Workflow Manager 1.0 のアクティビティの概要

 

Workflow Manager 1.0 では、次の 2 つのカテゴリに分類されるアクティビティが提供されます。式およびデータ型を操作するアクティビティと、ワークフロー アプリケーションのメッセージング、通信、およびロジック作成のためのアクティビティ。最初のカテゴリのアクティビティは、信頼済みサーフェスから取得されたアクティビティで構成されるアクティビティ ツリーに式が変換されるときにバックグラウンドで最も頻繁に使用されます。2 つ目のカテゴリのアクティビティは、ワークフローを構築するために直接使用されます。このセクションでは、Workflow Manager 1.0 の次のカテゴリのアクティビティの概要およびそれらを使用してワークフローを構築する方法について説明します。

表示: