この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

キューの説明

 

キューの説明には、XML AtomPub キューに対する必要なセマンティクスを定義するドキュメントです。 キューの説明には、次のプロパティが含まれています。詳細については、TechNet の「QueueDescription プロパティ トピックです。

MaxSizeInMegaBytes: Number

最大キュー サイズ (MB) を指定します。 キューがこの値を超えるようにメッセージをエンキューする試みは失敗します。 このパラメーターは、次の値を使用してキューの作成時にのみ設定できます。

  • 範囲:1 ~ 1024 (有効な値は 1024、2048、3072、4096、5120)

  • 既定値: 1*1024 (有効な値は 1024、2048、3072、4096、5120)

SizeinBytes: Number

キュー内のメッセージが現在キューのクォータに対して占めている実際のバイト数を反映します。

MessageCount: Number

キュー内の現在のメッセージ数を表示します。

DefaultMessageTimeToLive: XML datetime

かどうかに応じて DeadLettering が有効にすると、メッセージは自動的に移動する、 DeadLetterQueue またはそれを指定した時間よりも長時間キューに格納されている場合に削除します。 メッセージの TTL がキューに設定された TTL より小さい場合に限り、この値はメッセージに指定された TTL によって上書きされます。 キューが作成された後、この値は変更不可になります。

  • 範囲:1 秒 ~ TimeSpan.MaxValue

  • 既定値: TimeSpan.MaxValue

LockDuration: XML datetime

メッセージが受信者の処理のためにロックされる時間を秒単位で決定します。 この期間が経過後、メッセージがロックされていないと、使用するために使用できる、次の受信者です。

  • 範囲:0 ~ 5 分。 0 は、メッセージがロックされないことを意味します。

  • 既定値: 30 秒

RequiresSession: True, False

キュー作成時にのみ設定可能です。 場合に設定 true, 、キューがセッションを認識しだけになる SessionReceiver がサポートされます。 セッション対応のキューは REST 経由ではサポートされません。

  • 永続的なキューの既定値します。 false

RequiresDuplicateDetection: True, False

キュー作成時にのみ設定可能です。

  • 永続的なキューの既定値します。 false

EnableDeadLetteringOnMessageExpiration: True, False

このフィールドを制御する方法、 Service Bus 、TTL の有効期限が切れたメッセージを処理します。 有効になっていて、メッセージの有効期限が切れる、 Service Bus キューからメッセージをキューの配信不能サブキューに移動します。 無効な場合は、メッセージをキューから完全に削除します。 キュー作成時にのみ設定可能です。

  • 既定値: false

DuplicateDetectionHistoryTimeWindow

これの中に時間を指定 Service Bus メッセージの重複を検出します。

  • 範囲:1 秒~ 7 日

  • 既定値: 10 分

EnableBatchedOperations

特定のキューに操作を実行しているときに、サービス側のバッチ動作を有効または無効にします。 有効な場合、 Service Bus 収集またはバッチ処理、バック エンドでは、複数の操作をより効率的に接続するためにします。 操作の待機時間を短くしたい場合は、この機能を無効にすることができます。

ForwardTo

受信者にメッセージが転送されるパス。

MaxDeliveryCount

最大回数 Service Bus 不能または破棄される前にメッセージを配信しようとしています。

IsAnonymousAccessible

匿名アクセスが許可されるかどうかを取得します。

AuthorizationRules

説明の承認規則を取得します。

Status

キューの現在の状態 (有効または無効) を取得または設定します。 キューが無効の場合、そのキューはメッセージを送信または受信できません。

SupportOrdering

キューが順序設定をサポートするかどうかを取得または設定します。

キュー作成の間の説明のスキーマ検証はその子の要素の順序に影響を受けることに注意することが重要です。 たとえば、以下は有効なキューの説明として受け入れられません。

<QueueDescription xmlns=\"http://schemas.microsoft.com/netservices/2010/10/servicebus/connect\"> <MaxSizeInMegaBytes>10000</MaxSizeInMegaBytes> <DefaultMessageTimeToLive>PT5M</DefaultMessageTimeToLive> <LockDuration>PT2M</LockDuration> <RequiresGroupedReceives>False</RequiresGroupedReceives> <SupportsDuplicateDetection>False</SupportsDuplicateDetection> </QueueDescription>

ただし、要素が以下のように表示されると、有効なキューの説明として受け入れられます。

<QueueDescription xmlns=\"http://schemas.microsoft.com/netservices/2010/10/servicebus/connect\"> <LockDuration>PT2M</LockDuration> <MaxSizeInMegaBytes>1024</MaxSizeInMegaBytes> <SupportsDuplicateDetection>false</SupportsDuplicateDetection> <RequiresGroupedReceives>false</RequiresGroupedReceives> <DefaultMessageTimeToLive>PT5M</DefaultMessageTimeToLive> </QueueDescription>

  • 指定したパスの下にあるすべてのキューを一覧表示します。

    http://<serviceBusAddress>/$Resources/Queues?$filter=startswith(path, ‘/my/test’)
    
  • 最後の 5 分間に更新されたすべてのキューを一覧表示します。

    http://<serviceBusAddress>/$Resources/Queues?$filter=lastModifiedTime Gt  2011-08-09T21:44:36.2481552Z
    
  • 少なくとも 1 つのメッセージが含まれるすべてのキューを一覧表示します。

    http://<serviceBusAddress>/$Resources/Queues?$filter=MessageCount Gt 0
    
表示: