エクスポート (0) 印刷
すべて展開

フォームの別のプレゼンテーションのデザイン

Dynamics CRM 2013

フォームのデザイン時にMicrosoft Dynamics CRM 2011 および Microsoft Dynamics CRM Online、アプリケーションのさまざまな方法のフォームが表示されることを検討します。ここでのデータの定義、さまざまな方法の設計に関する考慮事項について説明FormXmlに表示されます。次の表に異なる形式のプレゼンテーションを紹介します。

 

フォームのモード 内容

Edit

これは、フォームのすべてのエンティティのデータを編集するために使用できる、「クラシック」のフォームです。詳細については、 フォームを編集します。.

読み取り用に最適化されました。

読み取り用に最適化されたフォームを迅速にロードするように最適化されていますが、編集することはできません、フォームを使ってレコードをすばやく表示するかどうかを決定できるようにするには、オプションの機能です。ユーザーは編集モードにすばやく切り替えることができます。詳細については、 読み取り用に最適化されたフォーム.

更新

更新されたフォームの場合、連絡先、営業案件、潜在顧客、およびアカウントのエンティティを新しいユーザー エクスペリエンスを提供します。更新済みのフォームのフォームは読み取り用に最適化された高度な型です。更新されたフォームをより高速な読み込みと、レコードを編集するをできます。詳細については、 更新されたフォーム.

Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM閲覧ウィンドウ

Outlook 用 Microsoft Dynamics CRMの読み取りウィンドウ (プレビュー)、レコードの読み取り専用のビューが用意されています。このビューのフォームで定義されているすべてのセクションが表示されます。ユーザーはこのセクションでは、並べ替えることができ、独自の設定が保持されます。詳細については、 Microsoft Dynamics CRM Outlook の閲覧ウィンドウのフォームの.

[モバイル]

Microsoft Dynamics CRM 用 Mobile Expressコントロールの属性の一覧を表示する簡単なフォームを使用します。表示し、属性の順序を変更するには、どの属性を選択できます。詳細については、 モバイル フォーム.

このトピックの内容

フォームを編集します。

既定では、フォームになっている各エンティティがという名前のフォームがあります情報 型の Main。編集フォームはデータを編集するために最適化されました。

編集フォームの一般的およびカスタムのエンティティ リボンのサポートへのフル アクセスがあるため、 Xrm.Pageオブジェクト モデル、編集フォームの拡張機能については、開発者が最もを提供します。

このフォームは、レコード、ユーザーのアクセス許可および実行されている操作の状態とは異なるに基づいて動作します。編集用のフォームでスクリプトを使用して決定することができます、次のフォームの種類を持つXrm.Page.ui.getFormType

  • 1 = 作成

  • 2 = 更新

  • 3 = 読み取り専用

  • 4 = 無効

  • 6 = の一括編集

ユーザーがレコードを更新する権限があるない場合は、フォームを使用するなどの読み取り専用型を形成します。フォームの読み取り専用または使用不可の属性値を更新しようとして、エラーをスローします。編集フォームのタイプごとに可能な操作を実行するアクションを適用することを確認するフォームの種類を常にチェックする必要があります。フォームのイベント ハンドラーでは、一括編集フォームには無効です。

読み取り用に最適化されたフォーム

読み取り用に最適化されたフォームが含まれます更新プログラムのロールアップ 7のMicrosoft Dynamics CRM 2011 および Microsoft Dynamics CRM Online。読み取り用に最適化されたフォームを使用して、ユーザーのフォームのロード時間が短くに最適化されていますが、レコードを編集するのには使用できませんを使用してレコードを表示するかどうかを決定できます。ユーザーことができますをクリックして、 の編集編集用のフォームを表示するボタン。読み取り用に最適化されたフォームにレコードではなくレコードを編集の読み取りは、主にユーザーの生産性が向上します。それも意図しないフィールドの値の編集を防ぐことができます。

Microsoft Dynamics CRM 2011 Update Rollup 12とMicrosoft Dynamics CRM December 2012 Service Update、読み取り用に最適化されたフォームは、次の変更があります。

  • 更新されたフォームを有効にすると、読み取り用に最適化されたフォームの場合、連絡先、営業案件、潜在顧客、およびアカウントのエンティティではなく更新されたフォームが表示されます。詳細については、 更新されたフォーム.

  • 関連レコードへの移動ができるように、フォームのナビゲーション ウィンドウが表示されます。ナビゲーション ウィンドウを展開または折りたたむことができます。

  • 読み取り用に最適化されたフォームの web リソースをフォームに追加するすべての種類をサポートします。Web リソースのプロパティにラベル付けされる新しいチェック ボックスこの Web リソースの読み取りに最適化された形式で表示する。Web リソースを表示するには、このチェック ボックスを選択してください。Web リソースを読み取り用に最適化された形式ではないフォームのリソースに依存している場合にも表示する必要があります。

読み取り用に最適化されたフォームについての考慮事項:

  • 読み取り用に最適化されたフォームを有効にすると、リボンに表示するすべてのエンティティを使用します。特定のエンティティに既定のフォームのモードを設定することはできません。

  • 場合は、フォームを含むフォームでユーザー設定フォームのイベント ハンドラーを有効にOnLoad イベントタブの TabStateChange イベント、またはIFRAME の OnReadyStateComplete イベントではなく、読み取り用に最適化されたフォーム、編集フォームが表示されます。読み取り用に最適化されたフォーム データをイベント ハンドラーの編集を許可しないため、 フィールドの OnChange イベントフォームOnSave イベントイベントの編集フォームを発生させることはできませんので、表示するがありません。

    アクセスするには、 Xrm.Pageオブジェクト モデルが制限されているし、web リソース経由でのみアクセスできます、 parentプロパティ。次の方法がサポートされています。

    • 親。Xrm.Page.data.entity。getEntityName

    • 親。Xrm.Page.data.entity。getId

    • 親。Xrm.Page.ui。getFormType
      11 を読み取り用に最適化されたフォームのこのメソッドを返します。

  • 読み取り用に最適化されたフォームでは使用できないリソースを使用するフォームのスクリプトをフォームのデザインに依存する場合を参照してくださいフォーム スクリプトで非-編集フォームその他のオプションをします。

  • エンティティを有効にする複数のフォームがある場合は、読み取り用に最適化されたフォームはユーザーに最後に使用したフォームを使用します。

  • フォームを読み取り用に最適化されたすべてのフィールド レベルのセキュリティとロールベースのフォームの定義に使用します。

  • 読み取り用に最適化されたフォームをサポートするIFRAMEコントロールが同じオプションは読み取り用に最適化された形式で表示するかどうかを制御する web リソースを持つ必要はありません。間に、 IFRAME使用するコードは含まれません、 parent 、Xrm.Page オブジェクト モデルの一部にアクセスするプロパティや、 crmForm 、存在しないオブジェクト、 IFRAMEが期待どおりに表示されます。場合、 IFRAMEが正しく表示、フォームの読み取り用に最適化されたモードで、使用できません、 が既定の表示フォーム エディターを構成する] チェック ボックス、 IFRAMEそれが表示されないようにするには。

読み取り用に最適化されたフォームのコントロールを使用するための組織

既定では、読み取り用に最適化された形式になっています。システム管理者には、フォームの読み取り最適化が有効になっているかどうか、ユーザーがそれらを有効にすることもできるかどうかを制御できます。読み取り用に最適化されたフォームが使用されるかどうかを制御する設定を含めることはできませんがMicrosoft Dynamics CRMソリューション。特定の設定を読み取り用に最適化されたフォームの現在の設定を検出する準備する必要がありますに依存するソリューションを作成する場合は、組織の設定を設定する方法については、ソリューションに互換性があることを準備またはソリューションとの互換性の設定を調整するには、ソリューションをインストールすると、組織はいくつかのコードを準備します。

読み取り用に最適化された組織内のフォームの使用を制御するのには

  1. ナビゲーション ウィンドウの [設定] をクリックします。

  2. システム グループをクリックして 管理、し システム設定

  3. システム設定 ダイアログ ボックスで、 カスタマイズ タブし、[ フォーム モード、いずれかを選択 読み取り用に最適化された または 編集フォームを表示する既定のモードとして。

  4. 設定、 フォームの表示モードを選択できるようにするユーザーのオプションの間を決定できるかどうかは、チェック ボックス コントロール。

次の表は、管理者は一覧表示されているオプションを使用できます、2 つの設定を示します。

 

必要な結果 フォーム モードの設定 ユーザーのオプションを「フォームの表示モードを選択できるようにする」チェック ボックス

読み取り用に最適化されたフォームを完全に無効にします。

Edit

Clear

読み取り用に最適化されたフォームとしての個人的な好みの選択になります。

Edit

[選択]

編集用のフォームとして、個人の好みの選択になります。

読み取り用に最適化されました。

[選択]

すべてのユーザーを読み取り用に最適化されたフォームを使用する必要があります。

読み取り用に最適化されました。

Clear

組織のエンティティのブール値の属性値を設定することにより、プログラムでこれらの設定を制御できます。システムの設定をカスタマイズすることができる値を次に示します。

 

システムの設定 プロパティ 内容

フォーム モード

Organization. UseReadForm

読み取り用に最適化されたフォームとして組織のエンティティの既定の設定が有効なかどうかを示します。

ユーザー フォームを表示するためのモードを選択できます。

Organization. AllowUserFormModePreference

ユーザーがフォーム モードの環境設定を個人用オプションで選択できるかどうかを示します。

場合、 Organization.AllowUserFormModePreferenceに値が設定されてtrue、ユーザーが個人用オプションで、組織全体の既定の設定を無効にする選択を行うことができます。この設定は、 UserSettings.EntityFormMode属性は、次の表に記載されているオプションがあります。

 

ラベル 内容

0

既定の組織

(個人用オプションが設定されていない)、組織のエンティティの既定のモードを使用します。

1

読み取り用に最適化されました。

このオプションは組織を提供する場合は、読み取り用に最適化されたフォームを使用します。

2

Edit

編集用のフォームは、組織がこのオプションを提供する場合に使用します。

システム管理者は、指定のUserSettings.EntityFormModeのユーザー。

特定のユーザーの基本設定を指定するのには

  1. 移動設定、し 管理

  2. クリックしてユーザー

  3. 一覧で、1 人以上のユーザーを選択します。

  4. リボンの右側にあるを使用して、 フォーム モード いずれかを選択するボタン 読み取り用に最適化された または 編集

更新されたフォーム

使用して、組織とMicrosoft Dynamics CRM Onlineが、 Microsoft Dynamics CRM December 2012 Service Update、および組織の販売とサービス、製品の更新プログラムがインストールされている場合、または場合組織のMicrosoft Dynamics CRM Onlineサブスクリプション開始後 2012年 12 月組織の場合、連絡先、営業案件、潜在顧客、およびアカウントのエンティティのフォームを更新がします。これらのフォームは、更新されたユーザー エクスペリエンスの一部です。これらのフォームは使用できないものが、 Microsoft Dynamics CRM 2011 の 設置型展開。

更新されたフォームは、読み取り用に最適化されたフォームには、次の強化機能です。

  • インライン編集コントロール: 更新されたフォームが、読み取り用に最適化されたフォームに基づいていますが、編集できます。

  • プロセス コントロール: をリード、ケース、および営業案件のエンティティは、プロセス コントロールを使用すると、入力データは、構成可能なプロセスを通じてレコードを移動します。

  • コマンド バー: リボンではなく、コマンド バーのボタンのレコードに対して実行または適切なアクセス許可を持つユーザーは、フォーム エディターにアクセスするには、または、プロセスの構成ウィザードを開くには、一般的なアクションが用意されています。また、コマンド バーを提供、 スイッチ編集フォーム モードでは、レコード表示オプション。

  • 自動保存: 変更を自動的に保存されます。保存されていないボタン。新しいレコードを作成する場合は、 作成 、コマンド バー ボタン。レコードが作成されるまで、自動保存は適用されません。

  • Web リソース: 更新フォームに web リソースを追加することができます。選択する必要があります、 この Web リソースの読み取りに最適化されたフォームを表示するの web リソースを表示する] チェック ボックス。

  • 部分的な Xrm.Page : の読み取り用に最適化されたフォームよりも Xrm.Page オブジェクト モデルにアクセスします。詳細については、 更新したフォームの Xrm.Page オブジェクト モデルへのアクセス.

  • 編集可能なヘッダー フィールド: フォームの本文内のフィールドが含まれているフォームにヘッダーとがあります編集できます。

  • 簡易作成: 統合で新しいウィンドウを開く代わりに、フォームのコントロールを使用して関連する作業、電話、アカウント、連絡先、およびサポート案件の解決レコードを作成できます。

  • Bing マップの統合: アドレス データに基づく場所を表示します。

詳細については、ヘルプ トピックフォーム、サブグリッド、イベント ハンドラー、およびインライン検索、新規販売のカスタマイズ処理

更新済みのフォームでは、ケース、連絡先、営業案件、潜在顧客とアカウントのエンティティをエンティティの名前に名前が付け新しいフォームがある: < エンティティ名 > フォーム。たとえば、 アカウント デフォルト以外のエンティティは、 情報 メイン フォームをという名前の 2 番目のメイン フォームがあります アカウントの情報フォームは、ユーザーと組織の設定を使用すると、読み取り用に最適化されたフォームを呼び出すと、更新されたプレゼンテーションを使用して表示されます。それ以外の場合は、既定では、編集フォームが表示されます。< エンティティ名 >は、常に読み取り用に最適化されたフォームの設定にかかわらず、更新されたプレゼンテーションを使用して表示を形成します。メイン フォームと、組織またはユーザーの読み取り用に最適化されたフォームの環境設定の設定の種類ごとに使用するプレゼンテーションを次に示します。

 

  ユーザー設定 組織の設定

読み取り用に最適化されました。

Edit

読み取り用に最適化されました。

Edit

ケース、連絡先、営業案件、潜在顧客、および取引先企業エンティティ

情報メイン フォームと情報フォームを使用して作成されたフォーム

更新

Edit

更新

Edit

< エンティティ名 > メイン フォームと、< エンティティ名 > を使用して作成されたフォーム フォーム

常に表示形式のプレゼンテーションを更新

その他のエンティティ

情報メイン フォーム

読み取り用に最適化されました。

Edit

読み取り用に最適化されました。

Edit

更新されたフォームは、任意の種類のフォーム定義に設定するイベント ハンドラーをサポートしていません。イベント ハンドラーのフォームに適用されている場合は、フォームを編集するときに表示されます。ただし、フォームに追加する web リソースへのアクセスを制限しました、 Xrm.Pageオブジェクト モデル。詳細については、 更新したフォームの Xrm.Page オブジェクト モデルへのアクセス.

ある場合 < エンティティ名 > フォームがそれらを使用したくない、フォームには表示されないようにするには、割り当てられているセキュリティ ロールを変更することができます。詳細については、 ロールベースのフォームの管理.

更新したフォームの Xrm.Page オブジェクト モデルへのアクセス

更新された形式のプレゼンテーションを使用して表示するフォームをフォームのイベント ハンドラーを追加すると、フォーム、編集フォームのプレゼンテーションを使用するに戻ります。Web リソースをフォームに追加できる、Xrm.Page オブジェクト モデルを使用できる唯一のアクセスです。Parent プロパティを使用して、フォームの web リソースにアクセスできます。Xrm.Page オブジェクトを使用してアクセスすることができますparent.Xrm.Page

Xrm.Page.ui を除きます。getFormTypeメソッドは、 Xrm.Page.uiオブジェクトは更新されたフォームで使用できません。これが含まれています、 Controls コレクションの属性。

フォームの読み込み時の web リソースは非同期に読み込み。パフォーマンスの向上を最新のフォームの部分として、 Xrm.Pageオブジェクトは非同期的に読み込まれます。その結果、いくつかXrm.Pageオブジェクト スクリプト web リソースに依存できない場合がありますスクリプトを実行するとします。部分が発生することを示すために、パブリック イベントがない、 Xrm.Pageオブジェクトで使用できます。これを解決するには、スクリプト web リソースでそれらを使用する前に、使用するオブジェクトがあるかどうかを確認するには、Xrm.Page オブジェクトを照会するための戦略を実装する必要があります。詳細については、 例: オブジェクトが使用するスクリプト Web リソースとは、更新フォームで利用可能なときを検出します。.

Microsoft Dynamics CRM Outlook の閲覧ウィンドウのフォームの

Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRMウィンドウは、エンティティの既定のフォームの formXML に基づいて閲覧します。データは読み取り専用表示され、web リソースが表示されない、またはIFRAMEコントロール。フォームのデザインに使用できないリソースを使用するフォームのスクリプトに依存している場合Outlook閲覧ウィンドウのフォームを参照してくださいフォーム スクリプトで非-編集フォームその他のオプション。

モバイル フォーム

フォームで使用されるMicrosoft Dynamics CRM 用 Mobile Expressフィールドの簡単な一覧です。既定では、という 1 つのフォームがの情報フォーム タイプモバイル。モバイル フォームに追加、既定のフォーム設定およびセキュリティ ロールが表示されます各フォーム同様、編集フォームを使用を管理することができます。しかしユーザーはフォームを切り替えることはできません。

モバイル フォーム内のスクリプトを使用する機会がありません。モバイル フォームでは使用できないリソースを使用して、参照してくださいするにはフォーム スクリプトでフォームのデザインに依存する場合フォーム スクリプトで非-編集フォームその他のオプションをします。

フォーム スクリプトで非-編集フォーム

ダイナミックなフォームを作成するのにはフォーム スクリプトの編集フォームで使用できます。フォームのスクリプトは、次の操作を頻繁に使用されます。

  • フォーム要素の表示を制御します。

  • 計算値を表示します。

可視性を制御するためのスクリプトの方法がありますへのアクセスには、フォームをどのフォーム要素の表示をコントロールするフォーム定義に設定されている既定の可視性の値に依存します。フォーム タブ、セクション、およびフィールドを持つ、 が既定の表示コントロールの既定の設定が両方の要素を表示するかどうかを編集するプロパティは、読み取り専用のフォーム。このプロパティに対応、 visible属性がある、 <tab> (FormXml)<section> (FormXml)、および<cell> (FormXml)要素。

フォームでのフォームのスクリプトを使用してではなく、特定の要素を非表示にするOnLoadイベントを隠すことができる要素を既定値として設定します。クライアント側を使用して、 setVisibleを適切に編集用のフォームで、フォームの要素を表示するメソッド。また、ロールベースのフォームをユーザーが表示できるデータを制御するのに使用できます。詳細については、 ロールベースのフォームの管理.

フォームに計算値を表示するフォームのスクリプトに依存する場合は、同期を使用して、これらの計算を実行できます、隔離された環境 (サンド ボックス) で実行されるプラグイン。クライアント側の計算する必要がないだけレコードが取得されると、プラグインが適用されます。

フォーム スクリプトは、フォーム内の値を計算する場合は、フォームは、プラグインを使用して高速計算実行できます。演算フィールド関連するレコードを取得する必要がある場合は、フォームの読み込みに必要な時間のこの追加の処理時間が反映されることを期待できます。追加の読み込み時間を回避するには、編集モードで表示してを使用して非同期計算を実行するのには、フォームをデザインできますJavaScript。

フォームは、プラグインを使用して計算を実行することはできない場合は、非編集フォームでを自動的に表示されないようにするには、フォーム フィールドの可視性の設定を検討してください。フィールドを表示フォームを使用することができますOnLoadイベント ハンドラーのスクリプト編集用のフォームで。

関連項目

Microsoft Dynamics CRM 2011 および Microsoft Dynamics CRM Online
このトピックについて Microsoft にコメントを送信する
© 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved.

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft