エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Workflow Manager 1.0 でのメッセージング

ワークフローが長期間でも短期間でも、プロセスのインスタンスの開始や入力待ちの既存のインスタンスの再開は、一般に、メッセージベースの相関関係とアクティブ化に依存します。これらのワークフローは、通常、RESTful Web サービス呼び出しを組織化するためにも使用されます。この操作は、追加設定の必要のない機能を使用して実行できます。さらに、ワークフロー マネージャー 1.0 は Service Bus の仲介型メッセージング機能を利用して、これらのワークフローが、ワークフロー インスタンスの状態に合致するメッセージを送受信できるようにしています。次のセクションで、ワークフロー マネージャー 1.0 がさまざまなメッセージング シナリオやパターンを使用できるようにする方法について説明します。

このセクションの内容

受信メッセージ
ワークフローを受信メッセージにサブスクライブする方法について説明します。

送信メッセージ
このトピックでは、一方向送信メッセージ、双方向要求/応答メッセージの使用方法について説明します。

メッセージ配信の保証と安全な配信
このトピックでは、分散トランザクション コーディネーターを使用せずにメッセージの配信を保証する方法について説明します。


Workflow Manager 1.0 MSDN Community Forum


ビルド日:

2013-10-23

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft