情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

クイック スタート: Microsoft Visual Studio マニフェスト エディターを使用した既定のタイルの作成 (Windows ランタイム アプリ)

[ この記事は、Windows ランタイム アプリを作成する Windows 8.x および Windows Phone 8.x 開発者を対象としています。Windows 10 向けの開発を行っている場合は、「最新のドキュメント」をご覧ください]

このトピックでは、Visual Studio マニフェスト エディターを使って既定のタイル (タイルが通知を受け取り始めるまでスタート画面に表示されるタイル) を作成するときに必要な手順について説明します。

この機能の実際の使い方については「アプリの機能の概要」シリーズの次のトピックをご覧ください:  Windows ストア アプリ UI の概要

目標: インストールされたテンプレートを使って Visual Studio で新しいプロジェクトを作成し、既定のタイルとその画像をパッケージ マニフェストで定義します。

必要条件

  • Windows 8 以降をサポートする Visual Studio のバージョン
  • タイルに表示するロゴ画像 (複数可)
  • 検索結果、アプリの一覧など、UI で使われる小さなロゴ画像。
  • 任意: ワイド バージョンのロゴ画像のファイル。ワイド画像を含めるときと含めないときについて詳しくは、「タイルのガイドラインとチェック リスト」をご覧ください。

手順

1. 新しいプロジェクトを作成する

  1. Visual Studio を開きます。
  2. [新しいプロジェクト...] をクリックします。
  3. 左側のパネルで [インストール済み] が展開されていない場合はクリックします。
  4. [テンプレート] で、プロジェクトの言語を展開します。
  5. [ストア アプリ] を選択します。
  6. Windows アプリ、Phone アプリ、ユニバーサル アプリ (Windows と Windows Phone の両方) のなかから、アプリに最適なオプションを選んでください。
  7. [新しいプロジェクト] ウィンドウの中央のウィンドウで、[空のアプリケーション] を選択します。
  8. ウィンドウの下部でプロジェクトの名前を指定します。
  9. [OK] をクリックします。

2. マニフェスト エディターを開く

  1. ソリューション エクスプローラーが表示されていない場合は、[表示] メニューから選択します。
  2. [package.appxmanifest] をダブルクリックします。マニフェスト エディター ウィンドウが開きます。

3. 既定のタイルの詳細を指定する

  この手順は、マニフェスト エディターで利用可能なオプションすべてを説明するものではありません。既定のタイルに関係のあるものだけを取り上げます。
 
  1. [アプリケーション] タブを選択します (まだ選択していない場合)。
  2. [表示名] を必要に応じて変更します。この名前によって、アプリ一覧でのタイルの表示順が決まります。また、タイルにはこの名前が表示されます。
  3. [ビジュアル資産] タブをクリックします。
  4. [タイル イメージとロゴ] で、Windows Phone マニフェストのロゴすべてと、Windows マニフェストで選んだロゴについて、既定の画像を指定します。
    • 150 x 150 の正方形ロゴ
    • 30 x 30 の正方形ロゴ
    • ストア ロゴ

    ここに挙げた画像を、自分で用意したものに置き換えます。さまざまな倍率に応じて複数の画像を指定することができますが、必ずしもすべて指定する必要はありません。各ロゴについて画像を 1 つだけ指定する場合には、Windows であれば倍率に 180%、Windows Phone であれば 240% を指定してください。指定された画像は、マニフェスト エディターで指定されたピクセル サイズと正確に一致する必要があることに注意してください。

    重要  タイルが幅広で大きなサイズの場合には、幅広で大きなロゴ画像を用意して、ユーザーの側でアプリのタイルをそのサイズに変更できるようにする必要があります。幅広のロゴ画像がない場合には、アプリのタイルのサイズが普通と小に制限されます。
     
  5. アプリの短い名前を入力します。ここで入力した名前は、表示名の代わりにタイルで使用できます。この名前は 13 文字以下である必要があります。名前が長過ぎる場合は、切り捨てられます。タイルの更新でロゴ、短い名前を表示する、またはいずれも表示しないように選択できます。
  6. 短い名前を表示できるタイルのサイズを選びます。
  7. Windows のみ: 名前のテキストで、タイルの背景色に応じて明るい色または暗い色のフォントを使うかどうかを選びます。
  8. Windows のみ: タイルの既定のサイズを選びます。ユーザーがスタート画面にアプリをピン留めすると、このサイズで表示されます。
  9. 既定の背景色を受け入れるか、独自の W3DC の色文字列 ("#FFFFFF" など) を指定します。この背景色は、アプリのその他の部分 (アプリが所有するダイアログ ボックスおよび Windows ストアの [アプリの説明] ページ内のボタンの色) の色付けに使われます。
      Windows Phone: システムのアクセント カラーを使用する場合は、背景色を "透明" に設定します。
     

要約と次のステップ

このクイック スタートでは、パッケージ マニフェストで既定のタイルの定義を作成しました。

アプリがインストールされたら、ユーザーに関連する情報でタイルの更新を開始できます。タイル通知の設計と送信の詳細については、「クイック スタート: タイルの更新の送信」を参照してください。

関連トピック

リバーシのサンプル機能のシナリオ: タイルとスプラッシュ画面

 

 

表示: