サービスにアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 の近接通信

ID_CAP_PUSH_NOTIFICATION

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

インターネット サービスからのプッシュ通知を受信できるようにします。アプリの使用によってローミング料金が発生することがあるため、この機能を開示する必要があります。

Windows Phone 8 のプッシュ通知の送信

ID_CAP_REMOVABLE_STORAGE

Windows Phone 8

SD カードなど、外部の保存スペース コンポーネント上のデータ保存スペースにアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 のデータ

ID_CAP_RINGTONE_ADD

Windows Phone 8

電話に着信音を追加できるようにします。

Windows Phone 8 の着信音の保存タスクを使用する方法

ID_CAP_SENSORS

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

任意の Windows Phone センサーにアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 のセンサー

ID_CAP_SPEECH_RECOGNITION

Windows Phone 8

音声認識サービスと音声合成 (TTS) サービスにアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 の音声

ID_CAP_VOIP

Windows Phone 8

Voice over IP (VoIP) 通話サービスにアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 用の VoIP アプリ

ID_CAP_WALLET

Windows Phone 8

Wallet との対話 (取引、会員カード、支払い手段の保存、更新、削除など) にアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 のウォレット

ID_CAP_WALLET_PAYMENTINSTRUMENTS

Windows Phone 8

Wallet の支払い手段 (クレジット カードやデビット カードなど) にアクセスできるようにします。セキュア NFC トランザクションのセキュア要素へのアクセスは許可しません。

Windows Phone 8 のウォレット

ID_CAP_WALLET_SECUREELEMENT

Windows Phone 8

セキュア NFC トランザクションの Wallet セキュア要素にアクセスできるようにします。

Windows Phone 8 のウォレット

ID_CAP_WEBBROWSERCOMPONENT

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone 8

Web フラウザー コンポーネントにアクセスできるようにします。アプリがスクリプトを使用することがあり、それによってセキュリティ リスクが生じる可能性があるため、この機能を開示する必要があります。

Windows Phone 8 の WebBrowser コントロール

ID_HW_FRONTCAMERA

(Windows Phone OS 7.1 のみ)。

Windows Phone 8 アプリの場合は、ID_REQ_FRONTCAMERA ハードウェア要件を使用してください。

前面のカメラを必要とする、何らかの機能がアプリで使用されていることを表します。電話の前面にカメラが搭載されていないユーザーに警告する目的でのみ使用します。

Windows Phone 8 のカメラと写真

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 のみ

実用機能は、アプリ マニフェスト ファイルの省略可能なエントリです。このエントリは、電話のハードウェア機能のうち、実際に存在するが自動的に許可されるわけではない機能をアプリが要求していることを示します。

実用機能

バージョン

説明

ID_FUNCCAP_EXTEND_MEM

Windows Phone 8

低メモリ デバイスを除外しません (すべてのデバイスにインストールされます) が、既定の低レベルの代わりに、より高レベルのメモリの割り当てが許可されます。この実用機能を要求すると、次に示すように、電話の種類によって最大のメモリ制限がアプリに適用されます。低メモリの電話では 180 MB です。メモリ > 1 GB の電話では 380 MB です。

Windows Phone 8 用のアプリのメモリ制限

requirement 要素は、アプリ マニフェスト ファイルの省略可能なエントリです。ハードウェア要件を指定し、アプリを実行するために必要なハードウェアを備える電話を所有しているユーザーに限定してアプリを公開する目的で使用します。アプリが正常に機能するために特定のハードウェアが必要な場合は、その要件をアプリ マニフェスト ファイルに追加したうえで、ストア にアプリを申請する必要があります。その結果、必要なハードウェアを使用しているユーザーに限り、アプリが表示され、アプリの購入、ダウンロード、インストールが可能になります。ハードウェア要件を正しくマークしないと、アプリが低く評価される結果になることがあります。アプリを購入しても、ユーザーの電話でアプリが正常に機能しない可能性があるからです。適切なハードウェア要件をマークする方法の詳細については、「Windows Phone 8 用のアプリ マニフェスト ファイル」を参照してください。

次の表に、指定できるハードウェア要件と、その要件に関連するドキュメント、およびその機能に関連するドキュメントを示します。

必要条件

バージョン

説明

ID_REQ_MEMORY_90

Windows Phone OS 7.1

Windows Phone OS 7.1 の場合、このアプリを実行するには最低 90 MB のメモリが必要であり、低メモリ デバイス には適さないことを示します。

Windows Phone SDK 7.1 を使用する場合、アプリ マニフェストにこの要件が含まれていても、Visual Studio から 256 MB の Windows Phone Emulator や制約のある 低メモリ デバイス へのアプリの展開が妨げられることはありません。

低メモリの電話向けの Windows Phone 8 用のアプリ開発

ID_REQ_MEMORY_300

Windows Phone 8

Windows Phone 8 の場合、このアプリを実行するには最低 180 MB のメモリが必要であり、低メモリ デバイス には適さないことを示します。

Windows Phone 8 用のアプリのメモリ制限

ID_REQ_FRONTCAMERA

Windows Phone 8

アプリが正常に機能するには、前面のカメラが必要であることを表します。この必要条件を追加した場合、前面にカメラを搭載していない電話にアプリがインストールされることはありません。

Windows Phone 8 の基本カメラ アプリを作成する方法

ID_REQ_REARCAMERA

Windows Phone 8

アプリが正常に機能するには、背面のカメラが必要であることを表します。このオプションを選択した場合、背面にカメラを搭載していない電話にアプリかインストールされることはありません。

Windows Phone 8 の基本カメラ アプリを作成する方法

ID_REQ_NFC

Windows Phone 8

アプリが正常に機能するには、近距離通信 (NFC) を有効にするチップが電話に搭載されている必要があることを表します。このオプションを選択した場合、NFC チップを搭載していない電話にアプリがインストールされることはありません。

Windows Phone 8 の近接通信

ID_REQ_MAGNETOMETER

Windows Phone 8

アプリが正常に機能するには、電話にコンパスが搭載されている必要があることを表します。このオプションを選択した場合、コンパスを搭載していない電話にアプリがインストールされることはありません。

Windows Phone 8 のコンパス センサーからデータを取得する方法

ID_REQ_GYROSCOPE

Windows Phone 8

アプリが正常に機能するには、電話にジャイロスコープが搭載されている必要があることを表します。このオプションを選択した場合、ジャイロスコープを搭載していない電話にアプリがインストールされることはありません。

Windows Phone 8 のジャイロスコープ センサーからデータを取得する方法

表示: