このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

Azure In-Role Cache を構成する

更新日: 2015年8月

Important重要
新しいすべての開発で Azure Redis Cache を使用することをお勧めします。Azure Cache サービスに関する現在のドキュメントとガイダンスについては、「Redis Cache のサービス内容と適切なサイズの選択」をご覧ください。

ここでは、ロールベースの インロール キャッシュ を構成する方法について説明します。構成には、2 つの個別のタスクが含まれます。

 

構成の種類 説明

ロールの構成

インロール キャッシュ をホストするように Azure ロールを構成します。この手順では、名前付きキャッシュを作成し、それらの名前付きキャッシュの設定を構成します。これにより、同じクラウド サービス デプロイのいずれのロールにもキャッシュ機能を提供します。

クライアントの構成

キャッシュを必要とするロールを構成します。これには、構成ファイルに、インロール キャッシュ をホストするロールをポイントするアセンブリ参照と設定の追加が含まれます。

キャッシュ 構成の詳細については、「Azure In-Role Cache の構成モデル」をご覧ください。

ロールベースの インロール キャッシュ を使用するには、まずキャッシュをホストするロールを構成する必要があります。これは、クラウド サービスに追加する新しいキャッシュ ワーカー ロールなどで、専用トポロジと呼ばれます。専用ロール キャッシュは、ワーカー ロールでサポートされています。Visual Studio での専用トポロジの構成の詳細については、「専用ロールで In-Role Cache をホストする (Azure Cache)」をご覧ください。

または、インロール キャッシュ と共有するために使用できる物理リソースのある既存のロールを使用することもできます。これは併置型トポロジと呼ばれます。併置型ロール キャッシュは、Web ロールおよびワーカー ロールでサポートされています。Visual Studio での併置型トポロジの構成の詳細については、「既存のロール上で Azure In-Role Cache をホストする」をご覧ください。

最後の手順は、追加の名前付きキャッシュを作成し、各キャッシュを構成することです。詳細については、「Azure のキャッシュを構成する方法」を参照してください。

noteメモ
Visual Studio でロールを構成すると、基礎となる ServiceConfiguration.cscfg ファイルと ServiceDefinition.csdef ファイルの構成が変更されます。詳細については、「Azure In-Role Cache の構成モデル」を参照してください。

ServiceConfiguration.cscfg ファイルの手動構成については、「In-Role Cache ロール構成設定 (ServiceConfiguration.cscfg)」を参照してください。

クラウド サービス内のその他のコードでは、キャッシュ クライアントとして、名前付きキャッシュにアクセスできます。ここでの構成手順は一般に次のようになります。

  1. 該当する キャッシュ アセンブリを参照します。

  2. キャッシュ 構成の設定をアプリケーションまたは web.config 構成ファイルに追加します。

クライアント構成ファイルの設定例については、「Azure In-Role Cache の構成モデル」を参照してください。

noteメモ
これらの手順は、NuGet パッケージを使用して、キャッシュ クライアントになるプロジェクトを構成することで、簡単になります。詳細については、「方法:Azure In-Role Cache を使用できるように Visual Studio を準備する」を参照してください。

web.config ファイルと application.config ファイルの手動構成については、「In-Role Cache クライアントの構成設定 (Web.config)」を参照してください。

関連項目

表示: