情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Windows Phone の TextBox コントロールのデザイン ガイドライン

2013/12/05

対象: Windows Phone 8 | Windows Phone OS 7.1

TextBox コントロールは、キーボードによるユーザー入力を受け取ります。

UI_TextBox

このトピックは、次のセクションで構成されています。

TextBox コントロールは高さが固定された四角形のブロックで、その中のテキストを編集することができます。TextBox コントロールをタップするとカーソルが表示され、オンスクリーン キーボードが画面上に現れます。通常は、キーボードの Enter キーを押すとアプリで指定された方法に応じて入力内容が処理されます。

テキスト ボックスには 1 行または複数行のテキストを表示できます。複数行のテキスト ボックスは、コントロールのサイズに合わせてテキストを折り返します。

TextBox コントロールには、その長さを除いては、何が有効な入力内容であるかを視覚的に示す要素はありません。その TextBox コントロールに何が入力できるか、何を入力すべきかを、ラベルを使って伝える必要があります。視覚的に明確に伝えることにより入力時にエラー メッセージが表示される可能性を減らすことができ、開発したアプリでのテキスト入力はすばやく簡単だという印象を与えることができます。

テキスト ボックスを読み取り専用にすることもできますが、通常は編集可能なテキストの入力に使用します。

サポートされるジェスチャ:

  • タップ - フォーカスと選択

  • タップしたまま押さえる - 正確なキャレット挿入

TextBox コントロールは、ユーザーが少量のテキストを入力できるようにするために使用します。TextBox コントロールは、最大文字数を制限したり数字のみを許可するなど、何らかの制約と共に使用します。

TextBox コントロールは、同じビュー内の CheckBox コントロールや Button コントロールといった他のコントロールの状況に応じて表示したり隠したりすることができます。

Windows Phone には広々として使いやすいオンスクリーン キーボードが用意されていますが、それでも文字を入力するのは時間のかかる作業です。TextBox コントロールの使用を決定する前に、ListBox コントロールや Slider コントロールなど、ジェスチャで使用できる他のコントロールを使ってよりすばやい情報入力を可能にできないか検討してください。キーボード入力が必要な場合は、すばやくできる方法がないか検討してください。以下の点に留意してください。

  • TextBox コントロールで入力を求めようとしている情報が同じビュー内の他の数量と相対的なものである場合は、代わりに Slider コントロールを使えないかどうか検討してください。

  • 定義済みの数値から選択できる場合、特に桁数が多い場合は ListBox コントロールを使う方が速い場合があります。

  • 音量や明るさの調整など、コントロールによる設定の効果をリアル タイムで表示した方がいい場合には、Slider コントロールの方が適しているでしょう。

メモメモ:

TextBox コントロールに何を入力すべきか、また入力内容にどのような制限があるか、洗練された方法で簡潔に示す方法を考えてください。これにより無効な内容が入力される可能性を削減でき、エラー メッセージの発生を抑えることができます。

TextBox コントロールの "フロント エンド" ではできるだけ制約事項の数を少なくしてください。制約は背後で行い、入力が無効と判断された場合にエラーを処理するようにします。これによりローカライズしやすいアプリになります。入力に制限を設ける必要がある場合は、各国のユーザーのニーズを念頭においてください。たとえば郵便番号の入力を求める TextBox コントロールを使用する場合、入力可能な値を数値に限定してしまうと、郵便番号に文字を使う地域では使用できなくなってしまいます。

その他の注意事項:

  • Windows Phone では、オンスクリーン キーボードをカスタマイズしたり、ユーザーが TextBox コントロールをタップしたときにどの言語のバージョンを表示するか指定することはできません。

  • アプリ内で TextBox コントロールを無効にする必要が生じた場合は、関連するラベル、指示テキスト、Button コントロールなども無効化する必要があります。

  • ビューをできるだけすっきりさせるため、CheckBox などの他のコントロールの操作に合わせて TextBox コントロールを表示または非表示にすることができます。

  • アプリの応答速度を上げるため、ユーザーがテキストを入力すると同時に自動的に TextBox コントロールが動作するように設定できます。これは TextBox コントロールを使ってリストの検索や検索語の予測などを行う場合に特に有用です。こうするとユーザーが操作の完了を示すボタンをタップする必要がなくなります。

  • ユーザーがテキストを入力した後に同じ TextBox コントロールをタップした場合の動作について検討してください。ユーザーが入力内容全体を変更する可能性が高い場合は、フィールド内の全テキストが選択されるべきです。ユーザーが値の一部を編集する可能性が高い場合は、テキストの末尾にカーソルが置かれるべきです。

  • 入力の制限事項に適合したキーボードを使用してください。

  • TextBox コントロールで特定の値が特別な意味を持つような場合は、CheckBox コントロールまたは RadioButton コントロールを使用してより明確な選択肢をユーザーに提示することを検討してください。

  • Windows Phone では TextBox コントロール内でスクロールすることはできません。

TextBox コントロールは単独で使用されることはめったにありません。ほとんどの場合、ボタン、ラベル、グラフィックなどを使用して、どのような入力が求められるかをユーザーに視覚的に提示する必要があります。どのような方法で提示するかは開発者の自由です。

TextBox コントロールと同じ行に提示する場合は、TextBox の左側にラベルなどを付けることをお勧めします。こうすることで、右側や下部は、ボタンなどの追加のコントロールに使用できます。

Windows Phone デバイスの長所の 1 つとして、明瞭で美しい文字体裁で情報を表示できることが挙げられます。TextBox コントロールを使用する際はこのデザインの特徴を活かし、簡潔で読みやすい単語やラベルを使用します。

使用例

TextBox コントロールの目的をユーザーに知らせる方法の 1 つとして、TextBox コントロール内にテキストでプロンプトを表示することもできます。短いヒントを使って入力すべき内容を伝え、ユーザーが入力のためにフィールドをタップしたら消えるように設定しておきます。

リファレンス

その他の技術情報

表示: