動的な値について

 

DynamicValue では、データ構造を作成、格納、および使用することができます。このデータは再帰可能です。つまり、DynamicValue は他の DynamicValues を含むことができます。DynamicValue の合成規則は非常に単純です。そのプロパティは、再帰プロパティ バッグまたは JSON シリアル化形式と同じように、プリミティブ、配列、または他の DynamicValues とすることができます。DynamicValue は複合データのコンテナーおよび操作メカニズムの両方に対して、WF 用のファースト クラスのバインディング サーフェスを提供します。このセクションのトピックでは、DynamicValue を使用して、ワークフロー内で複雑なデータ型を操作する方法について説明します。

このセクションの内容

ワークフローの複雑なデータの操作

このトピックでは、DynamicValue 型の主要な機能について説明します。

表示: