Workflow Manager 1.0 の動的な値

 

公開日: 2016年7月

次のアクティビティは、動的な値を操作するためのサポートを提供します。 DynamicValue の詳細については、「動的な値について」を参照してください。

アクティビティ

説明

引数

BuildDynamicValue

パスと値のセットから DynamicValue を作成します。 渡された DynamicValue が null の場合は、DynamicValue を作成し、初期化します。 null でない場合は、新しいプロパティを追加します。

InArgument<IDictionary<string,InArgument>> Properties

InOutArgument<DynamicValue> Result

ContainsDynamicValueProperty

プロパティが DynamicValue に含まれている場合に true を返します

InArgument<DynamicValue> Source

InArgument<DynamicValue> PropertyName

OutArgument<bool> Result

CopyDynamicValue

DynamicValue から別の DynamicValue にプロパティをコピーします

InArgument<IDictionary<string,string>> PropertyMapping

InArgument<DynamicValue> Source

OutArgument<DynamicValue> Result

CountDynamicValueItems

DynamicValue の項目数を返します

InArgument<DynamicValue> Source

OutArgument<int> Result

CreateDynamicValue

実行時に渡すことができるパスを使用して 1 つの DynamicValue を作成します

InArgument<string> PropertyName

InArgument PropertyValue

OutArgument<DynamicValue> Result

CreateDynamicValueFromMessage

SOAP メッセージから DynamicValue を作成します

InArgument<DynamicValue> Headers

InArgument<XElement> Value

InArgument<MessageVersion> Version

OutArgument<DynamicValue> Result

CreateMessageFromDynamicValue

DynamicValue から SOAP メッセージを作成します

InArgument<string> Action

InArgument<DynamicValue> Headers

InArgument<DynamicValue> Body

InArgument<MessageVersion> Version

OutArgument<XElement> Result

CreateUriFromDynamicValue

Creates a URI from a DynamicValue

InArgument<DynamicValue> Options

OutArgument<string> Result

GetDynamicValueProperties

DynamicValue からプロパティを取得します

InArgument<DynamicValue> Source

InArgument<IDictionary<string,OutArgument>> Properties

GetDynamicValueProperty<T>

DynamicValue の 1 つのプロパティを取得します

InArgument<DynamicValue> Source

InArgument<string> PropertyName

OutArgument<T> Result

ParseDynamicValue

Json を DynamicValue に解析します

InArgument<string> Json

OutArgument<DynamicValue> Result

表示: