方法: 加速度センサーを使用するアプリケーションをテストする

2012/02/09

Windows Phone SDK 7.1 には加速度センサー シミュレーターが含まれています。このトピックでは、加速度センサーを使用するアプリケーションをテストする方法について説明します。加速度センサーのサンプルについては、「Windows Phone のコード サンプル」を参照してください。

加速度センサー シミュレーターはエミュレーターから簡単に表示できます。

加速度センサー シミュレーターを表示するには

  1. エミュレーターのツール バーを表示するには、マウス ポインターをエミュレーターの右側に移動します。

    次のイメージは、シェブロン ボタンが強調表示されたツール バーを示しています。

    データ ボタン
  2. エミュレーターのツール バーの下部にあるシェブロン ボタンをクリックして、[その他のツール] ウィンドウを開きます。

  3. [加速度センサー] タブをクリックして加速度センサー シミュレーターを表示します。

    次の図は加速度センサー シミュレーターを示しています。

    シミュレーター センサー

ライブ入力または事前に記録された入力を使用して加速度センサーをテストできます。

実際の入力でアプリケーションをテストするには

  1. Visual Studio で、エミュレーターでテストするアプリケーションを実行します。

  2. [その他のツール] ウィンドウを開きます。

  3. [方向] ドロップダウン リストをシミュレーターの開始方向に設定します。

  4. タッチ パッドの中央にあるピンク色の点をドラッグして、3 次元空間でのデバイスの動きをシミュレートします。

    点を水平に移動すると、シミュレーターは左右に回転します。点を垂直に移動すると、シミュレーターは x 軸の周りを前後に回転します。タッチ パッド領域の境界円の外側に点を移動することはできません。点をドラッグすると、回転の計算に基づいて X、Y、Z の各座標が更新されます。

記録されたシェイク入力を使用してアプリケーションをテストするには

  1. [方向] ドロップダウン リストをシミュレーターの開始方向に設定します。

  2. [記録済みデータ] ドロップダウンが [シェイク] に設定されていることを確認します。

  3. Visual Studio で、エミュレーターでテストするアプリケーションを実行します。

  4. アプリケーションがエミュレーターに読み込まれたら、[記録済みデータ] セクションの [再生] ボタンをクリックして、シミュレートされたデータの再生を開始します。

    注注:

    データの再生中、シミュレーターは移動しません。

表示: