このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 の写真の機能拡張

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

 

このトピックでは、アプリで Windows Phone の写真のエクスペリエンスを拡張する方法について説明します。アプリをフォト ハブと組み込みのフォト ビューアーに表示する方法や、アプリの起動時に、ユーザーが表示していた写真を自動的に開く方法を紹介します。アプリをレンズまたは自動アップロード アプリとして Windows Phone と統合する方法については、「Windows Phone 8 のレンズ」と「Windows Phone 8 の自動アップロード アプリ」を参照してください。

機能拡張の目的は、ユーザーが時間を節約し、組み込みの写真のエクスペリエンスから独自のフォト アプリにスムーズに切り替えられるようにすることです。たとえば、組み込みのフォト ビューアーを使用して写真を表示しているユーザーが、アプリでその写真を編集しようと思ったとします。機能拡張がなければ、[スタート] をタップする、アプリの一覧を開く、アプリを起動する、同じ写真をもう一度選択する、という一連の操作が必要になります。一方、機能拡張があれば、単にアプリ バーを上へスワイプし、[編集] をタップしてアプリを選択するだけで、同じ写真がアプリで開きます。ユーザーの側で選択操作は必要ありません。

写真関連のアプリは、フォト ハブか、組み込みのフォト ビューアー アプリから起動できます。ただし、 Windows Phone ストア でアプリの認定を受けるためには、他にも考慮が必要な要件があります。詳細については、「Windows Phone の特定のアプリの種類に関する追加の要件」を参照してください。

重要:重要:

現在のリリースでは、写真の機能拡張に Extras.xml ファイルと E0F0E49A-3EB1-4970-B780-45DA41EC7C28.xml ファイルは必要ありません。アプリを Windows Phone OS 7.1 または Windows Phone 8 にアップグレードする場合は、これらのファイルを削除し、このセクションで説明する新しい機能拡張の手法を使用してください。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

 

次の表に、写真関連の拡張ポイント、その拡張機能の名前、起動 URI で使用される URI キーワードを示します。また、各拡張ポイントに適用される Windows Phone のバージョンも示します。

拡張ポイント

拡張機能の名前

URI キーワード

Windows Phone OS 7.1 

Windows Phone 8

写真ハブ

Photos_Extra_Hub

green check markgreen check mark

共有ピッカー

Photos_Extra_Share

ShareContent, FileId

green check markgreen check mark

リッチ メディア アプリ

Photos_Rich_Media_Edit

RichMediaEdit, token

red xgreen check mark

写真編集ピッカー

Photos_Extra_Image_Editor

EditPhotoContent, FileId

red xgreen check mark

フォト アプリ ピッカー

Photos_Extra_Viewer

token

green check markred x

これ以降は、これらの拡張ポイントの概要を紹介します。

フォト ハブでは、写真のフリップ、オンライン アルバムの閲覧、友人の最新のスナップショットの確認が可能です。フォト アプリ専用の [アプリ] ピボット ページもあります。フォト ハブを拡張すると、アプリはこのピボット ページに表示されます。写真ハブからアプリにアクセスする方法を次のイメージに示します (左から右に向かって操作)。

AP_Con_CameraPhotoHub

スタート画面からフォト ハブを開いてから、[アプリ] というピボット ページにスワイプします。ただし、フォト ハブを拡張するアプリを少なくとも 1 つはインストールしないと、[アプリ] ピボット ページはフォト ハブに表示されません。[アプリ] ピボット ページのアプリの一覧で、アプリ リンクをタップしてアプリを起動します。アプリをフォト ハブに統合する方法の詳細については、「Windows Phone 8 のフォト ハブの拡張」を参照してください。

組み込みのフォト ビューアーで写真を表示しているときに、アプリ バーをタップしてさまざまなオプションを選択できます。アプリは、ターゲットにしている Windows Phone のバージョンに応じて、次の図に示す拡張ポイントのいずれかと統合できます。

Photo viewer app bar has several extension points.
  1. 共有ピッカーを拡張: アプリを共有リンクから起動でき、ユーザーの写真を Web サービスで共有するための魅力的なエクスペリエンスを提供できます。詳細については、「Windows Phone 8 の共有ピッカーの拡張」を参照してください。

  2. リッチ メディア アプリを統合 (Windows Phone 8 のみ): リッチ メディア アプリでキャプチャした写真を表示すると、アプリを起動するための特別なオープン リンクがアプリ バーに表示されます。リッチ メディア アプリの詳細と、リッチ メディア アプリをフォト ビューアーと統合する方法については、「Windows Phone 8 のリッチ メディア機能拡張」を参照してください。

  3. 写真編集ピッカーを拡張 (Windows Phone 8 のみ): アプリを編集リンクから起動でき、ユーザーは写真を編集できます。詳細については、「Windows Phone 8 の写真編集ピッカーの拡張」を参照してください。

  4. フォト アプリ ピッカーを拡張 (Windows Phone OS 7.1 のみ): アプリをアプリ リンクから起動でき、ユーザーは写真を編集できます。この拡張ポイントは、将来のリリースで廃止されます。代わりに、新しい Windows Phone 8 写真編集アプリによって写真編集ピッカーが拡張されます。詳細については、「Windows Phone 7 の写真アプリ ピッカーの拡張」を参照してください。

共有ピッカーを拡張するアプリは、その他の拡張ポイントのいずれかも拡張できますが、アプリがその適切なページで起動するようにしてください。たとえば、写真の編集と Web サービスでの共有に対応したアプリの場合、編集リンクと共有リンクを拡張できます。ユーザーが編集リンクをクリックすると、ユーザーの写真が表示されたページが開き、すぐに写真を編集できる状態になります。ユーザーが共有リンクをクリックすると、ユーザーの写真が表示されたページが開き、すぐに写真を共有できる状態になります。ただし、ご想像どおり、ユーザーが編集リンクをクリックしたのにアプリの共有ページが表示されたら、非常に不便です。起動 URI のマッピングの詳細については、上記の一覧の該当する方法のトピックを参照してください。

重要:重要:

将来のリリースでは、写真アプリ ピッカーは使用されなくなる予定です。代わりに、新しい Windows Phone 8 写真編集アプリによって写真編集ピッカーが拡張されます。拡張ポイントの詳細については、「Windows Phone 8 の写真編集ピッカーの拡張」を参照してください。

表示:
© 2015 Microsoft