情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

LauncherOptions Class

ファイルまたは URI の既定のアプリケーションを起動するために使用されるオプションを指定します。

構文


var launcherOptions = new Windows.System.LauncherOptions();

属性

[MarshalingBehavior(Agile)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

LauncherOptionsクラス には次の種類のメンバーがあります。

コンストラクター

LauncherOptionsクラス にはこれらのコンストラクターがあります。

コンストラクター説明
LauncherOptions Creates and initializes a new instance of the launcher options object.

 

メソッド

The LauncherOptions クラス からメソッドを継承します。Object クラス (C#/VB/C++).

プロパティ

LauncherOptionsクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

ContentType

読み取り/書き込みGets or sets the content type that is associated with a URI that represents a file on the network.

DesiredRemainingView

読み取り/書き込みLaunch a target app and have the currently running source app remain on the screen by sharing the space equally with the target app or by taking up more or less space than the target app.

DisplayApplicationPicker

読み取り/書き込みGets or sets a value that indicates whether to display the Open With dialog whenever the association launching API is called.

FallbackUri

読み取り/書き込みGets or sets a value that represents a URI that the user should be taken to in the browser if no app exists to handle the file type or URI.

PreferredApplicationDisplayName

読み取り/書き込みGets or sets a value that represents the display name of the app in the store that the user should install if no app exists to handle the file type or URI.

PreferredApplicationPackageFamilyName

読み取り/書き込みGets or sets a value that represents the package family name of the app in the Store that the user should install if no app exists to handle the file type or URI.

TreatAsUntrusted

読み取り/書き込みGets or sets a value that indicates whether the system should display a warning that the file or URI is potentially unsafe when starting the app associated with a file or URI.

UI

読み取り専用Gets the user interface (UI) options when starting a default app.

 

解説

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

LauncherOptions.DisplayApplicationPicker | displayApplicationPickertrue に設定した状態で、Launcher.LaunchFileAsync(IStorageFile, LauncherOptions) | launchFileAsync(IStorageFile, LauncherOptions) メソッドを呼び出し、[ファイルを開くアプリケーションの選択] ダイアログ ボックスからユーザーがファイル用に選択するアプリケーションを起動します。



// Path to the file in the app package to launch
var imageFile = "images\\test.png";

// Get the image file from the package's image directory
Windows.ApplicationModel.Package.current.installedLocation.getFileAsync(imageFile).then(
  function (file) {
    // Set the show picker option
    var options = new Windows.System.LauncherOptions();
    options.displayApplicationPicker = true;

    // Launch the retrieved file using the selected app
    Windows.System.Launcher.launchFileAsync(file, options).then(
      function (success) {
        if (success) {
            // File launched
        } else {
            // File launch failed
        }
      });
  });

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.System
Windows::System [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

サンプル
関連起動のサンプル
タスク
ファイルに応じて既定のアプリを起動する方法 (JavaScript)
ファイルに応じて既定のアプリを起動する方法 (C#/VB/C++)
URI に応じて既定のアプリを起動する方法 (JavaScript)
URI に応じて既定のアプリを起動する方法 (C#/VB/C++)
ガイドライン
ファイルの種類と URI のガイドラインとチェック リスト
参照
Launcher.LaunchFileAsync(IStorageFile, LauncherOptions)
Launcher.LaunchUriAsync(Uri, LauncherOptions)

 

 

表示: