Azure BizTalk サービスのトラブルシューティング

更新日: 2015年8月

Microsoft Azure BizTalk サービス をトラブルシューティングする際、Microsoft Azure BizTalk サービス ポータル の追跡機能を使用し、ストレージ アカウントに保管されているデバッグ ログを使用することができます。このトピックでは、追跡とデバッグ ロ��の使用について説明します。

メッセージ送信クライアントがエラーまたは成功の応答を受け取る際、応答ヘッダーには追跡 ID が含まれます。エラーの場合は、この追跡 ID をヘッダーから抽出して、Microsoft Azure BizTalk サービス ポータルで BizTalk サービス ポータルでのメッセージの追跡 機能を使用してトラブルシューティングを実行できます。以下のコード スニペットは、応答から追跡 ID を抽出する方法を示しています。

byte[] requestBytes; // message transferred to bytes.

Try
{
  WebClient webClient = new WebClient();                 
  UriBuilder builder = new UriBuilder(this.bridgeRuntimeAddress) { Scheme = Uri.UriSchemeHttps };

  // one can also use GetWebResponse instead of UploadData.
  byte[] responseBytes = webClient.UploadData(builder.Uri, "POST", requestBytes);
}

Catch (WebException we)
{
  Console.Writeline("Received WebException while sending message. Details: ");
  HttpWebResponse httpWebExceptionResponse = we.Response as HttpWebResponse;
  if (httpWebExceptionResponse == null)
  {
    Console.Writeline("WebException contains no Http exception response. Status = {0}", we.Status);
  }
  else
  {
    if (!String.IsNullOrEmpty(httpWebExceptionResponse.Headers["TrackingId"]))
    {
      Console.Writeline ("TrackingId={0}", httpWebExceptionResponse.Headers["TrackingId"]);
    }
    else
    {
      Console.Writeline ("Did not find TrackingId header on the WebException");
    }
    Console.Writeline ("StatusCode = {0} and StatusDescription = {1}", httpWebExceptionResponse.StatusCode, 
      httpWebExceptionResponse.StatusDescription);
  }
}

開発プロセス中、デバッグ ログは、ストレージ アカウントの WADLogsTable から取得できます。これらのログ ファイルを見るには、以下のツールを使用します。

デバッグ ログ ファイルには次のイベントが含まれます。

  • アセンブリの読み込み

  • 変換のような、アーティファクトの追加または更新

  • ブリッジ構成の追加、更新、または削除

  • ブリッジ パイプラインに送信されたメッセージ

  • Begin Execute と End Execute イベントなどを含むブリッジ段階

  • フォールト

Microsoft Azure BizTalk サービス ツールは Visual Studio の拡張機能として使用できます。このツールを使用し、テスト メッセージを送信してブリッジをデバッグできます。このツールはブリッジの各段階を通過し、各段階の後で状態を表示します。このツールはまた、個々の追跡イベントとエラーを表示します。このツールを追加するには:

  1. Visual Studio プロジェクトで、[ツール] メニューに進み、[拡張機能と更新プログラム] を選択します。

  2. [オンライン] を選択します。

  3. 検索で「BizTalk」と入力します。

  4. 一覧から [BizTalk サービス エクスプローラ] を選択し、ダウンロードし、インストールします。

サーバー エクスプローラーで、[Windows Azure BizTalk サービス] が一覧に表示されます。場合によっては、これを表示するには Visual Studio を閉じ、再度開く必要があります。

関連項目

表示: