エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Windows Phone のタイルの概要

2012/02/09

タイルは、スタート画面に表示されるアプリケーションへのリンクです。タイルには、アプリケーション タイルおよびセカンダリ タイルの 2 種類があります。

アプリケーション タイルは、ユーザーがアプリケーション リストでアプリケーションのアイコンを押したままにして、アプリケーションをスタート画面に追加したときに作成されるタイルです。追加されたアプリケーション タイルをタップすると、アプリケーションの開始ページに移動します。

セカンダリ タイルは、ユーザーからの操作に基づいてアプリケーションによってプログラムで作成されます。セカンダリ タイルの一般的な用途として、ユーザーが天気予報を必要とする市町村ごとにタイルをスタート画面に追加する天気アプリケーションや、ユーザーが見たいニュースの種類 (世界のニュース、地域のニュース、スポーツなど) ごとにタイルをスタート画面に追加するニュース アプリケーションがあります。アプリケーションのコードは、タイルのナビゲーション先をカスタマイズする起動パラメーターをタイルに提供します。たとえば、天気アプリケーションから追加されたセカンダリ タイルをタップすると、特定の市町村の詳細ページが開きます。このタイルには、その市町村の天気の詳細が表示され、タイル上でライブで更新されます。

アプリケーション タイルがなくても、スタート画面にアプリケーションのセカンダリ タイルを作成することができます。

タイルの種類

タイルの作成

タイルの削除

タイルの更新

アプリケーション タイル

ユーザーがアプリケーション リストでアプリケーション名をタップしたまま押さえ、[スタート画面に追加] を選択したときのみユーザーによって作成できます。プロパティは最初はアプリケーション マニフェストに設定されます。詳細については、「方法: Windows Phone のアプリケーション タイルの初期プロパティを設定する」を参照してください。

削除することはできません。アプリケーション タイルはスタート画面に追加するか、追加しないかを選択できます。ただし、ユーザーがアプリケーション タイルをスタート画面に追加していない場合でもプログラムで更新できるので、ユーザーが追加する決定をした場合でも、そのプロパティ データは最新の状態になります。

以下を使用して更新できます。

セカンダリ タイル

アプリケーションでのユーザー入力の結果としてのみ作成できます。これにより、アプリケーションは Create(Uri, ShellTileData) メソッドを使用してスタート画面にタイルを作成します。新しいセカンダリ タイルが作成されると UI はスタート画面に移動するので、一度に作成できるセカンダリ タイルは 1 つのみです。

次の操作で削除できます。

  1. ユーザーがスタート画面へのタイルの追加を解除する。

  2. アプリケーションをアンインストールする。

  3. Delete()()()() を呼び出す。

以下を使用して更新できます。

Windows Phone OS 7.1 から、タイルは両面になっています。タイルは、タイルの '"前面" および "背面" を反転することで情報を表示します。タイルの背面にプロパティが設定されていない場合、タイルは反転せず、タイルの前面のみが表示されます。ShellTile またはプッシュ通知を使用してプロパティを設定するときは、新しい値を与えられないプロパティは現在の値を保持します。

タイルの設計方法の具体的なガイドラインについては、「Windows Phone の重要なグラフィック、ビジュアル インジケーター、および通知」の「スタート タイル」セクションを参照してください。タイルの認定ガイドラインについては、「Windows Phone のアプリケーション認定の要件」を参照してください。

次の図に、タイルの前面の外観を示します。

AP_Tiles_TileComponentsFront

アプリケーション タイルとセカンダリ タイルのプロパティは同じです。タイルの前面のプロパティは次のとおりです。

  • Title。アプリケーションのタイトルを示す文字列。Title は 1 行のテキストに収める必要があり、実際のタイルより大きくならないようにする必要があります。約 15 文字まで、切り詰められずにタイトルに収まります。

  • BackgroundImage。タイルの前面に表示されるイメージ。タイルの前面に常に背景イメージを使用することをお勧めします。

  • Count (Badge とも呼ばれる)。1 ~ 99 の整数値。Count の値が設定されていない場合、または 0 に設定されている場合、タイルに円のイメージと値が表示されません。

次の図に、タイルの背面の外観を示します。

AP_Tiles_TileComponentsBack

タイルの後面のプロパティは次のとおりです。

  • BackTitle。タイルの背面の下部に表示される文字列。BackTitle は 1 行のテキストに収める必要があり、実際のタイルより大きくならないようにする必要があります。約 15 文字まで、切り詰められずにタイトルに収まります。

  • BackBackgroundImage。タイルの背面に表示されるイメージ。

  • BackContent。タイルの背面の本文に表示される文字列。切り詰めなしで約 40 文字をタイルに設定することができます。

重要な注重要な注:

セカンダリ タイルを作成するときに、ローカル リソースを使用して BackgroundImage イメージおよび BackBackgroundImage イメージを作成する必要があります。

セカンダリ タイルまたはアプリケーション タイルへの更新は、ローカル イメージまたはリモート イメージを使用して行うことができます。ローカル リソースは XAP パッケージの一部としてインストールされるか、分離ストレージに保存される必要があります。URI が、分離ストレージに格納されているイメージを参照する場合、そのイメージは Shared\ShellContent フォルダーにある必要があります。詳細については、「Windows Phone の分離ストレージの概要」を参照してください。

BackgroundImage プロパティおよび BackBackgroundImage プロパティに使用されるイメージに関するその他の注意点の一部を次に示します。

  • タイル イメージには .jpg または .png ファイルを指定できます。

  • ネットワークの変動性およびパフォーマンス上の理由から、タイル イメージにはローカル リソースの使用を検討してください。

  • 透明部分のある .png をイメージに使用すると、ユーザーのテーマ カラーが透けて表示されます。

  • タイルは 173 x 173 ピクセルです。指定したイメージの大きさが異なる場合は、173 x 173 になるように調整されます。

  • https はリモート イメージではサポートされていません。

  • リモート イメージは 80 KB 以下に制限されます。これを超える場合はダウンロードされません。

  • リモート イメージは 30 秒以内にダウンロードされる必要があり、そうしないとダウンロードされません。

  • 何らかの理由で BackGround イメージまたは BackBackGround イメージの読み込みに失敗した場合、更新で設定されているその他のプロパティはいずれも変更されません。

次の表とコード サンプルに、各タイルのプロパティをクリアして、表示されないようにする方法を示します。ただし、タイルの前面に常に背景イメージを使用することをお勧めします。

プロパティ

Title

空の文字列

BackgroundImage

常に背景イメージが必要です。

Count

0

BackTitle

空の文字列

BackBackgroundImage

空の URI。

BackContent

空の文字列

StandardTileData NewTileData = new StandardTileData
    {
        Title = "",
        BackgroundImage = new Uri("", UriKind.Relative),
        Count = 0,
        BackTitle = "",
        BackBackgroundImage = new Uri("", UriKind.Relative),
        BackContent = ""
    };

注意点注意:

開発プロセス中は、ソリューションのバージョンを配置した後で、タイルまたはアプリケーション アイコンのアートを更新することが必要になる場合があります。更新されたソリューションを再配置するときに、更新されたアートはすぐにデバイスまたはエミュレーターに表示されない可能性があります。更新を確認するには、アプリケーション リストをスクロールするか、スタート画面をスクロールするか、電話またはエミュレーターのソフト リセットを実行します。

アニメーションまたはサウンドを使用してタイルを更新することはできません。タイルのプロパティの配置はカスタマイズ可能ではありません。

タイルの操作

タイルを操作するには、次のテクノロジを使用できます。

表示:
© 2015 Microsoft