Workflow Manager 1.0 のサンプル

 

Workflow Manager 1.0 には、製品のさまざまな機能を紹介するための多くのサンプルが用意されています。これらは、基本的な機能を説明することを目的としているため、運用環境用のコードでの直接の使用には適していません。

System_CAPS_noteメモ

以下のサンプルの多くは Visual Studio 2012 用ワークフロー マネージャー ツール 1.0 に依存しています。Visual Studio 2012 用ワークフロー マネージャー ツール 1.0 を使用してワークフローの作成を始める方法については、「Workflow ツールの使用」のサンプルを参照してください。

ワークフローでのカスタム アクティビティの定義と使用

このサンプルは、カスタム アクティビティを宣言型で作成し、ワークフローで使用する方法を示します。

ワークフローでのカスタム コード アクティビティと型の定義と使用

このサンプルは、カスタム コード アクティビティと型を作成し、ワークフローで使用する方法を示します。

新しいバージョンのワークフローまたはカスタム アクティビティの追加

このサンプルは、ワークフローまたはカスタム アクティビティの新しいバージョンを追加する方法を示します。

ワークフロー エディター

このサンプルを使用して、再ホストされたワークフロー デザイナーでアクティビティとワークフローを作成し、ワークフロー スコープ階層内にそれらを発行することができます。

DynamicValue を使用したワークフローでの複雑なデータの操作

このサンプルは、DynamicValue の使用方法を示します。

DynamicValue パス エバリュエーター

このサンプルを使用して、JSON を返す REST サービスのエンドポイントを入力し、DynamicValue と返されるデータのパスを操作して詳しく理解することができます。

ワークフローでのパブリッシュ/サブスクライブ メッセージングの利用

このサンプルは、メッセージング アクティビティを使用し、ワークフロー通知を使用してパブリッシュ/サブスクライブ メッセージング パターンを実装するワークフローを作成する方法を示します。

ワークフローからの HTTP 呼び出しの実行

このサンプルは、HTTP アクティビティを使用してワークフローから HTTP 呼び出しを実行する方法を示します。

ワークフロー構成のアクセス

このサンプルは、WorkflowConfiguration を使用して、ワークフローの実行中に使用される構成値を設定する方法を示します。

ワークフローでの外部変数の使用

このサンプルは、ExternalVariables と UserStatus をワークフローで使用する方法を示します。

式変換テスター

このサンプルを使用して、Visual Basic の式を入力し、同等の変換後のワークフローを表示することができます。

ワークフロー リソース ブラウザー

このサンプルを使用して、ワークフロー サーバーのスコープの階層を参照し、現在選択されているスコープの下にあるアクティビティ、ワークフロー、およびインスタンスに関する情報を表示することができます。

コミュニティの追加

追加
表示: