この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

エンティティを取得する

 

メッセージング エンティティを取得します。

構築することができます、 Get Entity 次のように要求します。

メソッド

要求 URI

HTTP バージョン

get

https://{serviceNamespace}.servicebus.Windows.net[:{port}]/{path}

HTTP/1.1

次の表は、必須の要求ヘッダーおよび省略可能な要求ヘッダーを示します。

要求ヘッダー

description

認証

ACS から取得した SimpleWebToken を含む WRAPv0.9.7.2 トークンを指定します。 設定 WRAP access_token ="{swt}"です。

ありません。

応答には、HTTP ステータス コードと一連の応答ヘッダーが含まれます。

Code

description

200

OK。

401

許可されていません。 要求は許可されていません。

404

見つかりません。

状態コードについては、次を参照してください。 ステータス コードとエラー コードです。

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。 追加の標準 HTTP ヘッダーが応答に含まれていることもあります。 すべての標準ヘッダーに準拠している、 http/1.1 プロトコル仕様です。

応答ヘッダー

description

Content-type

コンテンツの種類: アプリケーションおよび atom + xml です。型のエントリを =

成功すると、検証済みの Atom エントリが返されます。 例:

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?> <entry xmlns='http://www.w3.org/2005/Atom'> <id>https://{serviceNamespace}.servicebus.Windows.net/{path}</id> <published>{createdTime}</published> <updated>{lastUpdatedTime}</updated> <link rel='self'>https://{serviceNamespace}.servicebus.Windows.net/{path} </link> <content type='application/xml'> {description} </content> </entry>
表示: