エクスポート (0) 印刷
すべて展開

占有ユニットの種類の更新とエンコーディング RU の拡大

更新日: 2015年2月

Media Services アカウントには、エンコード ジョブを処理する速度を決定するReserved Unit Typeが関連付けられています。次の占有ユニットの種類から選択することができます。BasicStandard、または Premium。詳細については、エンコーディング占有ユニットの種類に関するドキュメントを参照してください。

占有ユニットの種類を指定するだけでなく、アカウントにエンコーディング占有ユニット (RU) をプロビジョニングするように指定できます。プロビジョニングするエンコーディング占有ユニットの数によって、指定したアカウントで同時に処理できるメディア タスク数が決まります。たとえば、アカウントに 5 つの予約単位がある場合、処理されるタスクがあれば 5 つのメディア タスクを同時に実行します。残りのタスクはキューに待機し、実行中のタスクが終了するとすぐに順次処理されます。アカウントが付与されている予約単位を持たない場合、タスクは順次処理されます。この場合、タスクが終了してから次に開始されるまでの待機時間は、システムのリソースの可用性に依存します。

既定で、各 Media Services アカウントは最大 25 エンコード ユニットまで拡張できます。大きい制限を要求する場合は、「How to request a higher limit for updatable quotas」を参照してください。

24 時間以内に指定された最も多いユニット数がコストの計算に使用されます。

次のコード例では、Media Services .NET SDK を使用して占有ユニットの種類または占有ユニットの数を更新する方法を示します。「Media Services の規模の設定方法」または「EncodingReservedUnitType」の REST API で説明するように、Azure 管理ポータルを使用することもできます。

以下のトピックでは、Media Services 開発のためのセットアップ方法について説明します。

  1. Setup for Development on the Media Services SDK for .NET

  2. Media Services SDK による Media Services への接続

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Configuration;
using System.IO;
using System.Linq;
using System.Net;
using System.Text;
using Microsoft.WindowsAzure.MediaServices.Client;

namespace UpdateEncodingReservedUnit
{
    class Program
    {
        // Read values from the App.config file.
        private static readonly string _mediaServicesAccountName =
            ConfigurationManager.AppSettings["MediaServicesAccountName"];
        private static readonly string _mediaServicesAccountKey =
            ConfigurationManager.AppSettings["MediaServicesAccountKey"];

        // Field for service context.
        private static CloudMediaContext _context = null;
        private static MediaServicesCredentials _cachedCredentials = null;
        
        static void Main(string[] args)
        {
            // Create and cache the Media Services credentials in a static class variable.
            _cachedCredentials = new MediaServicesCredentials(
                            _mediaServicesAccountName,
                            _mediaServicesAccountKey);
            // Used the chached credentials to create CloudMediaContext.
            _context = new CloudMediaContext(_cachedCredentials);


            IEncodingReservedUnit encodingBasicReservedUnit = _context.EncodingReservedUnits.FirstOrDefault();
            encodingBasicReservedUnit.ReservedUnitType = ReservedUnitType.Basic;
            encodingBasicReservedUnit.Update();
            Console.WriteLine("Reserved Unit Type: {0}", encodingBasicReservedUnit.ReservedUnitType);

            encodingBasicReservedUnit.CurrentReservedUnits = 2;
            encodingBasicReservedUnit.Update();

            Console.WriteLine("Number of reserved units: {0}", encodingBasicReservedUnit.CurrentReservedUnits);
        }
    }
}

表示:
© 2015 Microsoft