エクスポート (0) 印刷
すべて展開

開発ページ、プロジェクト デザイナー (Azure ツール)

更新日: 2015年5月

[プロジェクト デザイナー][開発] ページから発行、実行、デバッグおよびパッケージ検証の設定を指定できます。

構成
このコントロールの値をこのページから変更することはできません。

プラットフォーム
このコントロールの値をこのページから変更することはできません。

これらの設定は、アプリケーションを Azure に発行するときに適用されます。

既存の配置を削除する前にプロンプトで確認します
この設定が true に設定されている場合は、その配置が配置済みのアプリケーションを削除する場合には、開始後に配置をキャンセルすることができます。

アプリケーションを実行またはデバッグするときに、これらの設定が適用されます。

Microsoft Azure デバッグ環境のダイアログの表示
この設定が true に設定されている場合は、アプリケーションをデバッグするためにエミュレーション環境が設定されている間、ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスは、エミュレーターとデバッガーが構成されている間、進捗状況を表示します。このダイアログ ボックスから操作をキャンセルし、ダイアログ ボックスを非表示にするチェック ボックスをオンにすることができます。非表示にする場合は、Visual Studio ウィンドウの下部の近くのステータス バーでステータス情報を引き続き参照できます。

サービスの構成
このコントロールから、Azure アプリケーションの構成設定を指定できます。これらの値は、サービスの構成ファイル (.cscfg ファイル) に対応し、既定でローカルまたはクラウドを指定できます。ローカル サービスの構成は、Azure の環境をシミュレートするエミュレーターと共に、ローカル コンピューター上でアプリケーションを実行するときに使用されます。Azure の実際の環境でアプリケーションを実行するとき、クラウド サービスの構成が使用されます。追加のサービスの構成を定義する場合は、オプションとしてこのコントロールに表示されます。名前を変更したり、独自のサービスの構成を定義する方法については、「方法:サービス構成およびプロファイルを管理する」を参照してください。

Microsoft Azure ストレージ エミュレーターの起動
このコントロールから、このプロジェクトを実行するときにストレージ エミュレーターを起動するかどうかを指定できます。この設定が false に設定され、アプリケーションがストレージ サービスを必要とする場合は、そのアプリケーションがまだ実行されていない場合はストレージ エミュレーターを手動で開始する必要があります。詳細については、「Azure ストレージ サービスへのアクセス」を参照してください。Windows タスク バーで Azure アイコンをポイントするか、または Windows タスク マネージャーの DSSQLService.exe プロセスを確認することによって、ストレージ エミュレーターが実行されているかどうかを判断することができます。

Web プロジェクト ポートの使用
この設定は、IIS Express を使用してローカルで実行しているときにのみ適用されます。true に設定した場合、使用されるポートは Web ロールのプロパティの [Web] タブにある [プロジェクトの URL] 設定によって決まります。false に設定した場合、プロジェクトを実行するたびにポートが変更される可能性があります。

これらの設定は、パッケージが検証されるときに適用されます。

警告をエラーとして扱う
このコントロールから、パッケージが検証されたときに 1 つ以上の警告が発生した場合でも、アプリケーションを配置するかどうかを指定できます。これらの警告には WAT で始まるコードがあります。この設定は、コンパイラ警告など他の警告には関係ありません。詳細については、「パッケージの検証警告およびエラーのトラブルシューティング」を参照してください。

関連項目

表示:
© 2015 Microsoft