このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

専用ロールで In-Role Cache をホストする (Azure Cache)

更新日: 2015年8月

Important重要
新しいすべての開発で Azure Redis Cache を使用することを推奨します。Azure キャッシュ オファリングの選択方法に関する最新ドキュメントと説明については、「Which Azure Cache offering is right for me? (適切な Azure キャッシュ オファリング)」をご覧ください。

ここでは、専用の インロール キャッシュ トポロジについて説明します。この機能は、ロールベースの インロール キャッシュ に適用されます。

専用トポロジを使用するダウンロード可能なサンプルについては、「Caching API とパフォーマンス サンプル (英語)」を参照してください。

専用 キャッシュ ロールは、キャッシュ でのみ使用されます。

noteメモ
専用ロール キャッシュはワーカー ロールでのみサポートされ、Web ロールでは構成できません。

各仮想マシン インスタンスは キャッシュ 専用ですが、一部のメモリはオペレーティング システムや他の操作のオーバーヘッドに使用できるようにする必要があります。次の表に、各仮想マシン サイズとそれぞれの物理メモリを示します。キャッシュ の要件に必要なインスタンス数については、「Azure In-Role Cache の容量計画に関する考慮事項」をご覧ください。

 

仮想マシンのサイズ 合計メモリ

Small

1.75 GB

Medium

3.5 GB

Large

7 GB

ExtraLarge

14 GB

Visual Studio 2012 のロール プロパティの [構成] タブで、仮想マシン サイズとインスタンス数を構成します。

Caution注意
ExtraSmall 仮想マシン サイズの使用はサポートされていません。

次に、インロール キャッシュ で専用 Azure ワーカー ロールを既存の Visual Studio 2012 プロジェクトに追加する手順について説明します。

  1. ソリューション エクスプローラーで、Azure プロジェクトを右クリックし、[新しいワーカー ロール プロジェクトの追加] を選択します。

  2. [キャッシュ ワーカー ロール] を選択します。

  3. 必要に応じて名前を変更し、[追加] をクリックします。

  4. ソリューション エクスプローラーで、[ロール] フォルダーを開きます。新しいロールをダブルクリックします。

  5. プロパティ ウィンドウの [キャッシュ] タブを開きます。

  6. [キャッシュを有効にする] と [専用のロール] が選択されていることを確認します。

    専用プロパティのキャッシュ
  7. default の設定を構成するか、新しい名前付きキャッシュを作成します。

専用 インロール キャッシュ トポロジには、次のガイドラインが適用されます。

  1. 一般的に、専用 インロール キャッシュ ロールはパフォーマンスが最も高くなります。これは、ロールの仮想マシンを他のアプリケーション サービスと共有しないためです。また、インロール キャッシュ ロールを独立してスケーリングできるため、柔軟性も最も高くなります。このような理由から、キャッシュ アーキテクチャには専用トポロジを使用することをお勧めします。ただし、併置型トポロジの動作が良い場合もあります。詳細については、「Guidelines for a Co-located Caching Topology」を参照してください。

  2. 実行している個々のロール インスタンスに使用できるメモリの合計は、仮想マシン サイズ (VM サイズ) と、オペレーティング システムおよびそのロールで実行されている他のアプリケーション サービスに使用されるメモリによって決まります。[キャッシュ サイズ (%)] を正しく設定する方法については、「Azure In-Role Cache の容量計画に関する考慮事項」を参照してください。

  3. 他のコードやサービスには専用 インロール キャッシュ ロールを使用しないでください。

  4. 各クラウド サービスでサポートされるキャッシュ クラスターは 1 つのみです。

関連項目

表示: