情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

オーディオ/ビデオの再生中に表示をオンのままにする方法 (XAML)

[ この記事は、Windows ランタイム アプリを作成する Windows 8.x および Windows Phone 8.x 開発者を対象としています。Windows 10 向けの開発を行っている場合は、「最新のドキュメント」をご覧ください]

DisplayRequest クラスを使って、ローカル ビデオまたはストリーミング ビデオの再生中に表示をオンのままにする方法について説明します。 通常、Windows ランタイム アプリが実行中のデバイスでは、ユーザーがいないときはバッテリーを節約するために画面が暗くなり、最終的には電源がオフになりますが、ビデオ アプリでは、ユーザーがビデオを見ることができるように画面をオンのままにしておく必要があります。DisplayRequest クラスを使うと、ユーザーがビデオを見られるように画面をオンのままにするよう Windows に指示することができます。

完全なメディア再生のサンプルで実際にこの機能を確認するには、「メディア再生の概要」を参照してください。

理解しておく必要があること

テクノロジ

必要条件

手順

ステップ 1: DisplayRequest オブジェクトを作成する

DisplayRequest グローバル変数を作成します。null に初期化します。



// Create this variable at a global scope. Set it to null.
private DisplayRequest dispRequest = null;

ステップ 2: ビデオの再生を開始する直前に DisplayRequest をアクティブ化する

requestActive を呼び出して、アプリで表示をオンのままにする必要があることを Windows に通知します。

次の例では、ビデオの再生を開始する前に要求をアクティブ化しています。


public void StartVideoPlayback()
{
    if (dispRequest == null) 
    {
        
        // Activate a display-required request. If successful, the screen is 
        // guaranteed not to turn off automatically due to user inactivity.
        dispRequest = new DisplayRequest();
        dispRequest.RequestActive();
        
        rootPage.NotifyUser("Display request activated",
                        NotifyType.StatusMessage);
        
        
        // Insert your own code here to start the video.
        
    }
}

ステップ 3: ビデオの再生が停止または一時停止したときに DisplayRequest を非アクティブ化する

ビデオの再生が再生エラーによって停止、一時停止、中断したときには必ず、requestRelease を呼び出して表示要求を解放します。アプリにアクティブな表示要求がなくなった場合、Windows は、デバイスが使われていないときには表示を暗くし、最終的には電源をオフにしてバッテリを節約します。

次の例では、要求を非アクティブ化しています。



public void StopVideoPlayback()
{
    // Insert your own code here to stop the video.
    
    if (dispRequest != null)
    {
        
        // Deactivate the display request and set the var to null.
        dispRequest.RequestRelease();
        dispRequest = null;
        
        rootPage.NotifyUser("Display request released",
                            NotifyType.StatusMessage);
        
    }
}

注釈

  Windows は、アプリが画面から消されると自動的にアプリのアクティブな表示要求を非アクティブ化し、アプリがフォアグラウンドに戻ると再びアクティブ化します。
 

この API を使うと、GPS アプリで指示を出しているときに画面をオンのままにすることもできます。この場合は、ビデオの再生イベントをナビゲーション イベントに置き換えます。

類似のコードを関数のコンテキストで確認するには、電源状態の表示のサンプルをダウンロードしてください。

関連トピック

クイック スタート: ビデオとオーディオ
電源状態の表示のサンプル
メディア再生の概要

 

 

表示: