このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
SQL データ同期の新機能

SQL データ同期の新機能

更新日: 2015年7月

 

SQL Azure Data Sync アイコン

ここでは、SQL データ同期プレビューに追加された機能と機能強化について説明します。

将来通知があるまで、新しい SQL データ同期プレビューおよびデータ同期サービス プレビューは無料です。Azure と SQL Database に移動の利用料金のみが必要になります。

Microsoft Azure Silverlight ポータル上の Microsoft Azure SQL データ同期プラグインは廃止されました。今後、Azure SQL データ同期には Microsoft Azure の管理ポータルを使用してください。

Microsoft Azure の管理ポータルの [SQL データベース] の下にある [同期] タブから SQL データ同期 (プレビュー) にアクセスします。[同期] タブは、1 つまたは複数の同期グループを持つ場合にのみ使用できます。「方法:Create a Sync Group (SDS)」のトピックで、このポータルから同期グループを作成、修正する方法をご覧いただけます。

現在のバージョンにアップグレードし最新機能を利用するには、「クライアント エージェントをアップグレードする方法」を参照してください。

SQL データ同期プレビューを試用し、ご意見とフィードバックを送信していただきありがとうございます。いただいたフィードバックに基づいて SQL データ同期プレビューを引き続き改良していきます。

2015 年 5 月バージョンの SQL データ同期 (プレビュー) クライアント エージェントが、ダウンロード センターから入手できるようになりました。この更新には、次が含まれます。

  • 列の照合順序があるテーブルの同期のサポート。

    • 列に照合順序が設定されている場合、宛先が空の場合、準備プロセスで同じ照合順序のテーブルが作成されます。

    • 主キー列の照合順序が、サーバー インスタンスの設定と異なる場合でも、同期はサポートされます。

  • データ同期のパフォーマンスと回復力の向上。

  • ログ記録の機能強化。

クライアント エージェントをアップグレードする方法」の説明に従って、既存の SQL データ同期 (プレビュー) クライアント エージェントを更新します。既存のエージェントは、90 日間の有効期限が切れるまでは機能します。

  • Azure ポータルで SQL データ同期プレビュー がリリースされました。

    データ センター間での同期パフォーマンスが向上しました。

  • 内部操作のパフォーマンス全体が向上しました。

  • 1 つの Microsoft Azure サブスクリプションで複数の同期サーバーを作成する機能が追加されました。

    SQL データ同期プレビューサーバーと同期グループ ハブが同じ地域 (データ センター) にある場合のパフォーマンスが向上されました。同期グループ ハブをホストする各データ センターで SQL データ同期プレビュー サーバーをプロビジョニングしてください。

  • 同期グループをプロビジョニングするときのパフォーマンスが向上しました。

  • 内部設置型の SQL Server データベースを SQL データベースに同期する時の同期パフォーマンスが向上しました。

  • 空間データ型のサポート。
    geometry データ型と geography データ型がサポートされるようになりました。ただし、同期する行をフィルター選択するときの行のフィルター選択には使用できません。
    サポートされるデータ型の一覧については、「SQL データ同期でサポートされる SQL データベース データ型」を参照してください。

  • 同期タスクをキャンセルする機能。

  • 配置された同期グループの更新。
    同期グループを動的に更新できるようになりました。

  • 同期グループをより簡単に管理するのに役立つ情報がポータルに追加されました。

    • クライアント エージェントのバージョンは、以下の情報と共に表示されます。

      • クライアント エージェントが最新バージョンではない場合は、アップグレードを推奨するメッセージ。

      • エージェント バージョンのサポートが間もなく期限切れになる場合は、そのことを警告するメッセージ。

      • エージェント バージョンがサポートされていない場合は、エラー メッセージ。

    • 60 日間以上適用できない変更による、最新でない同期グループについての警告。

  • SQL データ同期プレビュー で動作する Entity Framework や NHibernate などの ORM (Object Relational Model) フレームワークに影響を与える問題が修正されました。

  • エラー メッセージおよびステータス メッセージが改善されました。

  • 10 か国語でのローカライズ。

    • 簡体字中国語

    • 繁体字中国語

    • フランス語

    • ドイツ語

    • イタリア語

    • 日本語

    • 韓国語

    • ポルトガル語 (ブラジル)

    • ロシア語

    • スペイン語

  • 場所オプションの拡張。
    ユーザーは Azure データ センターのいずれかにデータ同期サービスを作成できます。
    同期サーバーとデータベースはユーザーがいるところのできるだけ近くに配置することをお勧めします。すべての Azure データ センターで SQL データ同期プレビュー が使えれば、そのベスト プラクティスの実践が簡単になります。

  • 修正プログラムやセキュリティ拡張機能が備わった新しいクライアント エージェントが使用可能。
    新しいクライアント エージェントは、SQL データ同期プレビュー プレビュー を引き続き使用するのに必要ありませんが、アップグレードすることをお勧めします。
    新しいクライアント エージェントは、2012 年 1 月のダウンロード センターからダウンロードできます。

  • 同期の進捗とトラブルシューティングの強化。

    • 同期先データベースへの変更の適用が開始されると、15 分ごとに同期の進行状況 (行数、合計時間) がログ記録されます。

    • トラブルシューティングに役立つ情報エラー メッセージを追加します。

  • サービスの使いやすさを向上するその他の機能強化。

このサービスの更新では、多くの行を含む狭いテーブルのサポートが強化されます。

  • username@server または username だけのログインを使用できます。

  • 列名にスペースを入れることができます。

  • NewSequentialID 制約のある列は、同期グループ内の SQL Database に移動の NewID に変換されます。

  • クライアント エージェント のインストール中は、管理者以外のサービス ログイン資格情報が受け入れられます。

  • SQL データ同期プレビュー クライアント エージェントの 2011 年 11 月バージョンは、ダウンロード センターから入手できます。
    新しい SQL データ同期プレビュー エージェントの細かな改善点。SQL データ同期プレビュー クライアント エージェントのプレビュー バージョンを既に使用している場合は、引き続き機能します。

  • Preview バージョンの クライアント エージェント には、CTP2 との下位互換性がないため、CTP2 の SQL データ同期プレビュー エージェントおよび同期グループからアップグレードする必要があります。「クライアント エージェントをアップグレードする方法」を参照してください。



  • ヘルプが統合された、タスク指向の新しい UI には、新しい同期グループを作成および配置する手順を説明するチュートリアルが含まれています。

  • 同期グループに追加するときにデータベースごとに同期の方向を設定できるため、データの移動にかかる費用を最小限に抑えることができます。同期の方向は次のようになります。双方向ハブからの同期、およびハブへの同期

  • 以前よりも詳細なデータセットを定義できます。

    • 同期する特定のデータベースを選択する。

    • 同期する特定のテーブルを選択する。

    • 同期する各テーブル内の特定の列を選択する。

    • フィルターの要件を満たす行のみが同期されるように行フィルターを定義する。

  • 同期グループの競合解決ポリシーを設定できます。

    • ハブを優先
      各同期ジョブでは、ハブに書き込まれた最初の変更が保持されます。その後ポーリングされたデータベース内の行に対する変更は破棄されます。

    • クライアントを優先
      各同期ジョブでは、変更されたすべての行がハブに書き込まれると、その行に対するそれ以前の変更は上書きされます。したがって、最後の変更が保持され、それ以前の変更はすべて破棄されます。



関連項目

表示:
© 2015 Microsoft