情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DataPackage.SetBitmap | setBitmap Method

DataPackage に含まれるビットマップ イメージを設定します。

構文


dataPackage.setBitmap(value);

パラメーター

value

型: RandomAccessStreamReference

ビットマップ イメージを格納しているストリーム。

解説

このメソッドは StandardFormats.Bitmap の値を設定します。

ビットマップは、DataPackage オブジェクトが直接サポートするデータ型の 1 つです。その他のサポートされているデータ型の情報については、StandardDataFormats クラスを参照してください。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

setBitmap メソッドを使用して、ターゲット アプリケーションでイメージを共有する方法を次の例に示します。


function registerForShare() {
    var dataTransferManager = Windows.ApplicationModel.DataTransfer.DataTransferManager.getForCurrentView();
    dataTransferManager.addEventListener("datarequested", shareImageHandler);
}

function shareImageHandler(e) {
    var request = e.request;
    request.data.properties.title = "Share Image Example";
    request.data.properties.description = "A demonstration that shows how to share an image.";
    var deferral = request.getDeferral();
    Windows.ApplicationModel.Package.current.installedLocation.getFileAsync("images\\smalllogo.png").then(function (thumbnailFile) {
        request.data.properties.thumbnail = Windows.Storage.Streams.RandomAccessStreamReference.createFromFile(thumbnailFile);
        return Windows.ApplicationModel.Package.current.installedLocation.getFileAsync("images\\logo.png");
    }).done(function (imageFile) {
        request.data.setBitmap(Windows.Storage.Streams.RandomAccessStreamReference.createFromFile(imageFile));
        deferral.complete();
    }, function (err) {
        request.failWithDisplayText(err);
    });
}


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.ApplicationModel.DataTransfer
Windows::ApplicationModel::DataTransfer [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

DataPackage

 

 

表示: