この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Storage Analytics

 

Azure Storage Analytics では、ログ記録を実行し、ストレージ アカウントのメトリック データを提供します。 このデータは、要求のトレース、使用傾向の分析、およびストレージ アカウントに関する問題の診断に使用できます。

Storage Analytics を使用するには、必要があります有効にして個別に監視するサービスごとに。 有効にすることができます、 Azure 管理ポータル。 詳細については、を参照してください ストレージ アカウントの監視方法します。 REST API またはクライアント ライブラリを使用してプログラムで有効にすることもできます。 使用して、 Set Service Properties サービスごとに Storage Analytics を個別に有効にする操作。

System_CAPS_noteメモ

Storage Analytics のメトリックは、Blob、キュー、テーブル、およびファイル サービスで利用できます。

ストレージ分析ログは、Blob、キュー、およびテーブル サービスで利用できます。

ゾーン冗長ストレージ (ZRS) のレプリケーションの種類のストレージ アカウントは、メトリックまたはログ機能がこの時点で有効になっている必要はありません。

よく知られている blob (ログ) ではよく知られているテーブル (メトリック)、Blob サービスとテーブル サービス Api を使用してアクセスすることが、集計データが格納されます。

Storage Analytics は、ストレージ アカウントの合計の制限に依存しない格納されたデータの量に 20 TB の上限を与えます。 請求とデータ保持ポリシーの詳細については、次を参照してください。 Storage Analytics と課金します。 ストレージ アカウントの制限に関する詳細については、次を参照してください。 Azure ストレージのスケーラビリティおよびパフォーマンスのターゲットします。

Storage Analytics やその他のツールを使用して、識別、診断、および Azure Storage 関連の問題をトラブルシューティングする詳細なガイドを参照してください。 モニター、診断、および Microsoft Azure Storage のトラブルシューティングを行うします。

Storage Analytics が有効にし、記憶域サービスのプロパティの設定/取得操作を使用して構成します。 これらの操作は、次の表に一覧表示されます。

操作

description

Set Blob Service Properties

設定または Storage Analytics や既定の要求バージョンなど、Blob サービスのプロパティを更新します。

Get Blob Service Properties

Storage Analytics や既定の要求バージョンなど、Blob サービスのプロパティを取得します。

Set Table Service Properties

設定または Storage Analytics など、テーブル サービスのプロパティを更新します。

Get Table Service Properties

Storage Analytics など、テーブル サービスのプロパティを取得します。

Set Queue Service Properties

設定またはキュー サービスは、Storage Analytics などのプロパティを更新します。

Get Queue Service Properties

Storage Analytics など、キュー サービスのプロパティを取得します。

Set File Service Properties

設定または Storage Analytics のメトリックなど、ファイル サービスのプロパティを更新します。

ファイル サービスのプロパティの取得

Storage Analytics のメトリックなど、ファイル サービスのプロパティを取得します。

表示: