Get-WFScope

Get-WFScope

このコマンドレットは、Workflow スコープに関する情報をスコープ パスに基づいて返します。

構文

Parameter Set: Default
Get-WFScope -ScopeUri <Uri> [-Credential <ICredentials> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

スコープ情報に含まれるものには、スコープの説明、スコープのセキュリティ設定、スコープ パス、およびスコープ ステータスがあり、スコープにトピックがあるかどうかの区別もあります。

パラメーター

-Credential<ICredentials>

ワークフロー マネージャー 1.0 サービスへの接続時に使用する資格情報を指定します。指定しない場合は、現在ログインしているユーザーの Windows 資格情報がサービスへの接続に使用されます。


Aliases

なし

必須/オプション

false

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-ScopeUri<Uri>

ワークフロー マネージャー 1.0 サービスのスコープ URI。


Aliases

なし

必須/オプション

true

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは共通のパラメーターをサポートしています (-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、および -OutVariable)。詳細については、次のトピックを参照してください。 about_CommonParameters

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットが出力するオブジェクトの型です。

使用例

例 1

スコープ パスに基づいて Workflow スコープに関する情報を返します。


PS C:\> Get-WFScope -ScopeUri https://server/scope -Credential Get-WFWindowsCredential

Workflow Manager 1.0 MSDN Community Forum

コミュニティの追加

追加
表示: