情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

クイック スタート: 傾斜計によるピッチ、ロール、ヨーの検出 (C#)

[ この記事は、Windows ランタイム アプリを作成する Windows 8.x および Windows Phone 8.x 開発者を対象としています。Windows 10 向けの開発を行っている場合は、「最新のドキュメント」をご覧ください]

傾斜計を使うと、C# で記述されたアプリでピッチ、ロール、ヨーを検出できます。

一部の 3D ゲーム アプリでは、入力デバイスとして傾斜計が必要です。よくある例としては、フライト シミュレーターがあります。傾斜計の 3 軸 (X、Y、Z) を、航空機のエレベーター、エルロン、ラダーの入力として割り当てます。

ロードマップ: このトピックと他のトピックとの関連については、「C# または Visual Basic を使った Windows ランタイム アプリのためのロードマップ」をご覧ください。

目標: このクイック スタートを完了すると、傾斜計を使って動きの変化を検出する方法を理解できます。

必要条件

XAML、Visual C#、イベントについて理解している必要があります。

使うデバイスやエミュレーターが傾斜計をサポートしている必要があります。

完了までの時間: 20 分.

手順

1. Microsoft Visual Studio を開く

Visual Studio のインスタンスを開きます。

2. 新しいプロジェクトを作る

[Visual C#/ストア アプリ] のプロジェクトの種類を選び、[空のアプリケーション] を選んで、新しいプロジェクトを作ります。

3. C# コードを置き換える

プロジェクトの MainPage.xaml.cs ファイルを開き、記載されているコードを次のコードで置き換えます。



using System;
using System.Collections.Generic;
using System.IO;
using System.Linq;
using Windows.Foundation;
using Windows.Foundation.Collections;
using Windows.UI.Xaml;
using Windows.UI.Xaml.Controls;
using Windows.UI.Xaml.Controls.Primitives;
using Windows.UI.Xaml.Data;
using Windows.UI.Xaml.Input;
using Windows.UI.Xaml.Media;
using Windows.UI.Xaml.Navigation;

using Windows.UI.Core;
using Windows.Devices.Sensors;


namespace App1
{
    /// <summary>
    /// An empty page that can be used on its own or navigated to within a Frame.
    /// </summary>
    public sealed partial class MainPage : Page
    {
        private Inclinometer _inclinometer;

        // This event handler writes the current inclinometer reading to 
        // the three text blocks on the app's main page.

        private async void ReadingChanged(object sender, InclinometerReadingChangedEventArgs e)
        {
            await Dispatcher.RunAsync(CoreDispatcherPriority.Normal, () =>
            {
                InclinometerReading reading = e.Reading;
                txtPitch.Text = String.Format("{0,5:0.00}", reading.PitchDegrees);
                txtRoll.Text = String.Format("{0,5:0.00}", reading.RollDegrees);
                txtYaw.Text = String.Format("{0,5:0.00}", reading.YawDegrees);
            });
        }

        public MainPage()
        {
            this.InitializeComponent();
            _inclinometer = Inclinometer.GetDefault();
 

            if (_inclinometer != null)
            {
                // Establish the report interval for all scenarios
                uint minReportInterval = _inclinometer.MinimumReportInterval;
                uint reportInterval = minReportInterval > 16 ? minReportInterval : 16;
                _inclinometer.ReportInterval = reportInterval;

                // Establish the event handler
                _inclinometer.ReadingChanged += new TypedEventHandler<Inclinometer, InclinometerReadingChangedEventArgs>(ReadingChanged);
            }
        }
    }
}


元のスニペットの名前空間の名前を、自分のプロジェクトに指定した名前に変更する必要があります。たとえば、作成したプロジェクトの名前が InclinometerCS だとすると、namespace App1namespace InclinometerCS に置き換えます。

4. XAML コードを置き換える

MainPage.xaml ファイルを開き、元の内容を次の XML に置き換えます。


<Page
    x:Class="App1.MainPage"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    xmlns:local="using:App1"
    xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
    xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
    mc:Ignorable="d">

    <Grid x:Name="LayoutRoot" Background="#FF0C0C0C">
        <TextBlock HorizontalAlignment="Left" Height="21" Margin="0,8,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="Pitch: " VerticalAlignment="Top" Width="45" Foreground="#FFF9F4F4"/>
        <TextBlock x:Name="txtPitch" HorizontalAlignment="Left" Height="21" Margin="59,8,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" Width="71" Foreground="#FFFDF9F9"/>
        <TextBlock HorizontalAlignment="Left" Height="23" Margin="0,29,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="Roll:" VerticalAlignment="Top" Width="55" Foreground="#FFF7F1F1"/>
        <TextBlock x:Name="txtRoll" HorizontalAlignment="Left" Height="23" Margin="59,29,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" Width="50" Foreground="#FFFCF9F9"/>
        <TextBlock HorizontalAlignment="Left" Height="19" Margin="0,56,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="Yaw:" VerticalAlignment="Top" Width="55" Foreground="#FFF7F3F3"/>
        <TextBlock x:Name="txtYaw" HorizontalAlignment="Left" Height="19" Margin="55,56,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" Width="54" Foreground="#FFF6F2F2"/>

    </Grid>
</Page>

元のスニペットのクラス名の最初の部分を、自分のアプリの名前空間に置き換える必要があります。たとえば、作成したプロジェクトの名前が InclinometerCS だとすると、x:Class="App1.MainPage"x:Class="InclinometerCS.MainPage" に置き換えます。また、xmlns:local="using:App1"xmlns:local="using:InclinometerCS" に置き換える必要があります。

5. アプリをビルド、展開、実行する

アプリをビルド、展開、実行するには、F5 キーを押すか、[デバッグ][デバッグの開始] の順にクリックします。

アプリを実行した後、デバイスを移動するか、エミュレーター ツールを使うことによって、加速度計値を変更できます。

6. アプリを停止する

  1. Alt キーを押しながら Tab キーを押して、Visual Studio に戻ります。
  2. Shift キーを押しながら F5 キーを押すか、[デバッグ][デバッグの停止] の順にクリックして、アプリを停止します。

要約

上に示した例では、ごく短いコードを作成するだけで、傾斜計入力をアプリに組み込むことができることがわかります。

このアプリでは、MainPage メソッドで、既定の傾斜計との接続を確立しています。


_inclinometer = Inclinometer.GetDefault();

このアプリでは、MainPage メソッドで、レポート間隔を設定しています。このコードは、デバイスでサポートされる最小の間隔を取得し、要求される 16 ミリ秒の間隔 (約 60 Hz のリフレッシュ レート) と比較します。サポートされる最小の間隔が要求される間隔よりも大きい場合は、値を最小値に設定します。それ以外の場合は、値を要求される間隔に設定します。


uint minReportInterval = _accelerometer.MinimumReportInterval;
uint reportInterval = minReportInterval > 16 ? minReportInterval : 16;
_accelerometer.ReportInterval = reportInterval;

ReadingChanged メソッドで、新しい傾斜計データをキャプチャしています。センサーのドライバーは、センサーから新しいデータを受け取るたびに、このイベント ハンドラーを使ってアプリに値を渡します。このアプリの場合、このイベント ハンドラーが次の行で登録されています。


_inclinometer.ReadingChanged += new TypedEventHandler<Inclinometer, 
InclinometerReadingChangedEventArgs>(ReadingChanged);

プロジェクトの XAML 内にある TextBlock に、この新しい値が書き込まれます。


<TextBlock HorizontalAlignment="Left" Height="21" Margin="0,8,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="Pitch: " VerticalAlignment="Top" Width="45" Foreground="#FFF9F4F4"/>
 <TextBlock x:Name="txtPitch" HorizontalAlignment="Left" Height="21" Margin="59,8,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" Width="71" Foreground="#FFFDF9F9"/>
 <TextBlock HorizontalAlignment="Left" Height="23" Margin="0,29,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="Roll:" VerticalAlignment="Top" Width="55" Foreground="#FFF7F1F1"/>
 <TextBlock x:Name="txtRoll" HorizontalAlignment="Left" Height="23" Margin="59,29,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" Width="50" Foreground="#FFFCF9F9"/>
 <TextBlock HorizontalAlignment="Left" Height="19" Margin="0,56,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="Yaw:" VerticalAlignment="Top" Width="55" Foreground="#FFF7F3F3"/>
 <TextBlock x:Name="txtYaw" HorizontalAlignment="Left" Height="19" Margin="55,56,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" Width="54" Foreground="#FFF6F2F2"/>


関連トピック

Inclinometer class
傾斜計センサーのサンプルに関するページ
C#、C++、または VB を使ってアプリを作成するためのロードマップ

 

 

表示: