情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone 8 のバックグラウンド エージェントの非サポート API

2014/06/18

対象: Windows Phone 8 および Windows Phone Silverlight 8.1 | Windows Phone OS 7.1

API の中には、スケジュールされたタスクで実行されるコードでは使用できないものがあります。これには、ScheduledTaskAgent から呼び出されるライブラリ内のコードとして ScheduledTaskAgent を実装するクラスに含まれるコードなどがあります。こうした API の一部は開発ツールで検出され、実行時またはコンパイル時にエラーが出力されます。その他の API は、ストア のアプリケーション送信プロセスで制限されます。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

以下の表は、各名前空間において、スケジュールされたタスクではサポートされていない API の一覧です。一部の名前空間では、その名前空間のすべての API がサポートされません。

名前空間

サポートされない API

Microsoft.Devices

Camera

Microsoft.Devices

VibrateController

Microsoft.Devices

NowPlaying

Microsoft.Devices.Radio

この名前空間の API はすべてサポートされていません。

Microsoft.Devices.Sensors

この名前空間の API はすべてサポートされていません。

Microsoft.Phone.BackgroundAudio

BackgroundAudioPlayer

Microsoft.Phone.BackgroundTransfer

Add(BackgroundTransferRequest)

Microsoft.Phone.Controls

WebBrowser

Microsoft.Phone.Info

IsKeyboardDeployed

Microsoft.Phone.Notification

この名前空間の API はすべてサポートされていません。

Microsoft.Phone.Scheduler

Add(ScheduledAction)

Remove(String)

Replace(ScheduledAction)

Microsoft.Phone.Shell

以下を除くすべての API がサポートされません。

Microsoft.Phone.Tasks

この名前空間の API はすべてサポートされていません。

Microsoft.Xna.*

Windows Phone 8 では、XNA Framework のすべての名前空間のすべての API は、以下を除きサポートされます。

  • Picture

  • PictureAlbum

  • PictureAlbumCollection

  • PictureCollection

Windows Phone 8 より前のバージョンの Windows Phone では、XNA Framework のすべての名前空間はサポートされません。

System.Windows

MessageBox

System.Windows

Clipboard

System.Windows.Controls

MediaElement

System.Windows.Controls

MultiScaleImage

System.Windows.Media

LicenseAcquirer

System.Windows.Media

A/V Capture

System.Windows.Navigation

この名前空間の API はすべてサポートされていません。

GeoCoordinateWatcher

この API は、デバイスの地理座標を取得するために使用されるもので、バックグラウンド エージェントでの使用はサポートされていますが、リアルタイム データではなく、キャッシュされた位置情報の値を使用します。このキャッシュされた位置情報の値は 15 分ごとにデバイスによって更新されます。

Mutex クラス

分離ストレージなどのフォアグラウンド アプリケーションとバックグラウンド エージェントとで共有されるリソースへのアクセスを同期するには、Mutex クラスを使用します。

ShellToast クラス

このクラスを使用すると、実行中のバックグラウンド エージェントからのトースト通知をポップアップ表示できます。

ShellTile クラスの Update(ShellTileData) メソッド。

ShellTile クラスの Delete() メソッド。

ShellTile クラスの ActiveTiles プロパティ。

これらのメソッドは、実行中のバックグラウンド エージェントからのシェル タイルを変更するときに使用できます。ただし、シェル タイルをバックグラウンド エージェントで作成することはできません。

HttpWebRequest クラス

このクラスでは、実行中のバックグラウンド エージェントからウェブ要求を出すことができます。

表示: