Windows Phone Marketplace Test Kit

2012/02/09

Windows Phone Marketplace Test Kit には、アプリケーションを初めて送信するときに、アプリケーションの Marketplace での受け入れを準備するための一連の自動テスト、監視付きテスト、手動テストが用意されています。このテスト キットを使用して、Marketplace への送信の前に問題を識別し、修正することができるため、送信プロセスの時間を節約します。このテスト キットは、Windows Phone OS 7.1 以降を対象とするアプリケーションを評価するために使用できます。

Marketplace Test Kit は、Windows Phone SDK のコンポーネントです。Windows Phone SDK のインストール方法については、「Windows Phone SDK のインストール」を参照してください。

アプリケーションに対してテスト キットを実行すると、そのアプリケーションが Marketplace で認定されるかどうかを判断するのに役立ちます。テストに失敗した場合、テスト キットは Marketplace での評価に提出する前にアプリケーションの何を修正する必要があるかについての詳細情報を提供します。テスト キットのテストの一部を次に示します。

  • 指定された画像およびスクリーンショットが認定の要件を満たしているかどうか。

  • アプリケーションのアイコン、およびアプリケーションで使用されている背景画像が認定の要件を満たしているかどうか。

  • アプリケーションがどの機能を使用するか。

  • XAP がサイズの要件を満たし、アプリケーション マニフェストが有効であるかどうか

  • アプリケーションがエラーを正しく処理するかどうか。

  • アプリケーションの起動にかかる時間が認定要件を満たしているかどうか。

  • アプリケーションがメモリ使用要件を超えているかどうか。

  • アプリケーション内で戻るボタンが適切に使用されているかどうか。

  • 電話で許可されていない API をアプリケーションが使用しているかどうか。

  • バックグラウンド エージェントで許可されていない API をアプリケーションが使用しているかどうか。

  • アプリケーションに処理されない例外が存在するかどうか、およびアプリケーションが正常に終了するかどうか。

テスト キットは、Visual Studio と統合されています。テスト キットを開くには、次の手順を実行します。

  1. Visual Studio で Windows Phone OS 7.1 以降を対象とする Windows Phone アプリケーションを開きます。

  2. ソリューション エクスプローラーでテストするプロジェクトを選択します。

  3. [プロジェクト] メニューで [Marketplace Test Kit を開く] オプションを選択します。

    または

    プロジェクトを右クリックしてコンテキスト メニューを表示し、[Marketplace Test Kit を開く] をクリックします。

    テスト キットが [Marketplace Test Kit] という名前の新しい Visual Studio タブで開きます。次の画像に、Visual Studio で開かれたテスト キットを示します。

    AP_Con_TestKitAppDetails

    テスト キットのタブの一番下に、テスト ケースが更新されているという黄色のバーが表示されることがあります。更新の確認メッセージを次の図に示します。

    Marketplace Test Kit の更新プロンプト
  4. テスト キットのタブの一番下に更新のプロンプトが表示されている場合は、[更新] ボタンをクリックします。テスト キットを更新した場合、続行する前にテスト キットを閉じて再開する必要があります。

テスト キットは新しい Visual Studio タブで開くため、アプリケーションのファイルとテスト キットを簡単に切り替えられます。テスト キットのインターフェイスには、テストの一覧を表示するタブがあります。これらのタブは、テスト キットの機能を切り替えられるようにします。それぞれのタブには、アプリケーションに対して実行する異なるセットのテストが含まれています。

注注:

すべてのテストは、テスト キットを開いたときに選択されていたプロジェクトに対して実行されます。異なるプロジェクトを対象にした複数のテスト キットのインスタンスを同時に実行することができます。別のプロジェクトのテスト キットを開くには、ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを選択し、コンテキスト メニューの [Marketplace Test Kit を開く] をクリックします。または、対象のプロジェクトを変更するには、テスト キットを閉じてプロジェクトを選択してから、テスト キットを再び開く必要があります。

テスト キットには、アプリケーションの詳細およびテストのカテゴリを示す複数のタブがあります。それぞれのテストのカテゴリには、一連のテストがその名前および説明と共に一覧に表示されています。テストは自動的に実行できるかどうか、または開発者の部分的あるいは完全な関与を必要とするかどうかによって分類されています。テスト キットには、次のタブがあります。

  • アプリケーションの詳細

  • 自動テスト

  • 監視付きテスト

  • 手動テスト

以降のセクションでは、これらのタブについて、およびテストの実行方法について詳しく説明します。

アプリケーションの詳細

[アプリケーションの詳細] タブにはアプリケーション パッケージのリストが表示され、後のテスト手順で評価する画像を指定できます。次の画像に、テスト キットの [アプリケーションの詳細] タブを示します。

AP_Con_TestKitAppDetails

[アプリケーション パッケージ] ボックスには、アプリケーションのアプリケーション パッケージ (XAP ファイル) へのパスが一覧に表示されます。このパスは既定では、選択中のプロジェクトの Bin\Release フォルダーになります。つまり、自動テストおよび監視付きテストで認定されるためには、リリース ビルドを使用する必要があります。

また、[アプリケーションの詳細] タブでは、Marketplace でアプリケーションを表わす画像を指定できます。これらの画像は、テスト キットの一部としてテストされます。必要な画像を指定しないと、アプリケーションはテスト キットのテストに合格しません。指定できる画像を次の表に示します。

注注:

画像の要件は変更される可能性があることに注意してください。アプリケーションをテストするときは、必ずテスト キットの最新版を使用し、また MSDN で認定要件を確認してください。画像の要件の詳細については、「アプリケーション送信の要件」を参照してください。

イメージ

サイズ (ピクセル)

形式

必須

大きいアプリケーション タイル

173 x 173

PNG

はい

小さいアプリケーション タイル

99 x 99

PNG

はい

200 x 200

PNG

はい

アプリケーションのスクリーンショット

480 x 800

PNG

はい

最大 7 つのアプリケーションのスクリーンショット

480 x 800

PNG

いいえ

アプリケーションを提出するために必要なアートワークの詳細については、「アプリケーションのアートワーク」を参照してください。

エミュレーターで提供されているスクリーンショット ツールを使用すると、正しいサイズと解像度のアプリケーションのスクリーンショットを簡単に得られます。詳細については、「方法: Windows Phone Marketplace 用のスクリーンショットを作成する」を参照してください。

自動テスト

[自動テスト] タブでは、アプリケーションのサイズ、アプリケーションが必要とする機能、アプリケーションの画像の有無とサイズなど、アプリケーションの基本的な条件を評価するテストが提供されます。次の画像に、テスト キットの [自動テスト] タブを示します。

AP_Con_TestKitAutomatedTests
注注:

認定要件は変更される可能性があることに注意してください。アプリケーションをテストするときは、必ずテスト キットの最新版を使用し、また MSDN で認定要件を確認してください。自動テストの認定要件の詳細については、「アプリケーション送信の要件」を参照してください。

自動テストを実行するには

  1. Marketplace Test Kit の [アプリケーションの詳細] タブで、アプリケーションの追加リソースが指定されていることを確認します。

  2. リリース ビルドを作成します。詳細については、「方法: Visual Studio を使用して Windows Phone アプリケーションをビルドおよび配置する」を参照してください。

    自動テストで認定されるためには、リリース ビルドを使用する必要があります。

  3. [自動テスト] タブをクリックします。

    自動テストが表示されます。

  4. [テストの実行] ボタンをクリックします。

    自動テストが開始されます。テストが完了すると、各テストの合格または不合格の結果が表示されます。また、テストの説明および関連のあるエラー メッセージも表示されます。

  5. 必要に応じて、[機能検証] テストの結果を使用し、WMAppManifest.xml ファイルを正しい情報で更新できます。

    この方法の詳細については、「方法: アプリケーションの機能を特定する」を参照してください。

  6. テストが不合格の場合、提供された情報を使用して問題を修正し、テストを再び実行します。アプリケーションがこのセクションのすべてのテストに合格するまで、このプロセスを繰り返す必要があります。

監視付きテスト

[監視テスト] タブでは、デバイスで使用中のアプリケーションのパフォーマンスと信頼性を分析する一連のテストが提供されます。次の画像に、テスト キットの [監視付きテスト] タブを示します。

AP_Con_TestKitMonitoredTests
注注:

パフォーマンスと信頼性の要件は変更される可能性があることに注意してください。アプリケーションをテストするときは、必ずテスト キットの最新版を使用し、また MSDN で認定要件を確認してください。監視付きテストの要件の詳細については、「技術認定の要件」を参照してください。

監視付きテストを実行するには

  1. Visual Studio で、リリース ビルドを作成します。詳細については、「方法: Visual Studio を使用して Windows Phone アプリケーションをビルドおよび配置する」を参照してください。

    監視付きテストで認定されるためには、リリース ビルドを使用する必要があります。

  2. 標準のツール バー上で、対象デバイスを [Windows Phone デバイス] に設定します。

    エミュレーターでのパフォーマンスは、実際のパフォーマンスを表しているわけではありません。正確なパフォーマンスを知るには、デバイス上で実行する必要があります。

  3. 登録されている Windows Phone デバイスをコンピューターに接続します。デバイスの電源が入っていることと、画面がロック解除されていることを確認します。

  4. Marketplace Test Kit で、[監視付きテスト] タブをクリックします。

    監視付きテストが表示されます。

  5. [スタート アプリケーション] をクリックします。

    これで、接続されたデバイスにアプリケーションが展開されて起動し、監視付きテストが開始されます。

  6. アプリケーションを操作して、一般的なユーザー タスクを実行します。また、アプリケーションの実行中にデバイスの戻るボタンを使用する必要があります。

  7. アプリケーション全体の操作が完了したら、アプリケーションを終了します。アプリケーションを終了するには、戻るボタンをクリックするか、[監視付きテスト] タブの [アプリケーションを閉じる] をクリックします。終了する場合は、戻るボタンをクリックすることが望ましい方法です。

    アプリケーションが終了すると、テスト結果が表示されます。各テストについてステータスを示すために、[結果の詳細情報] 列が [合格] または [不合格] に更新されます。テストを実行するためのデータが不足している場合は、[未解析] と表示されます。テストが実行された場合は、テスト結果についての詳細が [エラー メッセージ] 列に表示されます。

  8. テストが不合格の場合は、提供された情報を使用して問題を修正し、このセクションのテストを再び実行します。アプリケーションがこのセクションのすべてのテストに合格するまで、このプロセスを繰り返す必要があります。

手動テスト

[手動テスト] タブでは、Window Phone デバイスで実行中のアプリケーションで完了する必要のある一連のテスト ケースが提供されます。手動テストではアプリケーションを操作して異なる条件下での動作を確認し、アプリケーションがアプリケーション認定要件を満たしていることを確実にする必要があります。次の画像に、テスト キットの [手動テスト] タブを示します。

AP_Con_TestKitManualTests
注注:

認定要件は変更される可能性があることに注意してください。アプリケーションをテストするときは、必ずテスト キットの最新版を使用し、また MSDN で認定要件を確認してください。手動テストの認定要件の詳細については、「技術認定の要件」を参照してください。

手動テストを実行するには

  1. Visual Studio で、リリース ビルドを作成します。最適な結果を得るために、配置対象として Windows Phone デバイスも指定する必要があります。詳細については、「方法: Visual Studio を使用して Windows Phone アプリケーションをビルドおよび配置する」を参照してください。

  2. 標準のツール バー上でターゲット デバイスを設定します。最適な結果を得るためには、[Windows Phone デバイス] を指定する必要があります。

  3. Marketplace Test Kit で、[手動テスト] タブをクリックします。

    手動テストが表示されます。

  4. 各テストについて、[テストの説明] 列にある手順に従う必要があります。

  5. アプリケーションの動作を確認し、結果に応じて [結果] 列のドロップダウンを [合格] または [不合格] に変更します。

  6. テストが不合格の場合、提供された情報を使用して問題を修正します。テストの認定要件の詳細については、[テストの説明] 列の [詳細] リンクをクリックしてください。

  7. アプリケーションの問題を修正したら、アプリケーションをデバイスに再び展開し、テストの手順を再度実行します。アプリケーションがこのセクションのすべてのテストに合格するまで、このプロセスを繰り返す必要があります。

表示: