WorkflowDescription.ActivationDescription プロパティ

このワークフローのインスタンスをどのようにアクティブ化できるかを指定します

名前空間:  Microsoft.Workflow.Client
アセンブリ:  Microsoft.Workflow.Client (Microsoft.Workflow.Client.dll)

[DataMemberAttribute(Name = "ActivationDefinition", EmitDefaultValue = false)]
public WorkflowActivationDescription ActivationDescription { get; set; }

プロパティ値

型: Microsoft.Workflow.Client.WorkflowActivationDescription
このワークフローのインスタンスをどのようにアクティブ化できるかを指定するための基本クラス
表示: