このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

作業

更新日: 2015年6月

Task は Asset に対する作業の個々の操作で、Job で定義されます。

このトピックは、Task エンティティを概説し、また Media Services REST API でさまざまな操作を実行する方法を示します。

Important重要
Media Services REST API を使用する場合、次の点に注意してください。

  • Media Services でエンティティにアクセスする場合、HTTP 要求に固有のヘッダー フィールドと値を設定する必要があります。詳細については、「Setup for Media Services REST API Development」を参照してください。

  • https://media.windows.net への接続に成功すると、別の Media Services URI を指定する 301 リダイレクトを受け取ります。続いて、新しい URI への呼び出しを行う必要があります。

    詳細については、「Connecting to Media Services with the Media Services REST API」を参照してください。

 

プロパティ 説明

Id

読み取り専用です。作成時の Media Services によって設定されます。

Edm.String

一意の ID。

Configuration

省略可能。

Edm.String

エンコードや保護など、Task で実行する処理アクションを定義するプリセット。最大長は 100000 です。

EndTime

読み取り専用です。Media Services によって設定されます。

Edm.DateTime

タスクが完了、失敗、または取り消された日時。

ErrorDetails

読み取り専用です。Media Services によって設定されます。

Collection(ErrorDetail)

Task の実行時に発生するエラーを説明するコードと詳細メッセージのコレクション。

HistoricalEvents

読み取り専用です。Media Services によって設定されます。

Collection(TaskHistoricalEvent)

タスクの実行に関連付けられるイベントを記述する TaskHistoricalEvent オブジェクトのコレクション。

MediaProcessorId

必須。

Edm.String

Task で使用される MediaProcessor の ID。/API/MediaProcessors で GET 要求を実行して、有効な値を取得できます。

Name

省略可能。

Edm.String

省略可能。Task のフレンドリ名。最大長は 4000 です。

PerfMessage

読み取り専用です。Media Services によって設定されます。

Edm.String

Task に関するパフォーマンス情報を格納します。

Priority

省略可能。

Edm.Int32

タスクの優先度。値が大きいほど、他のタスクと比較して優先度が高いことを示します。. たとえば、Priority = 40 のタスクは Priority = 30 のタスクの前に処理されます。上限は MaxInt と等しくなります。

Progress

読み取り専用です。Media Services によって設定されます。

Edm.Double

0 ~ 100% を示す値。

RunningDuration

読み取り専用です。Media Services によって設定されます。

Edm.Double

Task の経過時間 (秒単位)。

StartTime

読み取り専用です。Media Services によって設定されます。

Edm.DateTime

Task が開始した日時。

State

読み取り専用です。Media Services によって設定されます。

Edm.Int32

Task の状態。有効な値は次のとおりです。

  • None = 0

  • Active = 1

  • Running = 2

  • Completed = 3

TaskBody

必須。

Edm.String

Task の実行対象である入力資産と出力資産に関する情報を格納する XML ドキュメント。Task は入力資産と出力資産を最低 1 つずつ持つ必要があります。

XML ドキュメントは以下の形式になります。

<taskBody>
    <inputAsset> JobInputAsset(0)</inputAsset>
    <inputAsset> JobInputAsset(1)</inputAsset>
    <outputAsset assetCreationOptions=”1” 
                 assetName=”output” 
                 storageAccountName=”mystoreagename”>
                 JobOutputAsset(0)
    </outputAsset>
<taskBody>

<outputAsset> 要素には、次の属性を指定できます。

  1. assetCreationOptions (または AssetCreationOptions)。この属性の値は、None=0x0、StorageEncrypted=0x1、CommonEncryptionProtected=0x2、EnvelopeEncryptionProtected=0x4 のいずれかになります。既定値は StorageEncrypted です。

  2. assetName (または AssetName)。指定しない場合、Media Services により、次の形式で名前が設定されます。ジョブ名 (ジョブ名が空の場合はジョブ ID) の接尾辞が付いた親の outputAsset 要素。

  3. storageAccountName (または StorageAccountName)。出力資産が配置されるストレージ アカウントの名前です。指定しない場合、ユーザーの既定のストレージ アカウントが使用されます。

タスクは、複数のタスクに依存でき、複数の依存関係を設定することもできます。たとえば、タスク A の <outputAsset> がタスク B によって <inputAsset> として参照される場合、タスク B はタスク A に依存します。その結果、Media Services では、タスク B を処理する前に、タスク A の処理を終了している必要があります。

Options

必須。作成後は読み取り専用です。

Edm.Int32

Task の作成に使用できる暗号化オプションを示す列挙値。有効な値は次のとおりです。

  • None = 0

  • ProtectedConfiguration = 1

EncryptionKeyId

省略可能。

Edm.String

暗号化されたキー ID。

EncryptionScheme

省略可能。

Edm.String

構成ファイルで使用する EncryptionScheme。有効な値は "ConfigurationEncryption" です。

EncryptionVersion

省略可能。

Edm.String

使用する暗号化構成のバージョン。現在サポートされているバージョンは "1.0" です。

InitializationVector

省略可能。

Edm.String

構成ファイルの InitializationVector。最大長は 4000 です。

OutputMediaAssets

読み取り専用です。Media Services によって設定されます。

資産 エンティティ セット

特定の Task を ID 値で参照してアクセスできるナビゲーション プロパティ。返されるエンティティ セットには、指定されたタスクにリンクされているすべての OutputMediaAsset エンティティが含まれます。

InputMediaAssets

読み取り専用です。Media Services によって設定されます。

資産 エンティティ セット

特定の Task を ID 値で参照してアクセスできるナビゲーション プロパティ。返されるエンティティ セットには、指定された Task にリンクされているすべての InputMediaAsset エンティティが含まれます。

Task は、Job を作成することによって作成します。例については、「ジョブを作成する」を参照してください。

タスクは、GET HTTP 要求を使用して取得します。

 

メソッド 要求 URI HTTP バージョン

GET

https://media.windows.net/API/Tasks

HTTP/1.1

 

メソッド 要求 URI HTTP バージョン

GET

https://media.windows.net/API/Jobs('jobid')/Tasks

HTTP/1.1

Important重要
https://media.windows.net への接続に成功すると、別の Media Services URI を指定する 301 リダイレクトを受け取ります。続いて、新しい URI への呼び出しを行う必要があります。

GET https://media.windows.net/API/Jobs('nb:jid:UUID:b1f956b3-774c-bb44-a3f7-ee47e23add31')/Tasks HTTP/1.1
Content-Type: application/json;odata=verbose
Accept: application/json;odata=verbose
DataServiceVersion: 3.0
MaxDataServiceVersion: 3.0
x-ms-version: 2.9
Authorization: Bearer http%3a%2f%2fschemas.xmlsoap.org%2fws%2f2005%2f05%2fidentity%2fclaims%2fnameidentifier=youraccountname&urn%3aSubscriptionId=2f84471d-b1ae-4e75-aa09-010f0fc0cf5b&http%3a%2f%2fschemas.microsoft.com%2faccesscontrolservice%2f2010%2f07%2fclaims%2fidentityprovider=https%3a%2f%2fwamsprodglobal001acs.accesscontrol.windows.net%2f&Audience=urn%3aWindowsAzureMediaServices&ExpiresOn=1337212980&Issuer=https%3a%2f%2fwamsprodglobal001acs.accesscontrol.windows.net%2f&HMACSHA256=kK7PbPM3lTAEJYIx5OTWeaSY7zvia358UjPiuvSFHz0%3d
Host: media.windows.net

関連項目

表示:
© 2015 Microsoft