商標と著作権保護

2012/02/09

1. Windows Phone アプリケーションや開発者名によって自分のパブリシティ権や商標が侵害されていると思われる場合は、どうしたらよいですか?

パブリシティ権や登録商標の所有者から Windows Phone 開発者による権利侵害について、信じるに足る理由のある申し立てがあった場合には、申し立てを検証するプロセスが用意されています。申し立てを行う場合は、mktlegal@microsoft.com 宛てに Microsoft までご連絡ください。Microsoft から返信を差し上げます。追加情報の提供をお願いする場合もあります。パブリシティ権または商標の所有者、あるいはその正式な代理人からの申し立てのみを mktlegal@microsoft.com に送信してください。

2. 著作権の所有者が、Windows Phone アプリケーション内で発生している著作権侵害の申し立てを行うには、どうすればよいですか?

Windows Phone アプリケーション内で著作権付きマテリアルが第三者によって侵害されている場合、著作権所有者は、デジタル ミレニアム著作権法 (DMCA) に従って侵害の通知を提出することができます。DMCA では、著作権所有者は著作権侵害の疑いがある行為を Microsoft などのオンライン サービス プロバイダーに通知することができます。DMCA 通知には、DMCA に即して有効と認められるために、具体的な情報および明細が含まれている必要があります。

著作権所有者またはその正式な代理人は、DMCA に準拠した通知を Microsoft の指定された DMCA 代理人に書面で送付することができます。メールの場合は dmcaagnt@microsoft.com まで、書面の場合は K. Carlson, One Microsoft Way, Redmond, WA 98052 宛て (Fax: 425-936-7329、電話 425-703-5529) にご連絡ください。

3. Microsoft 製品またはサービスと連携して動作するアプリケーションを作成しました。Microsoft 製品またはサービスの名前を自分のアプリケーションの名前で使用できますか?

Microsoft 製品またはサービスの名前をこのように使用しないよう強くお願いします。ただし、明確なビジネス上の必要性がある場合は、次のガイドラインに従うことを条件に、このような名前の使用が許可されます。

  • アプリケーションの名前を Microsoft 製品またはサービスの公開時の名前で始めることはできません。たとえば、"Xbox Points Calculator" はアプリケーション名として使用できません。"Bob's Points Calculator for Xbox" のような名前をお勧めします。これにより、アプリケーションが Microsoft によって配布されているものではないことが明確になります。

  • アプリケーションが Microsoft 製品またはサービスと連携して動作するように設計されていることがわかるような名前を付けてください。たとえば、"works with" (連携)、"for" (用)、"designed for" (向けに設計)、"optimized for" (向けに最適化) などの用語はすべて、Microsoft 製品またはサービスと連携して動作するように設計された製品であることを表すために使用できます。"certified" (認定済み)、"official" (公式版)、"authentic" (認証済み)、"licensed" (ライセンス許可済み) などの用語は、法律的な連携や明白な承認を暗示するため、Microsoft との正式な商標ライセンス契約なしには使用しないでください。一般的に、この状況ではこのような契約は利用できません。

  • Microsoft 製品またはサービスの名前はプレーン テキストでのみ使用してください。修飾的な字体を使用したり、グラフィックを付加したりしないでください。

詳細については、「Microsoft 一般商標ガイドライン」を参照してください。

4. 他社の商標付きの名前またはロゴを自分のアプリケーションのタイトルで使用することや、自分のアプリケーションのコンテンツの一部として使用することはできるでしょうか?

他社の商標付きの名称またはロゴの使用については、ご自身の商標カウンセラーに相談してください。ただし、商標所有者から商標の不適切な使用について妥当な通知があった場合、Microsoft はアプリケーションを Marketplace サイトから除去します。したがって、適正かつ適切な対応を強く要請します。

詳細については、「U.S. Patent and Trademark Office: Trademark Basics (米国特許商標庁: 商標の基本)」を参照してください。

5. WINDOWS FLAG ロゴなど、Microsoft のグラフィック商標 (ロゴ) を自分のアプリケーションで使用できますか?

いいえ。Microsoft は正式なライセンスを通してのみ、サード パーティに商標ロゴの使用を許可します。このようなライセンスは一般にこの状況では利用できません。

詳細については、「U.S.Patent and Trademark Office: Trademark Basics (米国特許商標庁: 商標基本)」を参照するか、「U.S. Copyright Office: Copyright Basics (米国著作権庁: 著作権の基本)」をダウンロードしてください。

6. 自分のアプリケーションで Microsoft の商標に言及するとき、® または ™ 記号を使用する必要はありますか? また、Microsoft の商標を使用するときは、たとえば "Microsoft は Microsoft Corporation の登録商標です" のように商標の帰属についての通知をアプリケーションに含める必要がありますか?

法的な要件ではありませんが、Microsoft ではこれらの記号や帰属の通知をアプリケーションに含めていただくようお願いしています。皆様のご協力に感謝いたします。

7. 名前を変更しさえすれば、他のだれかのゲームとまったく同じゲームを作成しても問題ないでしょうか?

いいえ。許可がない限り、認められません。著作権ではゲームのアイデアは保護されませんが、オリジナルのオーディオビジュアル要素、グラフィック、サウンド、キャラクターなどのゲーム内でのオリジナルの表現と、これらの要素のオリジナルの選択と配置は、著作権によって保護されます。他のだれかが作成したゲームに酷似したゲームの作成者は、著作権侵害の申し立てを受ける可能性があります。Microsoft ではこの問題に関して助言はできません。ゲームが酷似しているかどうかについて不確かな場合は、ご自身の弁護士に相談してください。

詳細については、「U.S. Copyright Office: Copyright Basics (米国著作権庁: 著作権の基本)」をダウンロードしてください。

8. アプリケーションの商標または著作権侵害の申し立てを受理したという Microsoft からの通知が届いた場合は、どうすればよいですか?

Microsoft からの通知を注意して読み、指示に従ってください。Microsoft からの通知には、具体的な手順が記載されています。その手順に従って、問題を是正するために実施した対処、申し立て主張者への不合意、Marketplace へのアプリケーション再申請の希望などの情報をお知らせください。

表示: